ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■ファッションや腕時計、雑貨など

ルイ・ヴィトンが腕時計発売20周年記念としてタンブール ストリートダイバーに新色「グリーン」「オレンジ」を追加!なぜボクはタンブールを愛するのか

投稿日:2022/11/10 更新日:

ルイ・ヴィトンが腕時計発売20周年記念としてタンブール ストリートダイバーに新色「グリーン」「オレンジ」を追加!なぜボクはタンブールを愛するのか

| ベル&ロス同様、タンブールはボクが比較的購入する機会が多い腕時計でもある |

今回の「20周年記念」タンブールは限定ではない?

さて、ぼくのお気に入りの腕時計のひとつ、ルイ・ヴィトン「タンブール」。

その理由としては「排他性のあるデザイン」「コンセプトが明確」というものですが、ルイ・ヴィトンは腕時計業界に参入するのが比較的遅く、しかし参入するからにはトップを狙うということで当時ゼニスやETAを買収したり(今ではタグ・ホイヤーやウブロも傘下に収めている)、比較的長めの保証を採用したりといった手法を採用しています。

加えてルイ・ヴィトンのルーツである「旅」を視覚的に感じさせるデザイン、タンブール(太鼓=時というリズムを刻むという意図がある)を連想させるデザイン等を採用しつつ、高いアイコン性、非常に高い技術をもって腕時計を製造していることも魅力の一つ(タンブールに用いられている研磨技術は非常に高く、目をみはるものがある)。

ただ、「ファッションブランドの腕時計」ということでいまだ評価が(おそらくはルイ・ヴィトンが想定したほど)上がっていないのが現実だとは思いますが、それでも豊富な資金力によって精力的にニューモデルを発表し続けており、着実にその地位を高めているのは間違いのないところ。

【動画】キャバクラでは最強?ルイ・ヴィトンが「カーブガラス採用、横まで光って目立ちまくる」コネクテッドウォッチ、タンブール ホライゾン ライト・アップを発売
参考【動画】キャバクラでは最強?ルイ・ヴィトンが「カーブガラス採用、横まで光って目立ちまくる」コネクテッドウォッチ、タンブール ホライゾン ライト・アップを発売

| イベントでタンブール ホライゾン ライト・アップの実機を触ってきたが、とんでもないインパクトだ |この記事のもくじ| イベントでタンブール ホライゾン ライト・アップの実機を触ってきたが、とんでも ...

続きを見る

ルイ・ヴィトン「タンブール ストリート ダイバー」に新色が追加

そして今回、ルイ・ヴィトンからアナウンスされたのが「タンブール ストリート ダイバーに新色が2つ追加された」というニュース。

この新色は「ルイ・ヴィトンの腕時計参入20周年を記念した」ものだと紹介されていますが、先に発表された「タンブール・トゥエンティ」とは異なり、明確に「限定」とは謳われていないもよう。

LV (2)

スペックとしてはこれまでのタンブール ストリート ダイバーと変わりはなく、44ミリサイズのステンレススティールケースにスケルトンバック、自動巻ムーブメント(ETA 2895)、逆回転防止機構付き回転式インナーベゼル、ねじ込み式りゅうず、100メートル防水、ワンタッチにて取替可能なストラップといったところで、価格についてはいずれも1,043,900円です。

LV (3)

「タンブール オトマティック ストリート ダイバー バーニングロック」

そしてまずこちらは見た目も鮮やかなオレンジバージョン、「バーニングロック」。

水中、そして暗所でも高い視認性を誇る鮮やかな色使いです。

LV (5)

ベゼルはポリッシュ、側面はサンドブラストという仕上げを持っています。

LV (1)

ケースバックはスケルトン。

LV (4)

「タンブール オトマティック ストリート ダイバー アーバングリーン」

そしてこちらはシックなミリタリー調のアーバングリーン。

LV (6)

バーニングロック(オレンジ)同様、ベゼル外周には「LOUIS VUITTON」の文字がありますが、この「LOUIS VUITTON」はちょうど12文字なのでアワーマーカーに対応しているわけですね(文字数は偶然ではあるが、この文字数とアワーマーカーとをマッチさせたデザインを最初に思いついたデザイナーは表彰ものだと思う)。

LV (9)

ケースバックのカラーリングはそれぞれのカラーリングにマッチしています。

LV (8)

メンズ向けルイ・ヴィトンタンブールはちょっとだけ「ミリタリー」に?

今回発表された二種類のタンブールのうち、「アーバングリーン」は見ての通りミリタリー調ですが、ルイ・ヴィトンはちょっと前にもミリタリー調のタンブール「タンブール アウトドア クロノグラフ GMT アーバン ジャングル(821,700円)」を発売しています。

ケースはサンドブラスト+マットグレー、文字盤もサンドブラスト、そしてアワーマーカーもミリタリー調フォントという一本で、オレンジの差し色がなかなかナイス。

4 (3)

ちなみにルイ・ヴィトンのアパレル(メンズコレクション)では特段ミリタリーを意識したデザインがなされていないので、腕時計のみに「ミリタリー」テイストを用いているということになりそうです。

なお、惜しむらくはこの腕時計がクオーツということ。

クオーツを下に見ているわけではないのですが、ルイ・ヴィトンのクォーツはすぐに電池が切れてしまい、電池交換に高額な費用を要求されるということ、そしてリュウズを引いても動作をストップさせることができない(そのまま動き続けて電池を消耗する)ところが経験上ちょっといやだなあ、と考えているわけですね。

ただ、クオーツだと機械式ムーブメントとは異なって駆動力が高いので、6時位置にあるスモールセコンドのLVマーク(これが針の代わりになっている)を動かすといったワザが可能になっており、これはこれでまた視覚的な楽しさがある、とも考えています(モノグラムが回転するモデルもある)。

4 (2)

ちなみにこちらは色違い/仕様違いの「タンブール アウトドア クロノグラフ GMT ノーティカル スティール(724,900円)。

サンドブラストではなくポリッシュ、アワーマーカーのフォントが異なるといった差が見られ、しかしストラップは両者とも「ファブリックのように見えるラバー」という、ゼニスやオーデマピゲなどが採用する流行のデザインです。

4 (1)

あわせて読みたい、ルイ・ヴィトン関連投稿

ルイ・ヴィトンの腕時計シリーズ「タンブール」20周年記念モデル「タンブール・トゥエンティ」発表!もちろんムーブはエル・プリメロ採用、世界限定200本
ルイ・ヴィトンの腕時計シリーズ「タンブール」20周年記念モデル「タンブール・トゥエンティ」発表!もちろんムーブはエル・プリメロ採用、世界限定200本

| 20周年記念モデルなのに「見た目普通」なところが”さすが”ルイ・ヴィトン |この記事のもくじ| 20周年記念モデルなのに「見た目普通」なところが”さすが”ルイ・ヴィトン |ケース素材は初期モデルオ ...

続きを見る

ルイ・ヴィトンの腕時計「タンブール ダミエ コバルトV クロノグラフ46」を買った
ルイ・ヴィトンの腕時計「タンブール ダミエ コバルトV クロノグラフ46(186万円)」を買った!目立ち度は抜群、これほどキャラの立った腕時計もほかにない

| 今回は「腕時計を目立たせねばならない」機会のためにこの一本を購入 |この記事のもくじ| 今回は「腕時計を目立たせねばならない」機会のためにこの一本を購入 |ルイ・ヴィトン「タンブール」は識別性が非 ...

続きを見る

参照:Louis Vuitton

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■ファッションや腕時計、雑貨など
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5