ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

ヒョンデの高級ブランド「ジェネシス」が放つコンセプト三部作の完結編、「Xコンバーチブル」発表!この顔面で発売されたらかなりインパクトのあるクルマに

投稿日:

ヒョンデの高級ブランド「ジェネシス」が放つコンセプト三部作の完結編、「Xコンバーチブル」発表!この顔面で発売されたらかなりインパクトのあるクルマに

| かなり好みが分かれるデザインではあるが、排他性があることは間違いないだろう |

今後、この「Xファミリー」三部作がどう市販車に反映されてゆくのかは楽しみでもある

さて、韓国ヒョンデの高級ブランド、ジェネシスが新しいコンセプトカー「ジェネシス Xコンバーチブル コンセプト」を発表。

これは「Xコンセプト3部作」の最後としてリリースされるもので、ジェネシスのデザイン言語「アスレチック・エレガンス」を最も純粋な形で表現しているといい、2021年の「Xコンセプト」、2022年の「Xスピーディアム・クーペ」コンセプトの系譜に連なるものであり、それら2車とはアーキテクチャそして電動パワートレインも共有するという設定です。

Genesis-X-Convertible-Concept (6)

ジェネシスはこれまでにもこんなコンセプトカーを発表してきた

そこでまずは2021年4月に発表された「ジェネシスX コンセプト」。

未来のピュアエレクトリックカー、とくにラグジュアリーカーのあるべき姿を想定し、ジェネシスならではの2本のライン(ツーライン)を強調したデザインを持っています。

Genesis-X-Concept (2)

意外と普通なのが出てきたな・・・。ジェネシスが未来を示唆する「ジェネシスX」コンセプト発表
意外と普通なのが出てきたな・・・。ジェネシスが未来を示唆する「ジェネシスX」コンセプト発表。ボクには初代BMW 8シリーズを連想させる

| ジェネシスはほかブランドとは異なる「EVの未来」を描いているようだ |この記事のもくじ| ジェネシスはほかブランドとは異なる「EVの未来」を描いているようだ |親しみやすさと未来との融合ボディ表面 ...

続きを見る

そして次に登場したのが「ジェネシスX スピーディウム・クーペ」。

ジェネシスXのクーペ版というポジションで、いっそうツーライン(この頃から”ダブルライン”という表記に変わっている)を強調し、フロントグリルも全閉となるなど、未来そしてピュアエレクトリック的イメージを強調しているようですね。

Genesis-X-Speedium-Coupe (4)

元ランボルギーニのデザイナーが指揮を取るヒョンデの高級ブランド「ジェネシス」!未来のEVモデルに採用されるデザインを予告したXスピーディウム・クーペを発表

| ジェネシスブランドのデザイン的評価は北米だと非常に高い |この記事のもくじ| ジェネシスブランドのデザイン的評価は北米だと非常に高い |たしかにこのままの姿で発売されれば非常にインパクトがありそう ...

続きを見る

ジェネシス Xコンバーチブル コンセプトはこんなクルマ

そこで今回発表されたのがジェネシス Xコンバーチブル コンセプトで、これはジェネシスX スピーディウム・クーペのオープン版と捉えてよいかと思います。

長いボンネットと短いフロントオーバーハングという伝統的なラグジュアリークーペとしてのシルエットを持ち、フロントには、スピーディウム・クーペと同様にLEDライトバー、そしてジェネシスのガソリンモデルに採用されているクレストグリル(スーパーマングリル)のアウトラインを形成するライトバーが設置され、これがフロントフェンダー横にまで伸びることに。

なお、バッテリー冷却用のエアはフロントバンパー下部からのみ取り入れるという想定です。

Genesis-X-Convertible-Concept (2)

フロントフードからフロントフェンダー、ドア、リアフェンダーにかけてはシャープなラインが入り、これはジェネシスいわく「パラボリックライン」。

多くのクルマがフロントからリアに向けて上がってゆくウエッジシェイプ(を強調するライン)を用いていますが、ジェネシスでは逆にリアに向けて下がってゆくラインを採用しており、これによって「すべてのパネルでの緊張感を生み出し、威厳あるキャラクターを強調している」のだそう。

Genesis-X-Convertible-Concept (5)

なお、ルーフには「上部が透明な」格納式ハードトップを採用しています。

Genesis-X-Convertible-Concept (4)

そしてもちろんリアにもダブルラインが再現されていて、トランクリッドの後端には「V字」のくぼみがあり、これはもちろんフロントのLEDライトバーとマッチするようにデザインされたもので、ストップランプもこのV字に沿って光ることに。

ちょっと上から見ると、ジェネシス Xコンバーチブル コンセプトが「コークボトル」シェイプを持ち、力強さ、そして優雅さをも併せ持つこともわかりますが、これこそがジェネシスのいう「アスレチック・エレガンス」なのでしょうね。

なお、この三部作はいずれも異なるホイールを持ちますが、代を重ねるごとに複雑なデザインを持つに至っており、このジェネシス Xコンバーチブル コンセプトでは複雑なGマトリックスパターンとコンケーブデザインを持つホイールがインストールされています。

ジェネシス Xコンバーチブル コンセプトのインテリアはこうなっている

そしてこちらはジェネシス Xコンバーチブル コンセプトのインテリア。

エクステリアだと「非現実的なドアミラー(カメラ)」など、直近で市販することが難しそうな装備を持っているものの、インテリアについてはけっこう現実的とも言えるデザイン/装備を持っているもよう。

ラップアラウンド・インストルメント・パネルを採用し、リサイクル可能なウール生地とレザーを組み合わせたネイビーをメインに、オレンジをアクセントとして随所に使用していて、”サウンドマスター”が開発した臨場感あふれるオーディオシステムが搭載されている、とのこと。※近年のコンセプトカーにしては珍しくタイトである

Genesis-X-Convertible-Concept (7)

ジェネシスのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるルク・ドンカーヴォルケ氏は「Xファミリーというエモーショナルな三部作を作ることによって、我々のデザイン哲学における情緒性を高めることに成功したと言って良いでしょう。イノベーションは、私たちを取り巻く環境とより密接に関わるための触媒であり、私たちはイノベーションをもって、ジェネシスを、お客さまに楽しんでいただける製品へと変えていく過程にあるのです」とコメントしており、文字通りこれら三部作は「将来のジェネシス」を示唆する作品だと捉えて良さそうですね。

あわせて読みたい、ジェネシス関連投稿

これが現時点での「韓国で最高のクルマ」!ヒュンダイの放つ「ジェネシスG90」はこんな内外装そして装備を持っている
これが現時点での「韓国で最高のクルマ」!ヒュンダイの放つ「ジェネシスG90」はこんな内外装そして装備を持っている

| 見た目や装備としては世界最高水準にあることは間違いないが |この記事のもくじ| 見た目や装備としては世界最高水準にあることは間違いないが |実際に乗ってみてどう感じるのかが非常に気になるインテリア ...

続きを見る

ヒョンデの営業利益が前年比150%以上となり通年では初の1兆円超えとなるもよう。なおジェネシスはファッション誌「ヴォーグ」とのコラボを発表し快進撃が続きそう
ヒョンデの営業利益が前年比150%以上となり通年では初の1兆円超えとなるもよう。なおジェネシスはファッション誌「ヴォーグ」とのコラボを発表し快進撃が続きそう

| 韓国勢はアイドル然りK-POP然り工業製品然り、宣伝広告費が桁違い |この記事のもくじ| 韓国勢はアイドル然りK-POP然り工業製品然り、宣伝広告費が桁違い |もはや自動車は性能や品質だけで選ばれ ...

続きを見る

サイドウインカーの発光面積は自動車史上最大!ヒュンダイの高級車ブランド「ジェネシス」よりフラッグシップ「新型G90」が登場
サイドウインカーの発光面積は自動車史上最大!ヒュンダイの高級車ブランド「ジェネシス」よりフラッグシップ「新型G90」が登場

| 競争厳しい高級車市場にて、ヒュンダイ(ジェネシス)がどれくらいの競争力を発揮するのかは興味があるところ |この記事のもくじ| 競争厳しい高級車市場にて、ヒュンダイ(ジェネシス)がどれくらいの競争力 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->韓国の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5