ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが完全自動運転に対して初めて弱気の発言を見せ「年内に認可が降りることはないだろう」。一方、ワンコに優しい「新ドッグモード」のアップデートも

投稿日:2022/10/28 更新日:

テスラ

| テスラはこれまでずっと自動運転に対して強気を貫いてきたが |

ただし弱気なのは技術的問題ではなく政治的問題が理由となっているようだ

さて、自動運転というとテスラ、テスラというと自動運転というくらい両者は切っても切れない関係にありますが、今回テスラCEO、イーロン・マスク氏が「2022年内に、テスラの自動運転機能(FSD=フル・セルフ・ドライビング)がドライバーなしにて公道を走行するための認可を受けることはできないだろうとコメント。

テスラは当初から自動運転について高い関心を示しており(というか、それが売り物のひとつだった)、2016年にエンハンスド・オートパイロット・ハードウエア2.0(HW 2.0)を発表したとき「2020年には自動運転が実現する」とコメントしていて、しかしそれが遅れたとしても楽観的な姿勢を貫いていたものの、今回(おそらく)はじめて悲観的なコメントを発したということになりますね。

テスラ
米消費者が自動運転技術をもっとも信頼している自動車メーカーはテスラ!2位はトヨタ、6位にはクルマを製造すらしていないアップルがランクされる

| やはりテック企業に対する信頼が厚く、先端技術に関しては”イメージ”が非常に重要 |この記事のもくじ| やはりテック企業に対する信頼が厚く、先端技術に関しては”イメージ”が非常に重要 |世間的にテス ...

続きを見る

完全自動運転に向けて「まだまだやることは多い」

ただしテスラは年内に重要なFSDベータ版アップデートがリリースされるともコメントしており、しかしこのアップデートをもって最終版と呼ぶことはできず、完成までにはまだまだやるべきことがたくさんあること、そして実際にハンズフリー運転を可能にするには別の承認が必要だとも述べています(物理的に自動運転機能を実現させることと、認可を得ることは別問題である)。

なお、テスラに「無人運転」の承認を与えることになるのはテスラの天敵でもある米国道路交通安全局(NHTSA)。

米国道路交通安全局(NHTSA)は現在、テスラの自律運転中のいくつかの事故について調査しており、こちらがはっきりするまではまず認可が降りることはないと考えてよく、イーロン・マスクCEOはこの観点から悲観的になっているのかもしれませんね。

ただ、テスラは自動運転の追求をやめないことだけは確かであり、その理由の1つは「最終的にそれがテスラの最も重要な収益源になると考えているから」。

よって今回「承認を得ることが難しい」と考えたとしても、年内、そして来年にもシステムのメジャーアップデートを提供し、米国道路交通安全局(NHTSA)規制当局に対して「改善を続けている」ことを示し、承認に向けて少しでも前に進めようとしている、とも伝えられています。

テスラ・モデルY

テスラは積極的にアップデートを続ける

このFSDのほかにもテスラは様々なアップデートを続けていて、直近でリリースされたソフトウェア・アップデート(2022.40.1)が非常に有用だと話題になっていますが、これは「各DC急速充電ステーションの出力を考慮し、熱制御を自動で行う」もの。

EVの急速充電には熱の管理が不可欠であり、テスラはハードウェアの機能を再設計するのではなく、車両のソフトウェア設定に手を加えることでこの改善を実現したと報じられており、このアップデートによって、より速く、より効率的に充電できるようになったもよう。

こういったアップデートは「車体(ハード)と制御系(ソフトウエア)を自社で設計する」テスラならではだと言え、ソフトを外注している多くの自動車メーカーではなかなか実現できないことかもしれません。

今回のアップデートにつき、テスラによれば、"DC急速充電中、サーマルシステム制御は各充電ステーションの電力能力に合わせて最適化され、充電とオンルートバッテリー・プリコンディショニングの両方の効率が改善され、この結果、充電時間の短縮とエネルギーコストの削減が実現する"とのことで、要は充電コストが引き下げられるという解釈で間違いなさそう。

テスラ

そのほか、「ドライブドアアンロックモード」のアップデートがあり、この機能を有効にすると、運転席側のドアのロックボタンを長押しして、すべてのドアのロックを解除し、同時にトランクを開けることができる、とのこと。

さらには駐車中の車内外を監視するセントリーモード、そしてドッグモードも改善さており、従来はドッグモードとセントリーモードを同時に有効にすることはできず、しかし今回のアップデートによって両方の機能を同時に有効にすることができ、愛犬を快適かつ安全に保ちつつ、クルマを監視できるようになったのだそう(以前はワンコにセンサーが反応してしまい、正しくセントリーモードを使用できなかったのかもしれない)。

そしてドッグモードとセントリーモードを同時に作動させると、問題が発生する可能性がある場合は警告が表示され、セントリーモード機能でビデオ映像が撮影・保存されるものの、ワンコを驚かせてはいけないので「アラーム音が鳴らない設定になる」と紹介されており、ペットにやさしいアップデートだと言えそうですね。

あわせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが公式に「サイバートラックの生産準備に入った」と発表!そしてドイツ市場ではVWグループのEV販売台数を抜いてNo.1に、モデルYはゴルフよりも売れたクルマに

| テスラのクルマは不思議なことに、他メーカーのクルマとは異なって、発売から時間が経つごとに受注が増えてゆく |この記事のもくじ| テスラのクルマは不思議なことに、他メーカーのクルマとは異なって、発売 ...

続きを見る

テスラ
テスラが中国にてモデル3、モデルYの価格を9%値下げ!生産効率が上がったことを理由だとしているものの、競争激化に対するカウンターであるのは間違いなさそう

| これから多くのEVメーカーが価格競争に巻き込まれ、倒産の憂き目に合うものと思われる |この記事のもくじ| これから多くのEVメーカーが価格競争に巻き込まれ、倒産の憂き目に合うものと思われる |テス ...

続きを見る

テスラが欧州と中東を対象に高輝度塗装のオプションを導入!さらにオンラインにてスーパーチャージャー「充電器」を作って欲しい場所の投票を開始
テスラが欧州と中東を対象に高輝度塗装のオプションを導入!さらにオンラインにてスーパーチャージャー(充電器)を作って欲しい場所の投票を開始

| テスラはけっこう新しいことをどんどんやってくる |この記事のもくじ| テスラはけっこう新しいことをどんどんやってくる |なお充電施設とEVとを同時に展開する自動車メーカーはテスラのほかには殆どない ...

続きを見る

参照:Automotive News, Drive Tesla Canada

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5