>ミニ(MINI)

ミニが2020年モデルのJCW「クラブマン」「クロスオーバー」発表!出力は75PS向上して306PSへ、ポルシェ718ケイマン/ボクスターよりも速い加速タイムを実現

投稿日:

| その運動性能はまさに驚異的 |

ミニが2020年モデルのジョンクーパーワークス(JCW)クラブマン、そしてクロスオーバーを公開。
クラブマンは先日「初の」フェイスリフト(マイナーチェンジ)を迎えていますが、そのフェイスリフト版にハイパフォーマンスバージョン、”JCW”が追加されたということになりますね。

外観についてはほぼ変更はなく、クラブマン・ジョン・クーパー・ワークスのフロントグリルデザインが変更された(前部メッシュっぽくなった)くらい。

最大の変更はボンネット内にある

新型クラブマンJCW、クロスオーバーJCWのもっとも大きな変更は「エンジン」。
従来型同様2リッター4気筒ターボながらも大きく改良され、なんと306PSを発生。
これは現行の231PSに比較すると75PSもの向上となり、フルモデルチェンジであればまだしも、フェイスリフトでここまで性能が向上するのは非常に稀だと思います。

6262c80c-mini-jcw-countryman-7

これによって0−100キロ加速は1.4秒速くなって4.9秒へと向上していますが、なんとこれはポルシェ718ケイマン/ボクスターの「5.1秒」よりも速いタイム。

071c5c80-2020-mini-john-cooper-works-clubman-4

トランスミッションは8速AT「ステップトロニック・スポーツ・トランスミッション」。
このトランスミッションは変速スピードや静粛性において大きな向上があるといい、電制デフとの組み合わせによってトルクの伝達性能を飛躍的に向上させている、とのこと。

b6ee909b-2020-mini-john-cooper-works-clubman-2

この走行性能の向上にあわせてブレーキシステムもアップグレードされ、リアのブレーキは「4ピストン」が与えられているようですね。
なお、スポーツエキゾーストシステムも改良を受けているとアナウンスされています。

d62644d5-2020-mini-john-cooper-works-clubman-1

価格についてはアナウンスはなく、しかし日本においても導入された際には現行のクラブマン・ジョン・クーパー・ワークス(510万円)、クロスオーバー・ジョン・クーパー・ワークス(579万円)より高価になるのは間違いなさそう。

クロスオーバーJCWについては600万円の大台に突入する可能性もありますが、「ミニも恐ろしく値段が上がってしまったな」と思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ミニ(MINI)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.