>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■ニュース

【動画】通販サイトで中国から「スーパーEV」を取り寄せた!しかし届いたのは「ゴルフカートみたいな」クルマだった・・・

投稿日:

| これで320万円とは「許容し難い」 |

さて、なにかと話題の中国。

今回はアメリカ在住のユーチューバーが通販にて中国からEVを購入するという勇敢さを見せるも、予想通り返り討ちにあうといった動画が公開されています。

最近は日本のアマゾンでも中国の業者が直接出品を行っており、「実際に届いた商品が画像とは異なる」といったトラブルが多発していると聞きますが、今回もそれに漏れない例となったわけですね。

予定ではスーパースポーツEVが届くはずだったが

まずこのユーチューバー、The Inja氏はアリババにて「Qiantu K50」が販売されているのを発見。

このQiantu K50は中国のメーカーによって設計され、アメリカのスタートアップが組み立てを行うエレクトリックスーパースポーツですが、380馬力、0-100km/h加速4.9秒というスペックを持っています(190馬力のモーターを2つ搭載)。

価格は125,000ドル(約1320万円)に設定されており、いったんはアメリカでも発売されたようですが、現在は販売が停止されているようですね(1台であったも売れたのかどうかは気になる)。

なお、本来届くはずだった車両はこんな感じ。

これがアリババにて31,000ドル(約330万円)というプライスタグにて販売されており、しかしQiantu K50という名称やエンブレムについては隠されていたようですね。

16

実際に届いたのは・・・・

そしてThe Inja氏は実際に届いたところからレビューを開始。

まずは自宅に運ばれた木製コンテナ。

この時点でサイズ感が「ちょっと小さい」という感じです。

14

早速開梱の儀を開始。

13

ちょっと開けるとなにやらピンクのクルマ。

嫌な予感がする・・・。

15

出てきたのはゴルフカートみたいなちっちゃいEV!

12

猛烈に漂う「コレジャナイ」感・・・。

10

ただしTne Inja氏はこの状況を楽しむだけの余裕を見せ、早速充電を開始。

9

中国から届いた電気自動車はこんな感じ

こちらがQiantu K50の代わりに届いた電気自動車の内装。

11

実際に乗ると狭い!

6

メーターまわりはこんな感じ。

超シンプルですね。

これで330万円というのはまさにボッタクリかもしれません。

4

インバーターやモーターは超簡単な取り付け方法。

バッテリーはリチウムイオンではなく、いわゆる「普通の」バッテリーです。

5

そして充電が完了し・・・。

3

いいざスタート。

とにかく狭そうですね。

8

そして意外なことに、ちゃんと走る模様。

2

ただしちょっとした補修も必要で、The Inja氏は自分で手直しすることに。

ターミナルはむき出しのようですが、雨が降ったらどうするんでしょうね。

1

当然返品を申し出るが

そしてThe Inja氏は「届いた商品と注文した商品とが違う」ということでクレームを入れ、何度かのやり取りの末に返金の約束を取り付けますが、条件は「アップした動画を削除すること」。

中国の業者は意図的に異なる商品を送りつけてきた可能性が高く(これで文句を言わない人がいるとでも思ったのか・・・)、かつ今後もそれを継続しようという意図なのかもしれません。

「買った製品が粗悪品だった」ならまだしも、今回の件については完全に悪意のある詐欺行為だと思われ、未だにこういった商売が横行していることには驚かされます。

7

それでは動画を見てみよう

そこで今回の一連の顛末を記録した動画ですが、まずは「届いた」編。

こちらは返金交渉編。

こちらはドライブ編。

なお、Jalopnikは中国から格安EV(10万円くらい)を購入してみた動画を公開。

The Inja氏とは異なって「注文通りのクルマ」が届き、むしろ購入価格(10万円くらい)に対して「あまりによくできすぎている・・・」というレビューとなっています。

参照:The Inja, Jalopnik

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5