ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

マツダ重役とデザイナーが新型ロードスターに言及!「ユーロ7施行と発売時期が被るので電動化は必須」「ヴィジョンスタディからインスピレーションを受けたクルマに」

投稿日:2022/12/07 更新日:

マツダ・ロードスター

| ただしどうやってロードスター最大の美点である軽量性を維持するのかは模索中 |

重量をカバーするための「ハイパワー」化だけは絶対にない

さて、オーストラリアのカーメディアによると、「(フルモデルチェンジ版)新型マツダ・ロードスターは2026年に登場する可能性がある」とのこと。

これはマツダ要人へのインタビューから明らかになったものだとされ、報道によれば、「新型ロードスターは、先週マツダが突如公開したコンセプトカー”ビジョンスタディ”からインスピレーションを受けたものになりそうだ」「何らかの形で電動化されるだろう」とのこと。

マツダが新型スポーツカー「ビジョン スタディ」公開!RXヴィジョン コンセプトよりもコンパクト、新中期経営計画とともにその姿がリリース

マツダが新型スポーツカー「ビジョン スタディ」公開!RXヴィジョン コンセプトよりもコンパクト、新中期経営計画とともにその姿がリリース
マツダが新型スポーツカー「ビジョン スタディ」公開!RXヴィジョン コンセプトよりもコンパクト、新中期経営計画とともにその姿がリリース

| マツダはいつの世もスポーツカーを諦めずに来たが、そろそろ実現してもいい頃だとは思う |この記事のもくじ| マツダはいつの世もスポーツカーを諦めずに来たが、そろそろ実現してもいい頃だとは思う |一方 ...

続きを見る

さらにマツダの重役も新型ロードスターについて言及

さらにはマツダの常務執行役員 欧州事業担当、ブランド推進統括補佐、マツダモーターヨーロッパGmbH 社長兼CEOという肩書を持つ青山裕大氏は「MX-5はマツダの商品ラインアップのアイコンであり、現在世界中に広がるMX-5オーナーとの約束もあるので、今後もMX-5を継続する」と明言しており、新型ロードスターについては何らかのプロジェクトが進行していると考えてよく、こも力強い発言はスポーツカーファンにとっては嬉しい限りですね。

ただ、同氏は、新型MX-5の発売時期が2025年7月から施行されるユーロ7の排ガス規制と重なる可能性が高いことについても触れており、「先日発表された、欧州のステージ7に関する新しい法律の施行が大きなキーとなってきます。ステージ7の内容についてはまだ調査中ですが、我々のロードスターにも影響があるはずです」とも。

このユーロ7については、ざっと見る限り、「プラグインハイブリッド化しなければ乗り切れないほど」の厳しい内容となっていて、ガソリンエンジン単体やマイルドハイブリッドではどうやっても達成できない基準を掲げているようにも見受けられます。

マツダ・ロードスター

マツダ・ロードスター最大の特徴は軽量性にある

それを考慮すると、新型ロードスターはPHEV化されるという予測ができるものの、ロードスターの最大の特徴は”軽量化の哲学(現行ロードスターの車体重量は1,000kg前後)”であり、青山裕大氏もこれについては「いかに重量を抑えるかを課題として捉えており、将来的には電動化も視野に入れ、ファンの期待を裏切らない最適な戦略を検討する必要があります」とも述べており、現在様々な解決策を模索しているのかもしれませんね。

なお、マツダのチーフデザイナー、玉谷聡氏は次期ロードスターについて、なんらかの形でエレクトリック化されるであろうことに言及し、しかし「そのパワートレーンがどういったものになるのかはわからない」と述べ、これについては何らかの情報を伏せているのではなく、本当に現時点では何も確定情報がないもよう。

マツダ

実際のところ「次世代ロードスターでは、電動化も視野に入れなければならないかもしれませんが、そうなったとしてもクルマはもちろん軽量でなければなりませんし、ロードスターらしさも必要です。その両方を満たすにはどうしたらいいのか?そのあたりはよく研究してみないとわからないので、まだ明確な答えは出ていません」と述べ、さらにヴィジョン・スタディについては「あくまでイメージとして捉えてください。それは我々からのメッセージ なのです。そういうクルマをつくりたいという情熱がある、それが私たちの伝えたい大切なことなのです。しかし、そのメッセージを内包した市販車を作るかどうか?まだ本当に決めていないんです」。

つまりはまだまだ暗中模索ではあるものの、玉谷聡氏が唯一「否定」した可能性は大排気量エンジンを積むことはない、という事実。

カーメディアの「CX-60に搭載される新型3.3リッター直6エンジンを搭載し、マイルドハイブリッドシステムを積んではどうだろう?」という質問に対し、同氏は笑顔とともに、「そんなエンジンを積んだら、もうMX-5ではなくなってしまいますよ。"ハイパワースポーツカー"?そういったクルマが作れたらいいですね」と答えています。

あわせて読みたい、マツダ・ロードスター関連投稿

マツダ・ロードスターのみのイベントに707台が集まりギネスに認定!なおこれまでの記録はオランダで記録された683台
マツダ・ロードスターのみのイベントに707台が集まりギネスに認定!なおこれまでの記録はオランダで記録された683台

| マツダ・ロードスター(MX-5)の高い人気がイタリアにおいても証明される |この記事のもくじ| マツダ・ロードスター(MX-5)の高い人気がイタリアにおいても証明される |思い思いのカスタムが施さ ...

続きを見る

「人生に悔いはない」。初代マツダ・ロードスターの内外装をデザインした田中俊治氏が75歳で亡くなる。マツダを辞した後はカワサキでZ1000などを手掛ける
「人生に悔いはない」。初代マツダ・ロードスターの内外装をデザインした田中俊治氏が75歳で亡くなる。マツダを辞した後はカワサキでZ1000などを手掛ける

| 初代マツダ・ロードスターはアメリカで企画され、アメリカと日本のデザイナーがその形を磨き上げた |この記事のもくじ| 初代マツダ・ロードスターはアメリカで企画され、アメリカと日本のデザイナーがその形 ...

続きを見る

マツダの欧州法人「新型ロードスターは現行同様のコンセプト、ピュアさをキープ」「ロードスターは日本の本社が宝物のように扱っており、欧州からは口出しできない」
マツダの欧州法人「新型ロードスターは現行同様のコンセプト、ピュアさをキープ」「ロードスターは日本の本社が宝物のように扱っており、欧州からは口出しできない」

| ロードスターはその開発経緯からして「ビジネス」よりも「情熱」が重視されている |この記事のもくじ| ロードスターはその開発経緯からして「ビジネス」よりも「情熱」が重視されている |しかしながら新型 ...

続きを見る

参照:Which Car

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マツダ(MAZDA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5