ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロータス(Lotus)

ロータスがエミーラGT4、そして英国の新しい施設「チャップマン生産センター」を公開。中国資本となってもその初心は忘れていなかった

投稿日:

ロータスがエミーラGT4、そして英国の新しい施設「チャップマン生産センター」を公開。中国資本となってもその初心は忘れていなかった

| ロータスは中国資本となって一気にその業容を拡大 |

ただしロータス創業時のDNAは失われていない

さて、ロータスは昨日「5月5日になにか新しい情報を公開」としていましたが、この「新しい情報」はエミーラのサーキット走行バージョン、エミーラGT4が実際に走行する画像そして動画であったもよう(新型車ではなかった・・・)。

なお、エミーラGT4そのものは昨年9月に発表されているものの、今回はその「追加情報」がリリースされたということになりますね。

ロータスが「エミーラGT4」発表!ついにこれがガソリンエンジンのみで走る「ロータス最後の」レーシングカーに
ロータスが「エミーラGT4」発表!ついにこれがガソリンエンジンのみで走る「ロータス最後の」レーシングカーに

| 今後モータースポーツもハイブリッド、そしてピュアエレクトリックへ |この記事のもくじ| 今後モータースポーツもハイブリッド、そしてピュアエレクトリックへ |悲しいことではあるが、これが現実としかい ...

続きを見る

ちなみにロータスはRMLグループと共同にてロータス・アドバンスト・パフォーマンス部門を設立しており、このエミーラGT4は同部門から登場する最初のモデルとなります。

このエミーラGT4の価格は165000ポンド(日本円で約2670万円)に設定されていますが、現在非常に高い人気となっているため、本来の計画よりも「生産能力を増強する」予定なのだそう(ロードゴーイングバージョンのエミーラも受注が好調だと聞いている)。

ロータスがカスタム車両やワンオフモデル、パーソナリゼーションを担当する「アドバンスド・パフォーマンス」設立!今後色々なクルマが出てきそうだ
ロータスがカスタム車両やワンオフモデル、パーソナリゼーションを担当する「アドバンスド・パフォーマンス」設立!今後色々なクルマが出てきそうだ

| やっぱりロータスは中国資本に入ってよかったということになりそうだ |この記事のもくじ| やっぱりロータスは中国資本に入ってよかったということになりそうだ |現時点で具体的に「どんなクルマが出てくる ...

続きを見る

ロータス・エミーラGT4はこんな車

このエミーラGT4は、FIAの定める「GT4」カテゴリのレギュレーションに準拠したレーシングカーで、レースに参戦するチームや個人が購入する「カスタマーカー」。

搭載されるのはトヨタ製の3.5リッターV6エンジンですが、Harrop TVS 1900スーパーチャージャーとMotecによるエンジンマネジメントによって、400ps(298kW / 405PS)を発生し、トランスミッションはレース用のエクストラック6製速シーケンシャルトランスミッション、そしてこのトランスミッションとリミテッドスリップディファレンシャルを介してエンジンパワーが後輪に送られます。

Lotus-Emira-GT4 (6)

外観だと専用のフロントスプリッター、リアウィング、18インチ鍛造ホイールにピレリGT4タイヤを装着しており、シャシーには、オーリンズ製2ウェイアジャスタブルTTxダンパー、フロントとリアのアンチロールバー、ボッシュ製アジャスタブルABS付きレース仕様ブレーキが採用されています。

Lotus-Emira-GT4 (5)

そのほか、レギュレーションに基づき、FIA公認ロールケージ、6点式ハーネス付きレーシングシート、電子消火システム、アイソレータースイッチ、データロギングシステム、モータースポーツ用ワイヤーハーネス、FIA公認96リットル燃料タンクなどが装備され、ロータスによると、エミーラGT4の車体重量は乾燥時にて1,300kg(公道走行用のエミーラよりも105kg軽量化されている)。

Lotus-Emira-GT4 (4)

エミーラGT4の開発段階において、その大半はイギリスの(ロータス本社がある)ヘセルで行われ、しかしポルトガルのポルティマオ(アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ・サーキット)においてもテストが重ねられたといいます。

Lotus-Emira-GT4 (3)

なお、今回公開された画像と動画はへセルにて撮影されたものですが、ロータスにてビークル・アトリビュート・ディレクターを務める(元英国GTチャンピオンの)ギャバン・カーショウ氏がエミーラGT4をドライブし、それとランデブーするのは1965年のロータス・タイプ30(小さい!)。

これらの走行時にはVIPカスタマーが招かれ、ゲストは数周の同乗走行体験もでいたといい、なかなかに刺激的なイベントであったようですね。

Lotus-Emira-GT4 (2)

ロータス・エミーラGT4が走行する動画はこちら

ロータスは新しい生産設備を公開

ロータスは先日、新型EV「エレトレ」を発表していますが、これはロータス初のSUVであり、中国生産となることから「ロータスもついに日和ったか」という声が大きく聞かれたのも事実。

ロータスが新型エレクトリックSUV「エレトレ(エレター/エレトル)」発表!生産は中国、600馬力、ライバルはポルシェ・カイエン
ロータスが新型エレクトリックSUV「エレトレ(エレター/エレトル)」発表!生産は中国、600馬力、ライバルはポルシェ・カイエン

| エレトレにはこれまでのロータスからは想像もできないような新デバイスを多数導入 |この記事のもくじ| エレトレにはこれまでのロータスからは想像もできないような新デバイスを多数導入 |そして今後、これ ...

続きを見る

ただしロータスはけしてスポーツカーを諦めるつもりはなく、「エレトレはスポーツカーを作り続けるために会社を存続させるための手段」だというコメントも発表しており、そして今回は1966年以来、ずっとロータスの本拠地として機能してきたヘセル(イギリス)に新しく1億ポンドを投じて建設した生産施設を公開しています。

そしてこの生産施設はロータス創業者であるコーリン・チャップマンの名を取って「チャップマン・プロダクション・センター」と名付けられており、ロータスがいかにその創業時の精神を大切にしているかを見せてくれることに。

ロータスのボス「我々にスポーツカーを永遠に作って欲しい?であれば、まず今はSUVを作ろうではないか。それがスポーツカー継続の唯一の方法だ」
ロータスのボス「我々にスポーツカーを永遠に作って欲しい?であれば、まず今はSUVを作ろうではないか。それがスポーツカー継続の唯一の方法だ」

| 今まではスポーツカーにこだわっていたがためにお金を稼げず、新しいスポーツカーも作ることができなかった |この記事のもくじ| 今まではスポーツカーにこだわっていたがためにお金を稼げず、新しいスポーツ ...

続きを見る

Chapman-Production-Centre-opening-ceremony_1

なお、この新しい施設のオープンに際しては、コーリン・チャップマンの実施であるクライブ・チャップマン氏も駆けつけ、「ロータスの歴史において、この重要な日に参加できたことを光栄に思います。チャップマン一家にとって、ロータスが世界的な自動車メーカーになる道を歩んでいるのを目の当たりにするのは感無量です」とコメント。

一方でロータスのマネージング・ディレクターを務めるマット・ウィンドル氏は「ロータスは、英国のスポーツカー会社から、真にグローバルなパフォーマンスカー・ブランドへと変貌を遂げており、新しいチャップマン・プロダクション・センターは、その野望を実現するための象徴と言えます。私たちは、過去の成功に誇りを持ち、ピュアエレクトリックの未来に興奮しています」と述べています。

ロータスは、この最新鋭の新施設で、毎年約5,000台の車を製造することを目指すといいますが、今後スポーツカーはこのヘセル、そしてSUVやサルーンについては中国にて生産を行うなど「うまく切り分けて」グローバル展開を行うことになりそうですね。

Inside-the-Chapman-Production-Centre_1

参考までにですが、現在ロータスは(ボルボも傘下に納める)中国・吉利汽車の管理下にあるものの、ボルボを見ても分かる通り、この吉利汽車は「お金は出すが口はあまり出さない」というありがたい親会社で、ロータスはこの庇護の元、豊富な資金を経て新しい次元へと舵を切っています。

これにあわせてロータスのエンブレムも変更されていますが、ロータスの経営が創業者一族からデビッド・ウィッケンスへと移った際になくなった(エンブレム上の)ABCロゴも復活し、さらにはロータスの本来の思想でもある軽量性を意識した”シンプルな”デザインへ。

こういった「現在のロータス」を見ると、その精神を失うことなく、むしろ創業時のDNAを保ったまま事業を拡大しており、吉利汽車による買収はある意味で理想的であったとも考えています。

ロータスのエンブレム
ロータスがエンブレム変更を発表、3Dから2Dへ。「設立時の思想を反映し、シンプル、かつ軽量性をイメージした」

| コーリン・チャップマンの名はそのまま採用 | 先日、ロータスにとってだけではなく「イギリス初の」エレクトリックハイパーカーとなる「エヴァイヤ」を発表したロータスですが、今回は新しいロゴを発表。これ ...

続きを見る

あわせて読みたい、ロータス関連投稿

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ
なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ |この記事のもくじ| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクト ...

続きを見る

ロータスが新しいデザイン拠点「ロータス・テッククリエイティブセンター」を英国に設立!中国やドイツにも拠点を新設し、一体誰が数年前のロータスからこの現状を想像しただろう・・・。
ロータスが新しいデザイン拠点「ロータス・テッククリエイティブセンター」を英国に設立!中国やドイツにも拠点を新設し、一体誰が数年前のロータスからこの現状を想像しただろう・・・。

| 現在のロータスの親会社、吉利汽車は「ロータスをフェラーリと同じレベルにまで」高めたいと考えている |この記事のもくじ| 現在のロータスの親会社、吉利汽車は「ロータスをフェラーリと同じレベルにまで」 ...

続きを見る

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・
ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEV(SUV、セダン含む)の画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |この記事のもくじ| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |中国に建設する子会社の新社屋 ...

続きを見る

参照:Lotus

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロータス(Lotus)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5