オーナー

年収2000万円のフェラーリオーナー「フェラーリは値段が下がらないのでマンションを所有しているような感覚」

| 年収とクルマとの関係は一概に論じることはできないが | さて、キャリコネニュースでときどきアップされる「世帯とクルマ」との関係性。今回は全体の1割を占める世帯年収2000万円の家庭にスポットを当て ...

またまたランボルギーニオーナーが迷惑行為→クルマを没収。なぜこういった行動はなくならないのか・・・

| スーパーカーに乗ったからといって自分がスーパーパワーを手にしたわけではない | さて、いつもお世話になっているフェラーリ ランボルギーニ ニュースさんにて悪質なランボルギーニ・ウラカンオーナーの記 ...

【動画】マクラーレンP1のオーナーが「エレクトリックモード」での加速、HVモードでの加速を比較!モーターのみだと0-100km/h加速は10秒以上かかるようだ

| こんなレビューはオーナーでないと絶対にできない | さて、3台のブガッティはじめ、数々のスーパーカーやハイパーカーを所有する北米のコレクター、マニー・コシュビン氏。今回は6年間所有しているマクラー ...

結局、年収はいくらあれば買えるのスーパーカー!ボクの試算では「1200万円」の世帯収入があれば無理なく買えそう

| ただし重要なのは可処分所得であることにかわりはない | さて、よく聞かれるのが「年収がいくらあればスーパーカーを購入できるのか」。ただし重要なのは年収ではなく可処分所得だとお伝えしたことがあります ...

【動画】「ランボルギーニを買いに」行った5歳児にランボオーナーが神対応。少年を乗せてドライブするもなぜか非難の嵐に

| どう考えても避難される要素はないように思われるが | さて、先日「母親がランボルギーニを買ってくれないので、3ドルだけを持ってカリフォルニアまで、家のクルマを勝手に運転して出かけた」5才児。その行 ...

あの「アポロIE」第一号車が納車。オーナーは「ドラゴン好き」のこんな人だ

| ボディカラーは”カメレオン・ゴールデンドラゴン” | 「グループCレーシングカーを公道に放つ」というコンセプトのアポロ・インテンサ・エモツィオネーネ(IE)。これはドイツで創業された「グンペルト」 ...

日本に「ブガッティEB110を退職金で新車購入し、今まで23年間乗っている」元公務員のオーナーがいた!車体には高齢者運転標識も

| 毎年、とんでもない維持費が掛かりそうだ | さて、GQにて「ブガッティEB110を新車で購入し、23年も乗っている」オーナーを紹介する記事が掲載。さぞリッチな会社経営者だろう・・・と思っていたら、 ...

ロールスロイスオーナーの平均年齢は年々若くなって43歳!MINI、BMWよりも若いそのワケとは?

| メルセデス・ベンツ、BMW等他メーカーが50代なのに対して異例の若さ | GQジャパンにて、「ロールス・ロイスの若返りが加速中! ミニより平均年齢が若い理由とは?」という記事が掲載。なかなかに興味 ...

フェラーリオーナーは新型コルベットをどう見ているのか?ど「フェラーリのオプション価格でこのクルマが買えるのか」等、その意見を見てみよう

| 基本的に、フェラーリとはまったく別の世界観を持つ乗り物として捉え、競合すると考える人はいないようだ | さて、ミドシップ化された新型C8コルベットが発表されてしばらく経ちますが、「1年分の生産台数 ...

マクラーレンからアンケートの依頼が届く!「年収」の欄はなんと「4億円」まで選択できるぞ

| メーカーごとにアンケートの内容が異なるのが面白い | さて、時々送られてくる、スーパーカーメーカーからのアンケート。これまでにもいくつかを紹介しましたが、今回はマクラーレンからのアンケートを紹介し ...

ランボルギーニ・チェンテナリオのオーナーへディアブロを納車。オーナーが経営するストリート系アイテムショップを見てみよう

| シュプリーム崇拝は日本だけではなかったようだ | カナダ(トロント)のランボルギーニ・ディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。これまでにも様々なランボルギーニ、そしてラン ...

早くもカスタムレベル激高のロールスロイス・カリナン登場。何から何まで計算済みの上級者と見た

| ロールスロイス・カリナンはこれまでにない顧客を獲得している | アメリカにて目撃されたというロールスロイス・カリナン。グレーのボディカラーにレッドのコーチライン、レッドのホイール、ブラックアクセン ...

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増 ...

この腕時計オーナーはこういった人々だ!ボクの考えるロレックス、ウブロなど高級腕時計を身につける人々の印象

あくまでも完全なる個人的印象 けっこうその腕時計とそのオーナーというのは「ある程度固定されたイメージがある」とぼくは考えています。つまりは「そのブランドの腕時計をしている人は、こういった人だ」というも ...

現代のスーパーカーは「”エンスー向けの”スポーツカーの延長」ではなく「”セレブ受けする”高級車の派生」?ボクが考えるその理由

スーパーカー市場は成長しているが、スポーツカー市場は縮小。もはやスポーツカーとスーパーカーとは違う観点で作られている いろいろなクルマを試乗していて思うのは、クルマにとって「音」はけっこう重要だ、とい ...

【動画】イベントシーズン到来!米にて開催のスーパーカーミーティングに集まるランボルギーニの大群、ポルシェ軍団を見てみよう

やはりアメリカ西海岸のイベントは集まる数、そしてクルマの質、カスタムともレベルが違った マイアミにて各種イベントが開催され、パガーニやケーニグセグと言ったハイパーカー、ランボルギーニやマクラーレンとい ...

【動画】ランボルギーニのセールスレディが教える「スーパーカーを所有するメリットとデメリット」。それぞれ5つを見てみよう

それでもプラスマイナスすると得られるもののほうがずっと多いのがスーパーカー カナダのランボルギーニ正規ディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。これまでにも顧客の納車の様子や、 ...

スーパーカーに乗っているとこんなことを聞かれたりする。「この車いくらですか?」etc.

| やはり気になるのは金額だ | スーパーカーに乗っているといろいろな質問を受けますが、質問をする人が「どういった人なのか」ということでその質問の内容も変わるようです。 たとえば、あまりクルマに興味が ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5