ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

トヨタの中国におけるパートナー、BYDがエレクトリックハイパーカー「仰望 U9」を発表!0-100km/h加速2秒という驚愕の加速を誇り、お値段1800万円

投稿日:

トヨタの中国におけるパートナー、BYDがエレクトリックハイパーカー「仰望 U9」を発表!0-100km/h加速2秒という驚愕の加速を誇り、お値段1800万円

| 中国の多くの自動車メーカーは「ディヘドラルドアを持つハイパーカー」に強い憧れがあるようだ |

すでにいくつか同様の仕様を持つエレクトリックハイパーカーが発表済み

さて、日本にも進出し、もっとも利益率の高いEVメーカーとしても知られる中国の自動車メーカー、BYD。

すでにガソリン車から撤退してラインアップをオール電動化している状況ですが、今回はその新ブランド「YangWang」よりピュアエレクトリックハイパーカー「U9」を発表することに。※中国語で表記すると「仰望」で、”仰ぎ見る””期待する”といった意味がある

なお、このYangWangは同社の中でも「高級EVブランド」という位置づけで、デザイン言語として掲げているのは「Gate of Time and Space」というコンセプト。

そのインパクトは半端ない

このYangWang U9(やはり中国ではアルファベットと数字とを組み合わせた車名が多い)は非常に特徴的な外観を持っていて、もっともう強い存在感を放つ部分はヘッドライトかと思います。

フロントバンパーからヘッドライト、そしてフロントフードにまでつながるデザインを持っており、ここ最近中国で流行している「スリムなLEDライトバー」とは全く異なる大きなランプユニットを採用することに。

画像でもかなりインパクトのある発光グラフィックを確認できますが、動画ではさらに迫力のあるアニメーション表示を確認でき、このあたりは中国で非常に好まれる仕様なのかもしれません。

BYD-YangWang-U8 (4)

全体的には丸みを帯びたデザインを持っていて、そこへ直線を組み合わせることでなかなかに印象的なルックスを実現しているようですね。

BYD-YangWang-U8 (1)

リアだと大きなディフューザー、そして透明パーツを使用したシャークフィン(ケーニグセグ・ジェスコ・アブソルートっぽい)が備わります。

BYD-YangWang-U8 (2)

理論上の最高速は531km/h!ケーニグセグが「ジェスコ・アブソルート」の試作車第一号を公開、いい夢を見せてくれそうだ
理論上の最高速は531km/h!ケーニグセグが「ジェスコ・アブソルート」の試作車第一号を公開、いい夢を見せてくれそうだ

| 現時点ではどの段階でケーニグセグが最高速チャレンジを行うのかはわからないが |この記事のもくじ| 現時点ではどの段階でケーニグセグが最高速チャレンジを行うのかはわからないが |もしかすると今年は「 ...

続きを見る

YangWang U9は0-100km/hまでを2秒で加速

そして驚くべきは、このYangWang U9の0-100km/h加速がわずか2秒ということで、これは先日発表されたGACアイオン・ハイパーSSRよりも0.1秒遅い数字ではあるものの、ブガッティ・シロンを含むどのガソリン車よりも早く、EVまでを含めたとしてもピニンファリーナ・バッティスタ、リマック・ネヴェーラにわずかだけ劣るのみという世界最速の部類です。

BYD-YangWang-U8 (3)

トヨタやホンダと提携する中国自動車メーカー、GACが0-100km/h加速1.9秒のハイパーカー「アイオン・ハイパーSS-R」を発表!2630万円~にて本当に発売するようだ
トヨタやホンダと提携する中国自動車メーカー、GACが0-100km/h加速1.9秒のハイパーカー「アイオン・ハイパーSS-R」を発表!2630万円~にて本当に発売するようだ

| 本当に生産できるのかは疑問であり、そして生産できたとしても売れるとは思えない |この記事のもくじ| 本当に生産できるのかは疑問であり、そして生産できたとしても売れるとは思えない |もはやハイパーカ ...

続きを見る

なお、BYDはこのYangWang U9の出力については公表しておらず、しかしクワッドモーター技術「Yisifang」を搭載していることに言及しており、これはYangwangの全モデルに共通する機能で、独立制御されたエレクトリックモーターが高度なトルクベクタリング機能を可能にするというもの。

ちなみに同じYangWang、しかしSUVの「U8」に積まれるものだとモーター1基あたり295~322馬力、合計で1,100馬力を発生するとアナウンスされていますが、ハイパーカーたるU9にはさらにパワフルなシステムが積まれているのかもしれません。

ドアミラーやパーキングセンサーなど「実用的」な装備を見てもわかるとおり、このYangWang U9はすでに市販可能な段階に来ており、およそ100万元(1800万円くらい)という価格設定。

実際に売れるのかどうかはわからないものの、フェラーリやランボルギーニなど欧州のスーパーカーよりははるかに安い価格設定であり、かつポルシェ911よりも安いとなると、コストパフォーマンスを重視する人にとって魅力的な選択肢となるのは間違いないかと思います。

YangWang(仰望)U9を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、BYD関連投稿

中国BYDがさらに伸び、中国におけるEV販売でテスラを抜く勢い。さらに来年には2つのブランドを立ち上げてテスラを引き離しにかかる。なぜここまで伸びたのか?
中国BYDがさらに伸び、中国におけるEV販売でテスラを抜く勢い。さらに来年には2つのブランドを立ち上げてテスラを引き離しにかかる。なぜここまで伸びたのか?

| BYDは現在、ガソリン車の販売を終了させてEVのみの販売に特化している |この記事のもくじ| BYDは現在、ガソリン車の販売を終了させてEVのみの販売に特化している |中国の数ある自動車メーカーの ...

続きを見る

「クルマよりもマスクの利益のほうが大きい」中国BYD。日本でミッドサイズSUV「ATTO3」を発売し、ディーラー拡充など今後の展開について発表
「クルマよりもマスクの利益のほうが大きい」中国BYD。日本でミッドサイズSUV「ATTO3」を発売し、ディーラー拡充など今後の展開について発表

| 価格は税込み440万円、航続可能距離は485km。ATTO 3のコストパフォーマンスはかなり高いが |この記事のもくじ| 価格は税込み440万円、航続可能距離は485km。ATTO 3のコストパフ ...

続きを見る

中国のEV/PHEV専業メーカー、BYDの成長が止まらない!自社でバッテリーの生産を行うことからEVの量産ができ利益も高く、生産台数ではすでにテスラを抜いたもよう
中国のEV/PHEV専業メーカー、BYDの成長が止まらない!自社でバッテリーの生産を行うことからEVの量産ができ利益も高く、生産台数ではすでにテスラを抜いたもよう

| 現在の状況では「バッテリーを持つものが」もっとも強いようだ |この記事のもくじ| 現在の状況では「バッテリーを持つものが」もっとも強いようだ |さすがはウォーレン・バフェットが投資を行うだけのこと ...

続きを見る

参照:CarNewsChina

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5