ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがKITHとのコラボモデル第二弾を発表!BMW初の電気自動車、1972年の1602をとともにi4 M50を専用の内外装に。i4は7台のみが限定販売

投稿日:

BMWがKITHとのコラボモデル第二弾を発表!BMW初の電気自動車、1972年の1602をとともにi4 M50を専用の内外装に。i4は7台のみが限定販売

| BMWはじめ、メルセデス・ベンツ、ポルシェなどファッションブランドとのコラボが増加中 |

さらにはスニーカーとのコラボ企画も多いようだ

さて、BMWとKITH(キス)とがコラボレーション第二弾を発表。

前回は「E30 M3と、現行M4とを同じ仕様にて仕上げる」という内容でしたが、今回は「BMW 1602と、i4 M50とを同じ仕様にて仕上げる」というプロジェクトです。

なお、i4 M50は7台が実際に製作されて1台がチャリティーオークションに出品されるといい、この7台はBMWでは「初」となる”コラボレーション先の名を持つ専用ボディカラー(Kith Vitality Green)”に彩られる、とのこと。

このBMW1602はいわゆる「ノイエクラッセ」世代のクルマで、中央の縦長「バーチカルキドニー」に加え、ヘッドライトを格納する横長のキドニーグリルを持っており、いわば「2つの」キドニーグリルを持っていることが特徴です。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-25

至るところにまで「KITH」仕様

今回のコラボレーションに際してはボディカラーのみではなく随所が特別仕様となり、BMWのエンブレムもKITH仕様に。

こういったところを見ると、いかにBMWがKITHを重視しているかがわかりますね。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-17

i4 M50のほうだとBMWエンブレムはそのままに、「M」ロゴがKITH仕様となっています。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-7

フロントグリル内のメッシュも専用のフィニッシュを持つようですね(フロントのBMWエンブレムは特別仕様となっているようだ)。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-6

このレストモッドBMW 1602ですが、「1602 Elektro-Antrieb」をイメージしており、これは1972年のミュンヘン・オリンピックのために2台のみが製作されたカメラカーで、なんと「BMW初の完全電気自動車です(オイルショック直前の発表であり、当時何らかのガソリンに対する懸念があったのかもしれない)」。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-21

そして今回、新世代の電気自動車であるi4と並ぶこととなっており、これはなかなかに面白い企画なんじゃないかと思います。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-8

ただ、実際に1602 Elektro-Antriebをベースにしたレストモッドを作成することは難しいと思われ(なんといっても2台しか作られていない)、よってこれはガソリン版の1602をベースにしているのだと考えて良さそう。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-18

なお、パワートレインがガソリンのままなのか、エレクトリックパワートレインに置き換えられているのかはナゾですが(テールパイプ用の切り欠きは存在するが、エキゾーストパイプそのものは見あたらない)、この改装コストを考慮すると「ガソリンのまま」と考えるのが妥当かもしれません。※プレスリリースには、エレクトリック化されていると受け取れる記載もあるが、詳細にまでは触れられていない

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-20

【動画】なんとBMWは1972年に実用的なEVを作っていた!その”1602 Elektro-Antrieb”を現代に蘇らせた「02レミニッセンス」のレンダリング

| にわかには信じられないが、ベルリン・オリンピックのパレードで実際に走ったようだ |この記事のもくじ| にわかには信じられないが、ベルリン・オリンピックのパレードで実際に走ったようだ |そもそも19 ...

続きを見る

そしてもちろんi4はピュアエレクトリックカーであり、M50はそのトップレンジ。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-10

4シリーズ・グランクーペと車体を共有するEVですが、「1602(ガソリン車)の車体を使用したEVである1602 Elektro-Antrieb」との共通性も感じられますね。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-9

BMWとKITHとのコラボレーション第二弾の内装はこうなっている

そして今回のBMWとKITHとのコラボレーション第二弾の内装を見てみたいと思いますが、ボディカラーがダークグリーンであるのに対しインテリアはタンレザーというブリティッシュな仕様。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-5

両者ともフルグレイン・メリノレザーが使用され、しかしi4、1602では微妙に異なるシート表皮の仕上げとなっています。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-14

i4 M50のダッシュボードなどキャビンのアッパー部分はブラックですが・・・。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-3

1602レストモッドではすべてタンレザーが使用され、なんともいえないゴージャスさを醸し出しています。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-15

i4 M50のセンターコンソールにはコラボレーションの証が刻まれます。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-2

1602のほうにはシフトレバーのようなものも。

両車それぞれ共通のコンセプトを持つものの、細部はそれぞれのクルマにマッチした仕上げが施され、前作以上にこだわった仕上げが見られるように思います。

ちなみにコラボ第一弾が行われた際にはKITH仕様のM4が150台販売されていますが、こちらは30分で完売しており、おそらく今回競売にかけられる1台はその人気を反映した「かなり高価な」落札価格となりそうですね。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-12

加えて、今回のコラボレーションにあわせ、BMWとKITHはグリーンをイメージしたアパレルなど51点を発売する、とアナウンスしています。

2022-BMW-x-Kith-Season-Two-11

あわせて読みたい、BMW関連投稿

BMWがNYのセレクトショップ「KITH」とコラボ!E30 M3、M4をワンオフのカスタム仕様で製作

| 今までBMWはこういったことを行う会社ではなかったが |この記事のもくじ| 今までBMWはこういったことを行う会社ではなかったが |はじまりはM3のレストアからまさかBMWがここまでやるとは合わせ ...

続きを見る

BMWがいまだかつてない限定モデル「M4 KITHエディション」発表!Mロゴがコラボ先のKITH仕様に

| BMWがコラボレーション相手にあわせてロゴを変更したことは(おそらく)これまでにないと思われる |この記事のもくじ| BMWがコラボレーション相手にあわせてロゴを変更したことは(おそらく)これまで ...

続きを見る

BMWのキドニーグリルは2023年で100周年。それはどう始まり、どう変化し、そしてこれからどこへ向かうのか。10の歴史的モデルとともに解説
BMWのキドニーグリルは2023年で100周年。それはどう始まり、どう変化し、そしてこれからどこへ向かうのか。10の歴史的モデルとともに解説

| BMWのキドニーグリルは見た目以上にその「意味」が大きく変化していた |この記事のもくじ| BMWのキドニーグリルは見た目以上にその「意味」が大きく変化していた |キドニーグリル、それはBMWのD ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5