ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

アストンマーティンが電動化を加速。「次世代ヴァンテージ、DB11はピュアエレクトリック」。2030年の完全電動化に向けて大きく舵を切るようだ

投稿日:2021/07/23 更新日:

アストンマーティン

| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシフト |

ただしモデルラインアップとしては従来の方向性を継続するようだ

さて、経営者が変わり、これまでの方向から大きく路線を変更しているアストンマーティン。

まずは「2030年以降もガソリン車を作り続ける」とコメントしていたものの、2030年以降にはラインアップすべてを電動化すると語っており、さらには「マニュアル・トランスミッションを作る最後のメーカーになる(つまりMTを作り続ける)としていながらも(新方針では)2022年にはMTを廃止する模様。

アストンマーティン
アストンマーティンが2022年にもMT廃止を決定!「MT導入は愚かな判断だった」「MTはもう不要」「MTでは環境規制に対応できない」

| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |この記事のもくじ| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |実際のところ ...

続きを見る

現在のアストンマーティンはメルセデスAMGの意向を強く反映している

こういった路線変更は、出資比率を増加させ、トビアス・メアース氏を新CEOとして送り込んできたメルセデスAMGの意向によるものと考えて良さそうですが、今回はそのトビアス・メアースCEOが「次世代のヴァンテージとDB11は電動パワートレーンを搭載する」とコメント。

この「電動」がピュアエレクトリックを指すのか、それともPHEVを指すのかはわかりませんが、同誌は「内燃機関を搭載するモデルに終わりが訪れる」 「我々の伝統的なスポーツセグメントの後継車は、間違いなくフルエレクトリックでなければならない」 とコメントしているので、新型ヴァンテージ、新型DB11は「ピュアエレクトリック」になると考えて良さそうです。

なお、アストンマーティンは以前、(ラピードを除く、新世代の)ピュアエレクトリックモデル第一号は2025年に登場すると述べていますが、このモデルがヴァンテージやDB11の後継となるのか、それとも別のクルマがピュアエレクトリックモデルとして登場するのかについては今のところ「謎」のまま。

アストンマーティン

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開
アストンマーティンが改めて「スポーツカー、スーパーカーに集中」すると発表!今年のペブルビーチで新型車公開、2025年には初のエレクトリックスポーツも

| このところのアストンマーティンにおける変化のスピードは凄まじい |この記事のもくじ| このところのアストンマーティンにおける変化のスピードは凄まじい |メルセデスAMGはアストンマーティンを「スポ ...

続きを見る

ただ、アストンマーティンの「電動化」については段階的に進められるようで、まずはDBXのPHEV版が投入され、その次にはヴァルキリー、ヴァルハラに続くミドシップスポーツ「新型ヴァンキッシュ」が投入されると言われています。

アストンマーティン
アストンマーティンが投資家向けに今後の計画を公開。「ヴァルキリーとDBXに派生モデル」「新型SUV」「フロントエンジン車は全入れ替え」「ヴァンキッシュにはピュアEVも」

| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 |この記事のもくじ| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 |フロントエンジンモデルは「フルリフレッシュ」DB ...

続きを見る

もちろんこれらのエレクトリックコンポーネントはメルセデスAMG経由にてアストンマーティンへと採用されてゆくことになりますが、アストンマーティン独自のチューニングが施され、一回の満充電あたり航続可能距離は600キロに達するという情報も。

直近に発表された内容だと、上述の通り2030年以降のラインアップはすべて電動化されるといい、およそ半数強がピュアエレクトリック、残りがPHEVもしくはハイブリッドになるそうですが、全生産台数の5%はガソリンエンジンのみで走るクルマになるといい、ただしこれについては「ロードゴーイングモデルではない」、つまりサーキット走行専用モデルになる、とのこと。

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

謎のアストンマーティンがついに発表、2度の路線変更を経たヴァルキリーAMR Pro
なんだ、ヴァルキリーAMR Proだったのか・・・。謎のアストンマーティンがついに発表、それは2度の路線変更を経たヴァルキリーAMR Pro

| ヴァルキリーAMR Proはル・マンLMP1カー、F1マシンに匹敵する |この記事のもくじ| ヴァルキリーAMR Proはル・マンLMP1カー、F1マシンに匹敵する |残念ながら、アストンマーティ ...

続きを見る

アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のスペックを発表!エンジンはAMG製V8、前後にモーターを搭載し950馬力を発生する4WD
アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のスペックを発表!エンジンはAMG製V8、前後にモーターを搭載し950馬力を発生する4WD

| モーターを前後に一つづつ搭載するミドシップハイパーカーはなかなかに珍しい |この記事のもくじ| モーターを前後に一つづつ搭載するミドシップハイパーカーはなかなかに珍しい |さらにはアストンマーティ ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンが「2030年以降もガソリン車製造」という方針を転換?今回は「2025年以降、英国にてエレクトリックスポーツ/SUVを製造する」

| まだまだしばらくの間はアストンマーティンの方針に「変動」が見られそうだ |この記事のもくじ| まだまだしばらくの間はアストンマーティンの方針に「変動」が見られそうだ |アストンマーティンは2025 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5