ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

「燃える」のはヒョンデの伝統?キアとあわせて約50万台が「エンジンが停止していても燃える」としてリコール。ヒョンデは「車を屋外に駐車し、なるべくほかの車や建物から離しておいて」

投稿日:

「燃える」のはヒョンデの伝統?キアとあわせて約50万台が「エンジンが停止していても燃える」としてリコール。ヒョンデは「車を屋外に駐車し、なるべくほかの車や建物から離しておいて」

| それにしてもここ数年のヒョンデはリコールが多すぎる |

ちょっと前のクルマに加え、新型車にもけっこう不具合が発生しているようだ

さて、ヒョンデ(ヒュンダイ)とキアのクルマは「EVだろうがガソリン車だろうが燃える」ということで知られますが(2010年代後半から続く伝統らしい)、今回アメリカにて両ブランドあわせて約50万台がリコールされることに。

なお、今回米国運輸省道路交通安全局(NHTSA=National Highway Traffic Safety Administration)に届け出られた内容は非常に興味深く、「エンジンが停止していても炎上の可能性があり」、よってヒョンデとキアはリコール対象モデルを(リコール対応が済むまで)屋外へと駐車し、かつ他のクルマや構造物から遠ざけておくようにという暫定での対策が示されています。

ヒュンダイがEV発売→世界中で大人気に→世界中で炎上・爆発→全世界77,000台の大量リコール【コナ・エレクトリック】

| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |この記事のもくじ| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |ヒュンダイ・コナ・エ ...

続きを見る

原因はABS回路のショート

リコールの対象となるのは、2014~2016年製のキア・スポルテッジと2016~2019年製のキアK900セダン、2016年~2018年製ヒョンデ・サンタフェ、2017年~2018製ヒョンデ・サンタフェ・スポーツ、2019年製ヒョンデ・サンタフェXL、2014年~2015年製ヒョンデ・ツーソンだとされ、総合するとキア126,747台、ヒョンデ357,830台、合計484,588台が影響を受けることに。

ヒョンデによると、この問題はアンチロックブレーキシステムの不具合だといい、回路がショートして火災に至る可能性がある、とのこと。

キアの場合は、またちょっと事情が異なっていて、油圧電子制御ユニット(HECU)がショートして発火する可能性が指摘されています。

参考ヒュンダイの車内が「臭すぎる」として調査の対象に!「化学臭に加え、汚泥臭やニンニクが腐ったような臭いで耐え難い」

| 「臭い」は目に見えないだけに対処が難しい |この記事のもくじ| 「臭い」は目に見えないだけに対処が難しい |現在調査中なるも「原因は不明」結局どうなのヒュンダイの品質「音」「臭い」への対処は難しい ...

続きを見る

さらにリコールが拡大する可能性も

なお、今回の「50万台の」リコールは問題の一部に過ぎないとも見られていて、というのも連邦規制当局はヒョンデ・キアに対する監視を強めており、米国道路交通安全局は昨年12月、この2つの自動車メーカーに対し問題を調査する「エンジニアリング分析」を開始したとされ、分析対象は約300万台にものぼり、これによってさらなるリコールが追加される可能性もあるもよう。

ヒョンデとキア両社は、無償修理を受けるためにディーラーに連絡するようオーナーに対して通知を行うといい、対策としてキアはHECU回路基板に新しいヒューズを取り付け、ヒョンデだとヒューズを取り付けるほか、必要に応じてABSモジュールを点検・交換する、とのこと。

なお、キアは10年ほど前までは「品質格付けで常に最低ランク」だったものの、その後大きく挽回していて、しかし今回のリコール内容を見るに「まだまだ」品質に問題を抱えているのかも。

ヒョンデについてもそれは変わらず、ここ数年は品質調査について高い評価を受けてはいますが、実際には問題が多発しており、ヒュンダイの「品質ランキング上位獲得」は砂上の楼閣だったのかもしれません。

ヒュンダイ・コナ・エレクトリックが度重なるリコール
「燃える」「爆発」のヒュンダイ・コナ・エレクトリックがまたリコール!今度はなんと「ブレーキが効かない」

| まだまだヒュンダイの受難は続く |この記事のもくじ| まだまだヒュンダイの受難は続く |原因はソフトウエアの欠陥ブレーキ・バイ・ワイヤは要注意デバイス多くはフェイルセーフ機能も持っているヒュンダイ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ヒョンデ関連投稿

ヒュンダイにリコール
リコール多すぎ!ヒュンダイが北米にて39万台規模のリコールを届け出。火災の可能性があり、実際に燃えたのは18件。このまま品質が伴わず販売が伸びればちょっと危険な状態に

| いくらなんでも「18件」燃えたのは多すぎだと思う |この記事のもくじ| いくらなんでも「18件」燃えたのは多すぎだと思う |今回の1件目は「サンタフェ」の火災2件目もやはり「火災」合わせて読みたい ...

続きを見る

ヒュンダイ・コナEV
ヒュンダイが「EVのバッテリーが炎上・爆発する」問題にて10万台のリコールを実施。全車バッテリーを入れ替えることになり、1900億円程度の費用(マツダの利益4年分くらい)がかかるとの報道

| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ |この記事のもくじ| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ |コナ・エレクトリック ...

続きを見る

【動画】ヒュンダイの最高級車「ジェネシスG80」、納車から6日で炎上→廃車に!ヒュンダイも調査に乗りだしたとの報道

| いかなる事情にせよ、この燃えっぷりはかなりものだ |この記事のもくじ| いかなる事情にせよ、この燃えっぷりはかなりものだ |幸いにも人的被害はナシときには避けることができない事故もあるクルマに問題 ...

続きを見る

参照:NHTSA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->韓国の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5