ad-728





>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニの限定車関連 >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

マクラーレンも中国に媚びた限定モデル「570GT MSO Cabbeen Collection」を発表

| マクラーレンも「中国重視」 |

マクラーレンが事前の告知通り、中国に媚びた570GTの限定モデルを発表。
中国のファッションデザイナー兼起業家であるCabbeen氏とのコラボレーションモデルで、製造するのはマクラーレンのカスタム部門「MSO=マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」、そして限定台数はわずか5台。
ボディカラーは5台ともオブシディアンブラックで、ゴールドのドラゴン(ハンドペイント)がドアサイドに入るのが特徴。

全身で「中国」を表現

加えてアルミホイールとブレーキキャリパーもスピードライン・ゴールドに彩られ、より中国っぽさを増すことに。

mclaren-570gt-mso-cabbeen-collection (3)

さらに内装ではセンターコンソールにドラゴンの刺繍、そしてリアのラケッジトレイにもドラゴンの刺繍入り。
なお、この刺繍は中国伝統工芸団体の指導者であるKang Huifang氏(40年に渡る刺繍の経験がある)によるものだそうですが、かなり厚みがあり、豪華な印象を受けますね。

mclaren-570gt-mso-cabbeen-collection (4)

その他だとカーボン製のシルカバーが装備されるとのことですが、販売価格については不明。
サイドのエアインテークカバーなどはメタリックグレーにペイントされているように見えますね。

mclaren-570gt-mso-cabbeen-collection (2)

このマクラーレン570GT MSO Cabbeen Collectionについては「デザインド・イン・チャイナ、メイド・イン・UK」となり、Cabbeen氏の思想をあますところなく表したもの、と紹介されています。

mclaren-570gt-mso-cabbeen-collection (1)

この刺繍はそうとうに高そう。
中国というと「龍」というイメージが確かにありますが、昨年あたりに女性下着ブランド「ビクトリア・シークレット」が龍をモチーフにしたランジェリーをファッションショーで公開したところ、批判が殺到した、という事例も。
中国人=龍という考え方は安易にすぎるということと、龍を軽視しすぎている、ということが争点だったように思います。

mclaren-570gt-mso-cabbeen-collection (5)

他メーカーも過去には中国限定モデルを発売している

なお、こういった「中国限定」スーパーカーは意外と多く、ランボルギーニもムルシエラゴに中国限定モデル「LP670-4SVチャイナリミテッドエディション」を投入。
これには龍も虎もなく、しかしオレンジとブラックという色の組み合わせが「虎」を表現しているのかも。

AU74625-1

BMWは過去M3に「タイガー・エディション」を設定。
このカラーリングはもちろん虎をイメージしたもの。

bmwm3tigeredition6

フェラーリは599GTBにメーターの表記が漢字に、そしてボディに陶器をイメージしたペイントを施したことも(Ferrari 599 China Limited Edition)。

ferrari-599-china-limited-1

さらには458イタリアの特別仕様も中国限定モデル「Ferrari 458 italia china limited edition」として発売していますね(これも龍がモチーフ)。
この頃までフェラーリは「中国重視」だったのですが(イタリア本国以外で”ムゼオ・フェラーリ”があるのは中国だけ)、おそらくは中国にてフェラーリの事故が相次いだことで「ブランドイメージを下げる」と判断したのか、その後中国での販売を絞ることに。

67394fer-IAP_3364-mid

あわせて読みたい、マクラーレン570Sのカスタム関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニの限定車関連, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , ,