ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国からまたまた格安ミニEV「BAW A00 / 元宝」が発売開始!このBAWはミニバン、ピックアップトラック、小型EV、軍用風SUVという支離滅裂な品揃え

投稿日:2022/07/06 更新日:

中国からまたまた100万円以下のミニEV「BAW A00 / 元宝」が発売開始!このBAWはミニバン、ピックアップトラック、小型EV、軍用風SUVという支離滅裂な品揃え

| 中国では現在低価格帯のEVが過密状態となっており、外国の自動車メーカーが入り込めない市場を形成している |

今後の中国市場ではますます外国の自動車メーカーが存在感を発揮しにくくなるだろう

さて、中国にて大人気の宏光ミニEV。

これはテスラよりも売れているとして話題になったクルマですが、なんといってもその最大の特徴は「50万円以下」という価格設定です。

そしてその後にはこの宏光ミニEVをターゲットにした「風光ミニEV」が登場したり、元祖たる宏光ミニEVも負けじとさらなるバリエーションを投入したりといった具合で低価格EVは戦国時代を迎えているという印象ですが、今回さらなるライバル「BAW A00」が登場して市場がいっそうレッドオーシャン化することに。

テスラよりも売れている、中国で大ヒットの「宏光ミニEV」をパクった「風光MINI EV」登場!中国人同士の仁義なき戦いが始まる・・・
テスラよりも売れている、中国で大ヒットの「宏光ミニEV」をパクった「風光MINI EV」登場!中国人同士の仁義なき戦いが始まる・・・

| 中国人を一番信用していないのは中国人自身だとも言われるが |この記事のもくじ| 中国人を一番信用していないのは中国人自身だとも言われるが |これからは中国のヒット商品をパクるという手法が常套手段と ...

続きを見る

BAW A00はこんなクルマ

このBAW(北京汽車製造丁)A00は2ボックススタイルを持ち、宏光ミニEVや風光ミニEVと同様の雰囲気を持つEVで、全長3,162ミリ、全幅1,498ミリ、全高1,585ミリというコンパクトなクルマです(ライバルに比較してわずかに小さい)。※BAWはかつてBAIC(北京汽車工業)の子会社だったが、現在は分離されて独立した自動車メーカーとなっている

ちなみに現地では「元宝」と命名されており、これはかつて王朝にて使用された貨幣代わりのインゴットを指し、富と力とを象徴すると紹介されています。

ヘッドライトの発光グラフィックや前後バンパーの縦長ライトユニット(後部はおそらくリフレクター)がなかなかに面白く、コントラストルーフやボディサイドのパネルなどオシャレな要素も含まれており、「さすが後発だけはある」といった感じですね。

ボディカラーはいずれもパステル調のグリーン、ブルー、ピンク、オレンジの4色で、おそらくは若い女性をターゲットにしているのかもしれません。

パワートレインは27馬力 / 85Nmを発生するシングルモーター(後輪駆動)で最高速は時速100キロ、バッテリー容量はベースグレードが9.6kWh、上位モデルでは13.6kWh、航続距離はそれぞれ120kmと170kmだとアナウンスされています。

BAW A00の価格については33,900元(日本円約68万円)〜49,900元(100万円)に設定されており、BAWによれば今後SUVっぽいワイルドさを取り入れた5ドアのロングバージョンを発売する計画もあるようですね。※ライバルの宏光ミニEVもアウトドアっぽいバージョンを投入している

BAW A00のインテリアもオシャレだった

インテリアはライバルに比較すると先進性が強く10.25インチサイズのデュアルスクリーンを備え、ダッシュボードやステアリングホイールはデュアルトーン、そして内装のメインカラーはボディカラーとコーディネートされるというハイセンスぶり。

なお、この価格にもかかわらずステアリングホイールは「マルチファンクション」を採用し、相当に競争力があるEVだと言えそうですね。

さらには360度カメラ、ABS、ヒルスタートアシストも装備され、上位グレードになるとエアバッグもついてくる、とのこと。

BAWはこんなクルマもリリースしている

なお、BAWは先日紹介したFJクルーザーとジープとの中間のようなクルマ「212」も製造していて、なんとこちらは標準にて「迷彩」ボディカラーを選択できるという変わり種。

ただしそれなりに強烈な個性を放っていて、「ちょっと欲しいな」と思ったり。

ちなみにBAWはこのほかミニバン、ピックアップトラック(2モデル)を持ち5モデルにて展開を行っていますが、そのラインナップの支離滅裂ぶりが面白い会社でもありますね。

中国にてFJクルーザーとジープとのマッシュアップが誕生!古くは国営、そしてジープとの合弁を展開していたBAW(北京汽車製造公司)よりリリース
中国にてFJクルーザーとジープとのマッシュアップが誕生!古くは国営、そしてジープとの合弁を展開していたBAW(北京汽車製造公司)よりリリース

| 中国の自動車業界はあまりにその成り立ちや変遷が複雑すぎる |この記事のもくじ| 中国の自動車業界はあまりにその成り立ちや変遷が複雑すぎる |どうやら「ジープに似ている」のもちゃんとした理由がありそ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ミニEV関連投稿

中国で大人気、50万円以下の「宏光ミニEV」。1台売って1500円しか利益がないと報じられるも、「台数を売りたい」その理由とは?
中国で大人気、50万円以下の「宏光ミニEV」。1台売って1500円しか利益がないと報じられるも、「台数を売りたい」その理由とは?

| もしかすると、宏光ミニEVはGMとWulingとの合弁会社に大きな利益をもたらすかもしれない |この記事のもくじ| もしかすると、宏光ミニEVはGMとWulingとの合弁会社に大きな利益をもたらす ...

続きを見る

中国で最も売れている電気自動車、宏光ミニEVに「ゲームボーイエディション」が追加!任天堂と関係あるような無いような微妙なフォントを使用
中国で最も売れている電気自動車、宏光ミニEVに「ゲームボーイエディション」が追加!任天堂と関係あるような無いような微妙なフォントを使用

| 通常版宏光ミニEVに比較して大幅なグレードアップ、さらにライバルを引き離すことに注力か |この記事のもくじ| 通常版宏光ミニEVに比較して大幅なグレードアップ、さらにライバルを引き離すことに注力か ...

続きを見る

参照:BAW

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5