ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA)

マツダが「RXヴィジョン コンセプト」発売に向け動く?新型FRスポーツカーと見られる特許が出願される

投稿日:

マツダが「RXヴィジョン コンセプト」発売に向け動く?新型FRスポーツカーと見られる特許が出願される

| マツダは2019年にも「スーパースポーツっぽい」特許を出願している |

少しづつだが、なんらかのプロジェクトがマツダ内部で進んでいるのは間違いなさそうだ

さて、マツダがまたまた新しい特許を申請したことが報じられ、「マツダがスーパースポーツを作るのでは」という観測が拡大しています。

なお、今回出願された特許申請は2020年1月16日に作成されたもので、内容としては「車両の後部構造(特許番号2021-112926)」。

これを見ると、2019年に出願されている「車体前部」の特許の後ろ半分だと考えることもでき、ちょっとづつ時間をかけながら「スーパースポーツ」が実現に向けて動き出しているのかもしれません。

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/1511 ...

続きを見る

現時点でわかっているのはこんな情報

参考までに、こちらが2019年に出願された「車体前部の構造」。

これを見るに、(素材は不明ですが)モノコック構造を持つキャビンに対し、パイプを用いて構成されたフロントサスペンション取付部、そしてその前の衝撃吸収用の構造材を確認できます。

この構造は一般的なクルマ(たとえマツダ・ロードスターやGR86/スバルBRZのようなスポーツカーであっても)とは全く異なるもので、むしろランボルギーニやマクラーレンといったスーパースポーツに近い構造です。

JUN
サスペンションはダブルウィッシュボーン、ドライブシャフトが通りそうにないので4WDではなさそうだ!

普通のクルマはこんな感じでフロントセクション~キャビン~リアセクションまでが「一体化」したモノコック構造を持ちますが・・・。

toyota-ch-r-high-rigidity-body

いわゆるスーパースポーツ(これはランボルギーニ・アヴェンタドール)は「キャビン+前後パイプフレーム(スペースフレーム)」という構成です。

そして、マツダの出願した特許を見る限りでは、「(マツダの新型スポーツカーが)スーパースポーツと同じ」フロント構造を持つということがわかりますね。

LAMBO-rolling_chassis_011

内燃機関を搭載することは間違いない

これらの特許がスポーツカーであるとして、気になるのはそのパワーユニット(つまりピュアエレクトリックなのかガソリンエンジンを積むのか)。

しかしながら今回明らかになった特許画像の一部によると、センタートンネルが設けられ、そこにはトランスミッションを格納するための拡がり、そしてシフトレバーが突き出るための穴も見られます(もしかするとマニュアル・トランスミッション搭載なのかも)。

1

なお、右側が車体後部となるため、トランスミッション搭載位置はフロントとなり、つまりトランスアクスルではない模様。

ただしこの車両が「ハイブリッド」である可能性も否定できず、もしかすると車体後部にバッテリーを積むなどして前後重量配分を改善しているのかもしれません(もしくは、ハイブリッド前提なのでフロントに積むエンジンが非常に小型軽量であり、フロントの荷重が小さいか)。

リアセクションはモノコックに近い

そして今回のもう一枚を見てみると、車体後部はまだ「スーパーカーでよくある構造」よりは「普通の車の構造」に近いようにも思えます。

ただ、ここで重要なのは、この図が2015年に発表された「RXヴィジョンコンセプト」に非常に近いこと(テールランプの切り欠きまでそっくり)。

よって、この特許画像が「RXヴィジョンコンセプト」の市販モデルを示唆する可能性も考えられ、実現には期待したいところです。

もちろん、自動車メーカーの出願・登録する特許は「すべてが製品化される」わけではなく、マツダの特許が文字通りの「絵に描いた餅」に終わる可能性もなきにしもあらずですが、実現すれば「フロントエンジン(ロータリーかどうかは不明)、フロントにスペースフレーム構造を持つFRクーペ(そしてマツダだけに美しいデザインが採用されるだろう)」となるのは間違いなく、高い戦闘力を誇るとも考えられますね。

合わせて読みたい、マツダの新型スポーツカーに関する特許関連投稿

なお、マツダはこれまでにもスポーツカーに関連する特許をいくつか出願。

ここでその一部を見てみましょう。

マツダがまたまた特許取得、今回は「上に開く」スポーツカー用ドア。RX-9に採用か?

| マツダは水面下でスポーツカーを開発中? | 東京モーターショーに「RX-9」を展示すると言われるマツダですが、新たにドアに関する特許を取得。内容は「ドア」に関するもので、ドアの形状を見ると(後ろの ...

続きを見る

マツダが格好良い格納式リアスポイラーの特許出願。先日の「ドア」とあわせてRX-9に採用?

積極的に特許取得中のマツダ。ローターリー以外にボディパーツも マツダはエンジン(ロータリー/レシプロ)関連にて積極的に特許を取得しているものの、最近では「ガルウイング(正確にはスワンスイング)」ドアの ...

続きを見る

マツダがコンパクトな直6エンジン、抵抗の少ない自動変速機の特許を出願!新型スポーツカーに向けた準備か

| 加えて今後のマツダ上位モデル、トヨタ車への搭載もありそうだ |この記事のもくじ| 加えて今後のマツダ上位モデル、トヨタ車への搭載もありそうだ |6気筒エンジンに関する特許はエンジンユニットのコンパ ...

続きを見る

参照:Jalopnik

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5