>その他アメリカ車

まるで地獄の底からやってきたようだ!ダッジ・チャレンジャーを”ツインターボ”化して1546馬力を発生するカスタムカー登場。なお、「65歳の兄」へ贈るために弟が発注した模様

投稿日:2019/11/07 更新日:

| ちなみに排気はフロントバンパーから |

これまでにもシボレー・カマロなどアメリカンマッスルのカスタムやレストアを公開してきたアメリカ西海岸のチューナー、スピードコア。
今回ダッジ・チャージャーのカスタムを披露していますが、これが地獄の底からやってきたクルマのようだと話題に。
ベースとなるのは「Purist(ピュリスト)」グレードで、6.2リッターV8”デーモン”エンジンからスーパーチャージャーを取り外し、なんとそれをツインターボに置き換えることで出力は驚愕の1525HP(1546PS)へとパワーアップ。

もちろんツインターボを取り付けただけでこの馬力を発生できるわけではなく、エンジンヘッドやインジェクター、エキゾーストシステムなどを入れ替えています。

一見マットブラックのように見えるものの

なお、ボディパーツの多くはカーボンファイバー製。
フロントバンパーは「穴ぼこだらけ」ですが、それだけの吸気やクーリングが必要だということなのでしょうね。

SpeedKore-Dodge-Charger-9

タイヤとホイールハウスとのクリアランスは比較的大きく、タイヤも「ファット(ミッキートンプソンETストリート)」。
日本そして欧州のカスタム市場だと、「車高ベタベタ」にロープロファイルタイヤというのが定番ですが、アメリカの場合は「ドレッグレース用のマシン」風のカスタムも好まれるようで、こういった「前傾姿勢」「バルーンタイヤ」というスタイルも珍しくないようです。

SpeedKore-Dodge-Charger-10

そして一見マットブラックのように見えるリアバンパーは「ヴィジブルカーボンファイバー」製。

SpeedKore-Dodge-Charger-33

フロントフード、フロントバンパーもヴィジブルカーボン。

SpeedKore-Dodge-Charger-14

ボンピン仕様となっていますが、ボンピンそのものも美しくカスタムされていますね。

SpeedKore-Dodge-Charger-16

なおマフラーエンドは「フロントバンパーから」。
マグナフロー製だそうですが、これは初めて見る形状です。

SpeedKore-Dodge-Charger-12

装着されるワイドフェンダーもカーボン製。
これはチャレンジャー・ワイドボディに装着されるフェンダーをスキャンし、カーボンにて再現したものだと紹介されています。

SpeedKore-Dodge-Charger-17

リアフェンダーもカーボン製、そしてドアハンドルまでもがカーボン製。

SpeedKore-Dodge-Charger-29

バンパーの隙間から覗くエアクリーナー、そしてタービン(ハウジングがブラックに塗られている)。

SpeedKore-Dodge-Charger-11

ブレーキはブレンボ製、ホイールはBogart製。

SpeedKore-Dodge-Charger-19

ダッジ・チャレンジャー「ワイドボディ」のインテリアはこうなっている

そしてこちらはカスタム・チャレンジャーの室内。
意外と地味だという印象ですが、シートにはレーシングハーネスが装着されていますね。

SpeedKore-Dodge-Charger-40

ゴッツい補強バーも。
乗降時には取り外しができる構造を持っているようです(後部座席にも同じようなバーが装着されている模様)。

SpeedKore-Dodge-Charger-42

何故か二本あるシフトレバー(と何らかのレバー)。※ラインロックではないと思うが
なお、トランスミッションはヘルレイザー・パフォーマンス製へと交換され、ドライブシャフトはカーボンファイバー製に交換されている、とのこと。

SpeedKore-Dodge-Charger-44

エンジンルームを見ると、「スーパーチャージャーが取り外されている」と紹介されているものの、そのハウジングは残されているようですね。
なお、吸気用のパイプは一本しかなく、ツインターボといえども各バンクにタービンが装着されるのではなく、シーケンシャルツインターボなのかもしれません。

SpeedKore-Dodge-Charger-36

なお、このダッジ・チャレンジャーはアレックス・パレルモなる人物によって注文された個体で、「65歳の兄」へのバースデープレゼントとして贈る予定だ、と報じられています。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他アメリカ車
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.