>シボレー(CHEVROLET) ■ニュース

「世界初」新型コルベットの被害が発生。路上に放置したC8コルベットのホイールとタイヤが綺麗サッパリ盗まれる

投稿日:

| 様々な条件を考え合わせると、「ヤラセ」の可能性も捨てきれない |

Motor Trendが自身のFacebookにて、「タイヤが盗まれた新型コルベット」の動画を公開。
動画ではデトロイトの路上にて、哀れにもブロックの上に乗せられ、タイヤとホイールが奪われたC8コルベットが捉えられており、路上にはホイールを外した際のナットが転がっている様子も確認可能(C8コルベットのホイール固定は、欧州のスーパースポーツと異なり、ボルトではなくナットで行うことがこれで判明)。

なお、新型コルベットはまだ生産に入っておらず、シボレーは公式に「最初の納車は2月末から」と発表しているので、このC8コルベットはGM所有のプリプロダクションモデルだと考えて良さそうです。

なぜ新型コルベットのタイヤとホイールを狙ったのか

そこでちょっと不思議なのが「なぜ新型コルベットのタイヤとホイールなのか」。
新型コルベットに採用されるタイヤはフロントが245/45ZR-19、リアが305/30ZR-20ですが、これはC7までのコルベットとは異なるサイズであり、おそらくホイールも(C8からミドシップ化されていることを考えると)互換性ナシ。

タイヤとホイールを盗む主な理由としては「転売」「自分のクルマに取り付ける」というものだと思われ、しかしC8コルベットの場合は自分のクルマに使用できるような一般的なサイズではなく、そしてこのサイズ、もしくはこれに近いサイズのタイヤを持つクルマに乗る人は「盗む」という必要のない財力、盗難というリスクを犯せない社会的地位を持っていると考えられます。

a

となると「転売目的」ということになりますが、C8コルベットはまだ世に出ていないクルマなので、このタイヤとホイールを転売するとすぐに見つかってしまい、よってこの線もなさそう(それを考慮せずにネットオークションで売ろうとする人も多そうですが)。

そのほか想定されるのはGMのプロモーション。
そうだとすると驚くべき手法でもあり、ですが上記のような状況や、報じたのがカーメディアのモータートレンドであるということを考えると、そしてGMが納車開始前の新型コルベットを路上に放置するとも思えないため、「ヤラセ」の可能性がないでもない、と推測しています。※他のパーツには一切手がつけられず、かつボディにも手が触れた跡もない

a4

なお、C8コルベットはミドシップなので車体後方に重心があり、よってこういった状況となっていますが、C7までのコルベットだと、逆にフロント側が地面についているのかも。

a3

動画ではダメージを目視できず、しかしもし「ガツンと」リアを地面に落としているのだとすると、見えないところにダメージ(割れや歪み)が生じているかもしれませんね。

VIA: Motor Trend

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シボレー(CHEVROLET), ■ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.