ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

フルモデルチェンジ版 新型ポルシェ・パナメーラの試作車がニュルを走行!センターロックホイール装備、サルーンにおけるニュル絶対王者を狙うもよう【動画】

投稿日:

フルモデルチェンジ版 新型ポルシェ・パナメーラの試作車がニュルを走行!センターロックホイール装備、サルーンにおけるニュル絶対王者を狙うもよう

| 新型ポルシェ・パナメーラは今以上にタイカンとの性格的相違を拡大してくるはずだ |

一時はタイカンやカイエンに「GT5」を追加すると言われたこともあるが

さて、ニュルブルクリンクに次世代ポルシェ・パナメーラの試作車が登場。

次世代パナメーラはフルモデルチェンジ扱いとなり2023年に発表、2024年からの納車開始予定だと言われていますが、一時期はタイカンにその座を譲る形で消滅するのではと言われていたものの、その後ポルシェが自身が「タイカンとパナメーラとは棲み分けが可能であり、それぞれ異なるセグメントに属するクルマである」と明言しています。

ただ、タイカン発売後は明確にパナメーラの販売が減っているので、「タイカンがパナメーラの客を奪った」のは紛れもない事実であり、よって今後両者が住み分けるとなれば、現行モデルよりも大きな差異を与える必要があるのは間違いなさそう。

ポルシェ・パナメーラGTS
現行限りでタイカンにバトンタッチし終了と思われたパナメーラ。ポルシェCEOが「パナメーラが第3世代に移行して生き残る」可能性を示唆

| パナメーラとタイカンとをラインアップに揃えるのは無駄のようにも思えるが |この記事のもくじ| パナメーラとタイカンとをラインアップに揃えるのは無駄のようにも思えるが |普通に考えるとパナメーラとタ ...

続きを見る

新型パナメーラは「パフォーマンス」志向に?

そこでウワサされているのが、新型パナメーラは「パフォーマンス志向になるのでは」ということ。

もちろん「サルーンとしての快適性を残した上で」という但し書きがつくものの、タイカンはエレクトリックモデルという性質上、どうしても車体重量が重くなり、かつサーキット走行を行うとバッテリーが猛烈な勢いで消耗してしまいます。

ただ、パナメーラの次世代モデルは現行同様に「ガソリン」「ハイブリッド」という構成になるものと思われ、となるとガソリンモデルには「タイカンにはできない」サーキット志向のパフォーマンスを与えることで(タイカンとの)差別化を図り、おそらくは実際にサーキット走行を行う顧客はほとんどいないと知りつつも、イメージ戦略のためにパナメーラの運動性能をさらに向上させるのかもしれません。

2022-08-04 20.54.00

その証拠と言ってはなんですが、新型パナメーラのプロトタイプの中にはセンターロックホイールを装着しているものがあり、他社のサルーンはもちろん、現行パナメーラにも与えられないこの装備を持つということが「サーキットでのパフォーマンスを追求している」ということの証なのだと思われます。

なお、センターロックホイールはハブが小さくて済むので回転マスが小さい、ブレが小さい、ホイールのセンターを出しやすい、ホイールボルトが不要(しかしロックナットが必要になる)なので軽量といった特性があり、運動性能を第一義に考えたクルマには非常に有用です。

一方、ホイールナットをとてつもなく大きなトルクで締め付ける必要があること、そのために特殊な工具が必要であることなどから「普通のクルマ」には向いておらず、よほど割り切った考え方をするメーカーのみにしか採用されない構造でもありますね(実際のところ、メジャーメーカーだとポルシェとランボルギーニ以外ではほぼ採用されていない)。

2022-08-04 20.54.44

そしてもちろんポルシェは「走り以外のことは二の次」な自動車メーカーでもあるので、こういったサルーンにもセンターロックホイールを平気で採用するわけですが、そこまでやるのはもちろんAMG GT 4ドアクーペの「サルーンでのニュルブルクリンク最速」記録を更新したいからだと思われ、さらにいうと、AMG GT 4ドアクーペが次世代モデルに切り替わったとしても優位性を発揮できるだけのポテンシャルをもたせたいのだとも推測でき、そのひとつがこのセンターロックホイールなのだと思われます。

ニュルブルクリンクの最速ランキング
ニュルブルクリンク各セグメントの最速は?スポーツカー、SUV、改造車、コンパクトカー、エグゼクティブカー、ミッドレンジの1位を見てみよう

| ポルシェのトップ占有率は異常 |この記事のもくじ| ポルシェのトップ占有率は異常 |ただしメルセデスAMGもポルシェには負けていないニュルブルクリンク最速「コンパクトカー(Compact Cars ...

続きを見る

新型ポルシェ・パナメーラの試作車がニュルブルクリンクを走る動画はこちら

合わせて読みたい、超速サルーン関連投稿

【動画】新型ポルシェ・パナメーラ・ターボがニュルにて"エグゼクティブカー最速"の7:29を記録!ただしメルセデスAMG GT63には届かず

| 今後登場するであろうパナメーラ・ターボ”S”に期待するしかない |この記事のもくじ| 今後登場するであろうパナメーラ・ターボ”S”に期待するしかない |意外とメルセデス・ベンツはニュルブルクリンク ...

続きを見る

ジャガーがXE SVプロジェクト8にて「ニュル最速セダン」タイムを3秒更新!991.2世代のポルシェ911ターボSとほぼ同じタイム

| これを市販車と認めるのは難しいが、とにかく速いのはわかった | ジャガーは以前に「XE SVプロジェクト8」にて”ニュルブルクリンク最速セダン”の称号を獲得していますが、今回は自身の持つ記録である ...

続きを見る

【動画】メルセデスAMG GT 63Sがニュルで7:23を記録してポルシェパナメーラの持つ記録を破る!なぜメルセデスはこれほどまでにポルシェを目の敵にするのか

| とにかくメルセデス・ベンツはポルシェに勝たねばと考えているようだ |この記事のもくじ| とにかくメルセデス・ベンツはポルシェに勝たねばと考えているようだ |メルセデスAMG GT 63Sは「高級サ ...

続きを見る

参照:CarSpyMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5