ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサス「スピンドルグリル」は10周年!最初に登場したのは2012年のレクサスGS、これまでスピンドルグリルはこういった変遷を遂げてきた

投稿日:2022/08/13 更新日:

レクサス「スピンドルグリル」は10周年!最初に登場したのは2012年のレクサスGS、これまでスピンドルグリルはこういった変遷を遂げてきた

| こうやって見ると、スピンドルグリルは時代にあわせて微妙に変化している |

そして新しいデザインになるにつれ、その存在感が希薄になっているようだ

さて、レクサスが「スピンドルグリルを採用して10年が経過した」とコメント。

ここでいうスピンドルとは「糸巻き」のことを指しているものと思われ、紡績業にルーツを持つトヨタの歴史を表現していると言われていますが、レクサスのデザイン部主幹によると、「糸巻きとは関係がない」。

じゃあ何なのといえば「効率よくエアを取り込むため」だそうで、2012年に登場したレクサスGSにてはじめて採用され、このときに「スピンドルグリル」なる名称が用いられています。

2022-08-12 21.11.12

ここに至るまでは試行錯誤があったようだ

そしてレクサスによると、スピンドルグリルの成り立ちは2007年のレクサスIS Fを抜きに語ることはできず、423馬力を発生するパワフルなエンジンを冷却するためにフロントバンパーのロワー(下側)グリルの下辺を左右に広げて「台形」としたことが発端なのだそう(それまでは逆台形だった)。

なお、この時点でもフロントのアッパーグリルとロワーグリルとを繋ぐべくフロントバンパーにプレスラインが入っていることがわかりますが、この時からすでに上下グリルを連続させるという庵があったことがわかります。

さらにこの後のレクサスCTでは一層この傾向が強くなり、ついには上のレクサスGS(2012)にてはじめてスピンドルグリルが名実ともに登場することになるわけですね。

2022-08-12 21.13.39

そして2015年のフェイスリフトにおいてはレクサスGSのスピンドルグリルが完全にドッキング。

2022-08-12 21.21.50

さらに2017年のレクサスLSではグリル内が単調なメッシュではなくスピンドルグリルに沿った3次元的なメッシュへと切り替わっており、さらにはグリル周辺の形状もバンパーやヘッドライトと統合した”立体的な”デザインへ。

レクサスLS

スピンドルグリルは車種に合わせた変化を遂げる

その後さらにスピンドルグリルは変化を続けており、レクサスLCだとこう。

レクサスUXではSUVということを考慮してかメッシュの存在感がやや強く。

そしてグリル含むフロント中央が外側に向けて「膨らんだ」ようなデザインへと変更されていますね。

2022-08-12 21.30.59

NXでは「フレームレス」へと近づきます(同時に上の逆台形部分が小さくなっている)。

2022-08-12 21.30.20

ISではさらに上が小さく。

big_3277974_202006230039140000001

LXでは完全にフレームレスとなり、新しくルーバーを用いたデザインが採用。

なお、LXではこのルーバーがボディパネル形状に沿った曲線を持っており、ボディと一体化しつつあることがわかります。

img_9fe25fce8e250419119236f43b19cd34127742

スピンドルグリルからスピンドルボディへ

そしてレクサスは2020年頃から「スピンドルグリル」ではなく「スピンドルボディ」という考え方を導入しますが、これはおそらく「電動化」によってグリルが不要となる時代を見据えた行動だと思われ、そういった時代でも表現できる「スピンドル」を考えたのかもしれません。

たとえばレクサスLF30エレクトリファイドだとこんな感じ。

20191023_01_23_s

レクサスLF30エレクトリファイド
レクサスLF-30エレクトリファイド発表!2030年のレクサスをイメージした、「ガソリン車では不可能なレベルに達した」高級EV

| なおスピンドルグリルは立体化し、もはやボディの一部に | レクサスが、先日よりティーザーキャンペーンを展開していた新型コンセプトカー「LF-30 Elictrified(エレクトリファイド)」を公 ...

続きを見る

こちらはレクサス・エレクトリファイドSUV。

完全に「グリル」としてのスピンドルが消滅し、しかし立体的な糸巻きが再現されているように思います。

レクサスが新型「エレクトリファイドSUV」の画像を公開!ボクシーなデザインを採用しRZの「上」、さらに余裕のあるラージサイズSUVか

レクサスが新型「エレクトリファイドSUV」の画像を公開!ボクシーなデザインを採用しRZの「上」、さらに余裕のあるラージサイズSUVか
レクサスが新型「エレクトリファイドSUV」の画像を追加公開!ボクシーなデザインを採用しRZの「上」?あわせて「エレクトリファイド セダン」の新画像も

| 今後のレクサスは新しいデザインを採用、そしてモデルごとの差異を拡大? |この記事のもくじ| 今後のレクサスは新しいデザインを採用、そしてモデルごとの差異を拡大? |レクサスは順番に「未来のレクサス ...

続きを見る

レクサス・エレクトリファイド・スポーツだとこう。

こちらはまた異なる解釈のスピンドルということになりそうですね。

273164729_1864300930439572_5552534404734651537_n

【動画】レクサスが「エレクトリファイド スポーツ」の動画と追加画像を公開!見れば見るほどLFA後継としか思えない。なお新世代レクサスはスポーツ系とSUV系でデザインを切り分けるもよう
【動画】レクサスが「エレクトリファイド スポーツ」の動画と追加画像を公開!見れば見るほどLFA後継としか思えない。なお新世代レクサスはスポーツ系とSUV系でデザインを切り分けるもよう

| レクサス・エレクトリファイド・スポーツにはLFAだけではなくトヨタ2000GTの要素も入っているようだ |この記事のもくじ| レクサス・エレクトリファイド・スポーツにはLFAだけではなくトヨタ20 ...

続きを見る

そしてピュアエレクトリックモデルのレクサスRZは一連の流れを汲んだ「立体的な」スピンドルグリル。

Lexus-RZ-450e-17

新型レクサスRZ 450eついに発表!スピンドルグリルを捨てて「スピンドルボディ」へと昇華、駆動方式は4WD、出力は313馬力、航続距離は450km
新型レクサスRZ 450eついに発表!スピンドルグリルを捨てて「スピンドルボディ」へと昇華、駆動方式は4WD、出力は313馬力、航続距離は450km

| レクサスRZの駆動方式は4WDのみ、残念ながら価格情報は発表されていない |この記事のもくじ| レクサスRZの駆動方式は4WDのみ、残念ながら価格情報は発表されていない |生産開始時期や注文方法も ...

続きを見る

レクサスRXだとまだガソリンエンジンが残っているのでエアを取り込めるような構造を持ちますが、それでもグリルとボディとが一体化したデザインを持っているようですね。

2022.03.28

レクサスがフリモデルチェンジ版 新型RXを公開!「もっとも人気のあるレクサス」だからこそ保守ではなく変革に挑戦、その意気込みを見てみよう
レクサスがフルモデルチェンジ版 新型RXを公開!「もっとも人気のあるレクサス」だからこそ保守ではなく変革に挑戦、その意気込みを見てみよう

| レクサスは「新世代デザイン」をガソリン、エレクトリックの隔てなく採用するようだ |この記事のもくじ| レクサスは「新世代デザイン」をガソリン、エレクトリックの隔てなく採用するようだ |今回のモデル ...

続きを見る

スピンドルグリル番外編

そしてこちらはスピンドルグリルの番外編。

レクサスは映画にも協賛することが多く、これはメン・イン・ブラック:インターナショナル(2019)」に登場したエージェント専用の「QZ618 ギャラクティック・エンフォーサー」。

レクサスRCが変形するという設定ですが、しっかりスピンドルグリルが主張していますね。

Lexus-QZ-618-Galactic-Enforcer-jet-Men-in-Black-International-03

こちらはヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017)に登場のレクサス・スカイジェットSJ1800。

なかなかにヤバいルックスを持っていると思います。

レクサスのスカイジェット

そしてレクサスのショールームではデスク、カーペットの柄、壁の模様など様々なものが「スピンドルグリル」。

DSC03693

合わせて読みたい、レクサスとスピンドルグリル関連投稿

レクサスUX
「レクサスは、なぜあんなにデカい口をあけているのか」。そのスピンドルグリルの秘密に迫る!

| レクサス「スピンドルグリル」の秘密に迫る | GQジャパンにて、「レクサスは、なぜあんなにデカい口をあけているのか?」という記事が公開に。 デカイい口、つまりはスピンドルグリルを指しますが、このス ...

続きを見る

レクサス
レクサスはなぜスピンドルグリルを廃止し、スピンドルボディへと移行したのか?「ダース・ベイダーやプレデターのようだという酷評に耐えられなかったのだ・・・」

| たしかにスピンドルグリルは多くの人に酷評されたが、同時に一部の人を強烈に惹きつけた |この記事のもくじ| たしかにスピンドルグリルは多くの人に酷評されたが、同時に一部の人を強烈に惹きつけた |それ ...

続きを見る

レクサス販売幹部が本心吐露。「最近のレクサスデザインには顧客がついてこれない。とくにスピンドルグリル」

| レクサスの最新デザインはブランディングに逆効果か? |この記事のもくじ| レクサスの最新デザインはブランディングに逆効果か? |LF1登場以降、その傾向は顕著にアヴァンギャルドなデザインは若年層へ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5