>フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

超珍車。マクラーレンがマスタングをカスタムした車(黒歴史?)が中古にて販売中

投稿日:2017/02/17 更新日:

マクラーレンが1980年代にマスタングを改造した珍車が中古市場に登場。
もとのエンジンは5リッターV8ですが、これを2.3リッターターボエンジンに換装したもので、出力は175馬力(もとのスペックは不明ですが、パワーダウンのようにも思える)。
駆動輪は後輪、トランスミッションは4速ATとなっています。

外観にも手が入り、思いっきりワイドな前後フレアフェンダーにマクラーレンのコーポレートカラーであるオレンジにペイント。
内装、サスペンション、ホイールもカスタム/チューンされ、「McLaren Mustang」のロゴもサイドに見えますね。

なお0-100キロ加速は衝撃の「9.76秒」で、これは時代を考慮してもかなり遅いと言わざるを得ないかもしれません。
なお同じタイムで現在のマクラーレン650Sだと倍の「200キロ」に到達しますし、650Sの0-100キロ加速は2.9秒なので、現代のマクラーレンとは相当な差がある、と言えるようです。

もともとは249台製造する予定であったそうですが、何らかの理由で(なんとなく想像はできる)10台のみの製造にとどまり、今回販売されるのはそのうちの一台。
なお新車時(1980年)の価格は邦貨換算で280万円程度で、今回販売されている価格は220万円くらい。
1980年の280万円というと現在のアメリカにおけるインフレ率を考慮した場合、現在の800万円程度に相当する、とのこと。
なお1980年には新車のポルシェ911が340万円程度であったようですね。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フォード(FORD), >マクラーレン(McLaren)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.