>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】同じ720馬力のマクラーレン720S、フェラーリ488ピスタのパワーを測ってみた!意外と差があるその数値は?

投稿日:2020/03/22 更新日:

| もちろん高いのはマクラーレン |

ドラッグレース系ユーチューバー、ドラッグタイムス氏がマクラーレン720S、そしてフェラーリ488ピスタをシャシーダイナモに載せてパワーチェックを行った結果を動画にて公開。
ちなみにマクラーレン720S、フェラーリ488ピスタともにカタログスペックは同じ720馬力、そしてトランスミッションも同じく7速デュアルクラッチ、そしてやはり同じく後輪駆動というパッケージングを持っています。

フェラーリ488ピスタはおそらく「公称値通り」

イキナリその結果から述べると、内容としてはいささか驚かされるもので、マクラーレン720Sのは700.13馬力、フェラーリ488ピスタは642.04馬力。
両方ともカタログ値の720馬力には達していませんが、これは「カタログ値はエンジン単体で計測した数値」であるため。

aq

つまり、エンジン単体で720馬力を発生したとしても、クルマに搭載するとそこからトランスミッション、デフ、ドライブシャフト、ハブなども回転パーツの摩擦によってパワーを食われることになり、おおよそMR(ミドシップ後輪駆動)だと10~15%くらいパワーを食われる、ということになります。

シャシーダイナモ上でのパワーチェックは、もちろん車体にエンジンを搭載した状態でタイヤを回し、そのタイヤがローラーを回す駆動力をもって「馬力」を計測。
そのため、エンジン単体で720馬力を発生している場合、10%食われると648馬力、15%だと612馬力が正常値であり、この範囲に数字が収まれば問題ないわけですね。

よってフェラーリ488ピスタの「642.04馬力」はいたって正常ということになりますが、「問題」なのはマクラーレン720Sのほう。
仮に10%ロスだとエンジン単体で800馬力、15%ロスだと847馬力くらいを発生している可能性があるわけです。
逆に、エンジン単体での出力が720馬力だとすると、ロスは2.7%という計算となります(これは現実的に考えにくい)。

おそらくマクラーレンの場合、「パワーが出すぎている」「駆動ロスが少ない」の両方だと思われるものの、パワーウエイトレシオだとこんな感じ。
アメリカ人なのでポンドで重量を算出していますが、キロに変換すればマクラーレン720Sは1,442キロ、フェラーリ488ピスタは1532キロ。
キロ換算でのパワーウエイトレシオだと720Sは2.06、488ピスタは2.38という数字となります。

a

ただ、この数字が直結するのは「直線加速」の場合だと思われ、サーキットを走って速いかどうかはまた別問題。
両方とも公式タイムではありませんが、ニュルブルクリンクだと、マクラーレン720は7:08.34、フェラーリ488ピスタは7:00.03というタイムが残っています。

ニュルブルクリンクのランキング2020年最新版。992世代の911カレラSが55位に、TOP100に初のSUVとしてアウディRS Q8が登場

一方、マクラーレン720Sは無敵の加速を誇ることで知られ、このドラッグタイムス氏はもともと「すぐ売るつもりで」マクラーレン720Sを購入したものの、あまりの速さに他に乗り換えるクルマがなく、ずっと所有している、とも別の動画で語っていますね。

【動画】30本の勝負中、負けたのは2回だけ。ユーチューバーが自身のマクラーレン720S加速対決30本を一本に凝縮してみた

その他のパワーチェックの結果はこうなっている

そのほか、動画等で公開されたパワーチェックの結果はこんな感じ。
傾向としてマクラーレン、BMW、アウディは”カタログ値よりも出ている”傾向が強いようです(いずれもターボエンジン)。

フォードGT・・・カタログ値647馬力に対して実測値525馬力、ロス19%
アルファロメオ・ジュリア・クワドリフォリオ(FR)・・・カタログ値510馬力/実測392馬力、ロス23%
BMW M5(4WD)・・・カタログ値600馬力/実測625馬力。逆算するとエンジン単体では781-840馬力くらい出ている
ランボルギーニ・ウラカンRWD(MR)・・・カタログ値580馬力/実測492馬力、ロス15%
マクラーレン720S(MR)・・・カタログ値720馬力/実測698馬力、苦労ロスは3%。逆算するとエンジン単体では800馬力くらい出ている
ホンダ・シビック・タイプR(FF)・・・カタログ値320馬力/実測295馬力、駆動ロス8%
アウディRS4(4WD)・・・カタログ値450馬力/実測460馬力、逆算するとエンジン単体で580-610馬力くらい発生
・マクラーレン600LT・・・カタログ値600馬力、実測574馬力(ロス4.3%、仮に15%ロスしているとなると660馬力くらい出ている)

VIA:DragTimes

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5