>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】スイスで開催された富豪向け雪上イベント「ICE」!スーパーカーやヒストリックカーが思う存分雪上で走り回る

投稿日:2019/03/16 更新日:

参加するだけでも相当な費用がかかりそう

スイスにて開催された新しいカーイベント、I.C.E.の様子が動画で公開に。
このイベントはスイスにあるリゾート地、サンモリッツで催されたもので、正式名称は「 International Concours of Elegance St. Moritz (インターナショナル・コンクール・オブ・エレガンス・サンモリッツ」。

雪上に美しいクルマを並べ、そしてイベントの一部としてそれらのクルマでタイムアタックを行う、というものです。

なお上の画像は「直管の」フェラーリF50。
動画では凄まじいサウンドを轟かせています。

今回I.C.E.は初の開催

マクラーレンやフェラーリ、ランボルギーニなど自動車メーカーがこういった「雪上」でトレーニングプログラムを開催することはよく知られるものの、そのほかの団体が雪上でのイベントを企画することは珍しく、というのも「スーパーカーと雪は相性が悪い」ため。

加えて雪上にあえてスーパーカーを持ち出そうというオーナーが少ないことも「こういったイベントがない」ことに関連していると思いますが、今回は開催場所が(十億長者がワンサカいる)スイスということもあり、太っ腹なオーナーさんたちが希少なクルマを惜しげなく披露しています。

こちらはフェラーリ・デイトナ(365GTB/4)のオープンモデル。
生産わずか122台のみの超希少車。

フェラーリ・デイトナのオープンが競売に登場。コレクター人気が高く高騰必至

こちらも希少なフェラーリ750モンツァ。
その他クラシックカーだとメルセデス・ベンツ300SLガルウイングの姿も。

画像に含まれている可能性があるもの:車

おそらくフェラーリ488GT3。
自走してきたにせよ(公道は走れないはず)、持ち込んだにせよ、とんでもないクルマが出てきたな、という感じですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

ランチア・デルタ・HFマルティニ(ほかにデルタS4 グループBも)。
おそらく雪上では最強だと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

超変態車、ランチア・ラリー037ストラダーレ。
製造は207台のみ(ホモロゲーション取得のため)で、ランチア・モンテカルロの車体後半にエンジンを装着してミドシップ化してしまったクルマです。
なお設計はジャンパオロ・ダラーラによるもの。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

【競売】NSXにも大きな影響を与えた変態車、ランチア・ラリー037ストラダーレ。新車で日本に販売された個体

言わずとしれた、ランチア・ストラトス(3台も登場)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

現存するのは400台以下。超レアな変態車「ランチア・ストラトス」が競売に

パガーニ・ウアイラ・パール、パガーニ・ウアイラ・ディナスティアの姿も。
両方ともワンオフで製造されたもので、ウアイラ・ディナスティアは中国市場向けに3台のみが製造されています。
もしかすると中国人オーナーがスイスに別荘を構えて保管しているのかもしれませんね。

写真の説明はありません。

ロンドンで目撃されたケーニグセグ・アゲーラ。中国人富豪が自国に持ち込まない理由を考える

ランボルギーニ・カウンタック・アニバーサリー。
車体の下に赤いプレートが見えますが、おそらくは下の雪を溶かさないため(会場は凍った湖の上)。

スパイクタイヤを履いていますが、よくこんなサイズのスパイクタイヤがあったな、と思います(もしくは作ったか)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こちらはまさかのランボルギーニ・ミウラSVJ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてジウジアーロ(GFG)のハイパーSUV、カンガルーも登場。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、車

【動画】あのジウジアーロ親子がスーパーカースタイルのハイパーSUV「カンガルー」を公開!ガルウイング採用、オフロード走行も可能

それでは動画を見てみよう

こちらが数々のスーパーカーやラリーカー、クラシックカーが雪上を思う存分走りドリフトを披露する動画、「The ICE St. Moritz 2019: Miura SVJ, Ferrari F50 Straight Piped, Huayra Futura, 037 Stradale & More!」。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >パガーニ(PAGANI), >フェラーリ(Ferrari), >その他イタリア車, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.