ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイはレトロルックを追求?1986年に発売した最高級車「グランディア」を自ら最新技術を用いつつもレストモッド。ディストピア映画に登場しそう

投稿日:2021/11/21 更新日:

ヒュンダイはレトロルックを追求?1986年に発売した最高級車「グランディア」を自ら最新技術を用いつつもレストモッド。ディストピア映画に登場しそう

| やっぱりヒュンダイはなかなかやるじゃない |

コンセプトカーといえど、現在のヒュンダイ車に採用される技術との関連性もあるようだ

ヒュンダイ(ヒョンデ)が自社にて1986年にデビューした(当時の)フラッグシップモデル「グランディア」をレストモッド。

これはグランディア誕生35周年を記念したプロジェクトであり、完成したクルマは「ヒュンダイ・ヘリテージ・シリーズ・グランディア」と命名されることに。

なお、ヒュンダイは少し前にも、1970年代に製造していたコンパクトカー「ポニー」をレストモッドした車両を公開していて、現在同社では「自社製品のレストモッド」がちょっとしたブームなのかもしれません。

ヒュンダイ・ポニーEV
スピードメーターはなんとニキシー管!ヒュンダイが1970年代に製造していた自社のクルマ「ポニー」をレストモッド

| なかなかやるじゃないかヒュンダイ |この記事のもくじ| なかなかやるじゃないかヒュンダイ |現在はヒュンダイのカスタマーセンターに展示中ヒュンダイ・ポニーEVは「レトロフューチャー」ヒュンダイ・ポ ...

続きを見る

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (8)

車体はそのままに細部を現代風に

このヒュンダイ・ヘリテージ・シリーズ・グランディアについて、ボディ形状は「当時のまま」を維持しており、しかしグリル、ホイール、モールディング、サイドミラーなどが現代風に。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (11)

加えて、ヒュンダイがアイオニック5にて初採用し、その後は高級ミニバン「スターリア」のテールランプにも採用した「ピクセルLED」をヘッドライトそしてテールランプに用いています。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (12)

ヒュンダイ・スターリア
ヒュンダイが高級ミニバン市場に「スターリア」にて殴り込み!レクサスLM、トヨタ・アルファードの牙城を崩せるか?

| ヒュンダイはレクサス/トヨタとは全く異なる手法にて「高級」を表現 |この記事のもくじ| ヒュンダイはレクサス/トヨタとは全く異なる手法にて「高級」を表現 |そのデザインは「市販車離れ」している新型 ...

続きを見る

ヒュンダイ・ヘリテージ・シリーズ・グランディアの真髄はインテリアにあった

そしてこのヒュンダイ・ヘリテージ・シリーズ・グランディア最大の見所はインテリアにあり、やはりインテリアも「最新テクノロジーを用いてレトロを表現」。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept

シートは前後とも昔っぽい「ベロア」仕上げ。※日本の自動車メーカーが同様のレストモッドを行ったら、レースのシートカバーが再現されるのかもしれない

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (3)

ルーフにはLEDとインフィニティミラーを用いたシャンデリアっぽい照明も装着され、もちろん発光色はレトロなオレンジ。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (6)

シートバックにはレザーのような素材が用いられ、コルセットのように紐で縛り上げる構造が用いられています。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (2)

メーター、ダッシュボード、ステアリングホイールは最新のテクノロジーを用いつつも「レトロ」。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (1)

センターコンソールにはスイッチ類がなく、かわりに備わるのはタッチ式ディスプレイ。

航空機のスロットルレバーのように見えるのは走行モードのセレクターだと思われます(このヘリテージ・シリーズ・グランディアのパワートレーンはピュアエレクトリックに換装されている)。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (4)

センターコンソールの小物入れにはスライド構造が用いられ、内側にはレトロな布地が貼られます。

なお、深いブラシ仕上げがなされた金属が内装のあちこちに見られるようですね。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (7)

ウインドウ昇降スイッチもちょっとレトロ。

ドアポケットは高級家具のような作りを持っています。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (5)

このヒュンダイ・ヘリテージ・シリーズ・グランディアは上述のとおり「ポニー」に続くヘリテージシリーズの第二弾。

そして「ヘリテージ・シリーズ」と銘打つからには今後第三弾や第四弾が登場するものと思われ、次回作にも期待したいところです。

hyundai-heritage-series-grandeur-concept (9)

合わせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

ヒュンダイ・エラントラN
ヒュンダイがアグレッシブ過ぎるデザインを持つ「エラントラN」を発表!最近のヒュンダイはデザインがなかなかイケてるようだ

| おそらく実車のインパクトはかなりのものだと思われる |この記事のもくじ| おそらく実車のインパクトはかなりのものだと思われる |デザインだけなら現在のヒュンダイはかなりいい線を行っているヒュンダイ ...

続きを見る

ヒュンダイの新型EV、アイオニック5がなんと発表初日に完売
ヒュンダイの新型EV、アイオニック5がなんと発表初日に完売!韓国車として「最多販売記録」を樹立する

| アイオニック5の「求めやすい」価格設定も奏功したようだ |この記事のもくじ| アイオニック5の「求めやすい」価格設定も奏功したようだ |ヒュンダイ・アイオニック5の納車は4月からヒュンダイのEVと ...

続きを見る

「アイオニック5」が大人気のヒュンダイ!次なる一手としてウナギイヌっぽいデザインを持つ「プロフェシー」をアイオニック6として発売
「アイオニック5」が大人気のヒュンダイ!次なる一手としてウナギイヌっぽいデザインを持つ「プロフェシー」をアイオニック6として発売する模様

| ヒュンダイは個々のクルマに個別のデザインを与えて個性を強調するようだ |この記事のもくじ| ヒュンダイは個々のクルマに個別のデザインを与えて個性を強調するようだ |アイオニック6はまったく異なるデ ...

続きを見る

参照:Hyundai

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->韓国の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5