ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

新型シビック・タイプR(FL5)を見てきた!(後編)インテリアの質感が著しく向上、さらにどこからどうみてもタイプRであることを主張

投稿日:

新型シビック・タイプR(FL5)を見てきた!(後編)インテリアの質感が著しく向上、さらにどこからどうみてもタイプRであることを主張

| 新型シビック・タイプRのインテリアは高級に、シンプルに、そして使いやすく |

おまけに相当な開放感と余裕が感じられ、普段遣いでも不満に思うことはないだろう

さて、新型シビック・タイプR(FL5)を見てきたシリーズ、今回は第二弾。

実車に触れる前、オフィシャルフォトのみでしか新型シビック・タイプRを見ていなかったときは「ちょっとスリムすぎるんじゃないか・・・」と考えていたものの、実車を見たら「何コレ・・・」というくらいワイドだったのは前回お伝えしたとおりです。

全体的には、無駄なフェイクパーツや「ガンダムっぽい」と言われたエアロパーツが排除されることでストイックさが強調され、本物だけが持つ凄みそしてオーラが感じられるクルマに仕上がっているもよう。

今回は前回お伝えできなかった部分について紹介してみたいと思います。

新型ホンダ・シビック・タイプRを見てきた!シンプルになりダミーダクトが無くなったぶん、本物だけが持つオーラと凄みを手に入れたようだ
新型ホンダ・シビック・タイプRを見てきた!シンプルになりダミーダクトが無くなったぶん、本物だけが持つオーラと凄みを手に入れたようだ

| ここ最近見たニューモデルの中ではいちばん光って見えるかもしれない |この記事のもくじ| ここ最近見たニューモデルの中ではいちばん光って見えるかもしれない |公式フォトではその魅力が伝わりにくいのが ...

続きを見る

新型シビック・タイプR(FL5)はとことん本気

まずは新型シビック・タイプRのホイールですが、先代シビック・タイプR(FK8)に比較して1インチダウンしているものの、逆にタイヤ幅は2センチアップ。

ニューモデルにてインチダウンというのはかなり珍しい(しかも新型シビック・タイプRはダウンサイジングしているわけではない)と思いますが、もちろんこれはホンダが走り込んだ結果「このほうがいい」と判断したということになり、この異例の変更にはもちろん「計り知れない理由」がありそうですね。

ちなみにホイールはリバースリムを採用し、エアバルブは見たことがない形状(ホイール表面を這うようにして横に出ている)、そして国産車には珍しい金属製(アルミ製?)のエアバルブを装備しています。

L1470881

フロントブレーキはブレンボ製、ディスクはフローティング構造です。

L1470879

こちらはリアブレーキ。

ベルとディスク部との境界に当たる部分が削り込まれていて、これは軽量化を意図したものかもしれません(そうだとしたら”おそるべし”でもある)。

L1470849

新型ホンダ・シビック・タイプRのインテリアはこうなっている

そしてここからは新型ホンダ・シビック・タイプRのインテリア。

標準仕様で「レッドとブラック」という刺激的なカラーリングを持っています。

L1470982

ステアリングホイールのグリップはブラックのアルカンターラ巻き、そしてレッドステッチ入り。

L1470937

センターパッドはかなり小ぶり。

L1470923

フロアはレッド、ペダルはアルミ製(かなり小さく、ペダルとペダルとの間隔に相当に余裕がある)。

L1470904

マットにも「Type R」のロゴが再現されます。

L1470926

シートはブラックとレッドのアルカンターラ、そしてブラック部分にはレッドのステッチ入り。

高い旋回Gに耐えうるよう、強化フレームに高硬度パッドを備えます。

L1470905

”タイプR”シート先端は「スプリット」。

もしかすると、この構造によって小柄な人でも太ももの裏の圧迫が減ってペダルそう探しやすくなるのかも。

ちなみにシート自体はかなり大きいと感じたので、シートサイズ・形状は全世界共通で、大柄な人(メインマーケトッとなりそうなアメリカ人)に基準を合わせているのかもしれません。

L1470930

シートの座面と背もたれ部分にはパンチング(パーフォレイト加工)が施されますが、その背面にはヘキサゴン(これはダッシュボードや、+Rモード時のメーター表示でも使用されている)。

L1470933

ヘッドレストには「Type R」の型押し。

L1470935

アームレストはブラックアルカンターラにレッドステッチ、カップホルダーはその前に2個分が備わります。

L1470938

ドアパネルのインナーにもブラックのアルカンターラにレッドステッチ。

L1470901

シートベルトは「レッド」。

L1470920

新型シビック・タイプRのダッシュボードは高い質感を持っている

そして新型シビック・タイプRのダッシュボードに採用されるのがホンダが新しく導入した「直線基調」のメッシュパネル。

実物を見ると非常に高い質感を持っており、このせいもあって新型シビック・タイプRの内装は「ワンランク以上」上級移行したという印象です。

L1470913

インフォテイメントスクリーンやエアコン関連ダイヤルの質感もまずまず。

L1470918

助手席側ダッシュボードにはシリアルナンバー。

L1470928

エアコンのルーバーはこのメッシュの内側に隠されており、レバーを用いて風向きを調整します。

L1470924

そしてこちらはアルミ削り出しのシフトノブ。

シフト機構自体は専用リンクを持っています。

L1470929

たしかにかなり操作しやすい、という印象(そうとうなショートストロークだが、しっかりシフトチェンジが決まる)。

L1470917

このほかの画像はfacebookページのアルバム「新型シビック・タイプR(FL5)」に保存しています(176枚)。

合わせて読みたい、新型シビック・タイプR関連投稿

セイコー・アストロンとホンダ・シビック・タイプRとのコラボ腕時計が300本限定にて発売!ちなみにアストロンはもっともボクが「買って後悔した」腕時計のひとつ
セイコー・アストロンとホンダ・シビック・タイプRとのコラボ腕時計が300本限定にて発売!ちなみにアストロンはもっともボクが「買って後悔した」腕時計のひとつ

| 腕時計本体のクオリティは悪くないが、ベルトのクオリティが非常に低く、そういった腕時計を発売する思想を理解することができない |この記事のもくじ| 腕時計本体のクオリティは悪くないが、ベルトのクオリ ...

続きを見る

新型ホンダ シビック タイプR発表!コンセプトは「アルティメイトスポーツ2.0」、最強最速、安定感と夢中になれる速さを目指す
新型ホンダ シビック タイプR発表!コンセプトは「アルティメイトスポーツ2.0」、最強最速、速さと走る喜びを極めたピュアスポーツ

| 新型ホンダ・シビック・タイプRは先代とは打って変わってシンプル、そしてクリーンに |この記事のもくじ| 新型ホンダ・シビック・タイプRは先代とは打って変わってシンプル、そしてクリーンに |ただしそ ...

続きを見る

何この「実効空力デバイス」? ホンダアクセスから新型シビック・タイプR(FL5)向けのカスタムパーツ一挙公開、カーボン製リアウイングはちょっとした見もの
何この「実効空力デバイス」? ホンダアクセスから新型シビック・タイプR(FL5)向けのカスタムパーツ一挙公開、カーボン製リアウイングはちょっとした見もの

| もしホンダ・シビック・タイプRを購入することがあれば、このリアウイングだけは絶対に装着したい |この記事のもくじ| もしホンダ・シビック・タイプRを購入することがあれば、このリアウイングだけは絶対 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5