>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

なぜだッ!日産は日本国内で新型ジュークを導入しないと発表。気になる現行ジュークの行方、そして日産が2022年までに「新型ジュークの代わりに発売するクルマ」とは?

| 現行ジュークはイギリスと日本で生産、新型ジュークの生産はイギリスのみ | 報道によると、日産は新型ジュークを国内へと導入しない、とのこと。この主な理由としては日本国内で小型SUVの競争が激しくなっているということを挙げていますが、ジュークを投入しないかわりに、新しくBセグメントのSUVを投入するとしています。そして、このBセグメントの新型SUVについては先進技術を装備した「競争力のある」モデルだとしており、つまり「ジュークよりも競争力がある」SUVだと考えて良さそう。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】レクサスLFAはなぜ特別なのか?今なお色褪せないLFAのレビューを米メディアが公開

| 生産終了から7年経つのが信じられない | ドーナツメディアがレクサスLFAのレビューを公開。ドーナツメディアはこれまでに様々なカスタムカーのレビューを公開しているものの、「ノーマル」を対象とするのはけっこう珍しい、と思います。なお動画では実際にエンジンをスタートさせ、その甘美なサウンドを披露していますが、レクサスLFAのサウンドチューニングはヤマハがチューンしており、世界でもっとも美しいサウンドを奏でるスポーツカーだとも言われていますね。 【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

インスタグラムでもっとも投稿されているスーパーカーは?1位はランボルギーニ・」アヴァンタドールなるもフェラーリはベスト15に最多の4台を送り込む

| 検索や投稿だとランボルギーニの方がフェラーリを上回ることが多い | CompareTheMarket.comが「インスタグラムにて、もっとも多くのハッシュタグがみられるスーパーカー」を公開。以前にも同様のランキングが公開されており、それによると1位はフォード・マスタング、2位はホンダ・シビックでしたが、今回は”スーパーカーに限って”というランキングとなっています。インスタグラム上では、どういったスーパーカーの人気が高いのかを見てみましょう。 あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クル ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・セナにリコール。「ケーブルと金属パーツが接触しケーブル破損の可能性。最悪はエンジンストール」。”炎上”については今のところ触れられず

| 現在、リコールはオーストラリア市場のみ | マクラーレンが、オーストラリアにて「セナ」に対してリコールを届け出。不具合の内容としてはエンジンのハーネスがメタルリンクパーツと接触してダメージを受けることがある、というもの。もしダメージを受けた場合はエンジンの失火やストール、エキゾーストシステムの断裂やパワーダウンを誘発し、事故の可能性がある、としています。もちろんこういった症状は「最悪」の場合だと思いますが、ケーブルの損傷でここまでの問題が出るのか、と思うと恐ろしくもあり、その重要性もわかります。 こち ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI)

【動画】日米欧オフローダー10車勝ち抜きバトル!スバルXV5位、ジムニー4位、1位はランドクルーザー

| オフローダーにおいても日本車は価格性能比が優れているようだ | What Car?が日米欧のオフローダー10車種を集めて悪路走行を行い、その走行性能をテスト。最終的にはそれらをランク付けしていますが、そのランキングには「価格性能比」も含まれ、消費者目線の”公平な”判定となっています。参加するメンバーはスズキ・ジムニー、ダチア・ダスター、ジープ・レネゲード、スバルXV、トヨタ・ランドクルーザー(プラド)、三菱ショーグン・スポーツ、ジープ・ラングラー、ランドローバー・ディスカバリー、レンジローバー、そして ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】アメリカで14台しかない「合法に登録したR34 GT-R」のうち一台に乗る男!ポルシェ、レクサスLFA等が収まるガレージを見てみよう

| レクサスLFAのリアウイング動作は初めて見た | おなじみユーチューバー、Shmee150氏がアメリカのカーコレクターを訪問するシリーズ。今回はかなりカジュアルなガレージを紹介しており、ポルシェの他には日産、トヨタといったクルマを収めています。なお、ポルシェだと991世代の911カレラ、そして911GT2 RSが見られますが、911GT2RSはこんな感じで「戦闘機風」にラッピング。911、そしてGT2 RSにこういったラッピングを施すのはかなり珍しいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿10選海の向 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】フェラーリ488にリバティーウォークのワイドボディを装着して直管仕様に!セレブ御用達ショップのやることは思い切りが違う

| お金を持っている顧客はなんでも自由にやらせてくれるようだ | アメリカ周遊中のユーチューバー、Shmee150氏がアメリカのチューニングショップ、RDB LAを訪問。その目的は「直管仕様、リバティーウォークのオーバーフェンダーを装着したフェラーリ488GTB」を見るためであったようですね。そしてこのフェラーリ488GTBはノヴィテック製のダウンサスを装着し、思いっきり車高を落とすなど完全な「西海岸仕様」となっています。 こちらもオススメ、関連投稿10選この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

ネットフリックス「ハイパードライブ」に登場するマツダRX-7のカスタムがスゴいと話題に。なおドライバーは数学教師

| ハイパードライブはよほどクルマと人間がタフでないと走れそうにない | ネットフリックスの新コンテンツ、「ハイパードライブ」。ネットフリックスによると「 腕に自信のある世界各国の走り屋たちが、思い思いに改造したカスタム車に乗って挑むのは、世界屈指の巨大自動車障害物コース。それはまさに、自己の限界への挑戦 」とあり、わかりやすく言うと自動車版SASUKEみたいなもの。いかにもアメリカっぽい内容ではありますが、ぼくはこういった「信じるのは自分の腕とクルマのみ」、そして不可能にチャレンジするという状況が大好き ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「我々のコアは軽量性だ。それが実現できない以上、ピュアエレクトリックスーパーカーには手を出さない」

| マクラーレンはエレクトリック化に積極的だが、それでも”NO” | マクラーレンが「エレクトリックハイパーカーについては急いでおらず、今のところは具体的な計画はない」とコメント。これはオーストラリアのカーメディア、Car Salesに対してマクラーレンのマーケティング部門のボス、ジェイミー・コースターフィン氏が語ったもので、「マクラーレンにとって今、最も重視すべきは軽量性だ。それはエレクトリックモデルであっても変わらない。ただ、エレクトリックモデルは現在の技術ではどうしても「重く」なってしまう。よって、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >その他アメリカ車

ジープ「GT-Rのオーナーが次々とグランドチェロキー・トラックホークに乗り換えている」。たしかにパワーウエイトレシオは両者とも同じ3.14

| ジープ・トラックホークは「便利な日産GT-R」? |  ジープはグランドチェロキーのトップレンジとして「トラックホーク」を設定しており、これは6.2リッターV8/710馬力のHEMIエンジンを搭載するモンスターSUV。現在SUV最強の部類としてはランボルギーニ・ウルスが存在しますが、こちらは「650馬力」にとどまり、実を言えば出力についてはグランドチェロキー・トラックホークのほうが上。さらにグランドチェロキー・トラックホークはブレンボ製のブレーキセット、20インチホイール、ビルシュタイン製のアダプティ ...

ReadMore



>シボレー(CHEVROLET)

コルベットのミドシップ化に要したのは60年。途中で「ロータリエンジン搭載」モデル、「デロリアン」の元祖とも言えるモデルもあった!

投稿日:2019/07/20 更新日:

| ここまで多くのプロトタイプが作られながらも「60年」かかったのは実に不思議 |

さて、シボレーはミドシップレイアウトを採用した新型C8コルベット・スティングレイを発表しましたが、この「ミドシップ化」は、コルベットの主要開発者、ゾーラ・アーカス・ダントフが(イタリアンスーパースポーツに対抗すべく)1950年代終わりから進めてきたもの。

ただ、これまでもいくつかのプロトタイプが製造されながらも、結局のところ市販モデルではミドシップ化されるに至らず、今回「ほぼ60年の歳月を経て」ようやくミドシップ化されたわけですね。

これまでミドシップ化ができなかった理由としては「コスト」が最大の要因だと言われますが、それでも今回ミドシップ化したということは「これ以上はフロントエンジンだと競争力を発揮できない」とGMが判断し、コストを投じることにしたということなのだと思われます。

最初のミドシップコルベットは1959年のCERV I

コルベットが誕生したのは1954年で、最初の「ミドシップ」コルベットが試作されたのは1959年。
これはCERVⅠ(CERV= Chevrolet Engineering Research Vehicle)と命名されており、その姿はコルベットというよりはレーシングカー。

ゾーラ・アーカス・ダントフは1953年にシボレーへと加入し、C1世代の開発からコルベットに関わってきた人物ですが、C1コルベットの挙動に不満を感じ、これを正すにはミドシップ化しかない、という信念を持っていた人物。

よってコルベットのエンジン(大きく改造されている)そしてリアサスペンションを流用したCERVⅠを製作し、テストを行っています。
画像を見ると、非常にコンパクトなクルマであることがわかりますね(これにV8エンジンを積んで走っていたかと思うと、ちょっと怖い)。

このクルマは製造から2年間ずっと存在を隠されており、その後も公式レースに参戦したことはないという、まさに「幻のクルマ」。

59-chevy-cerv1-dv-18_sj-a01

CERV IIはもしかするとフォードGTとル・マンで戦っていた可能性も

その後に登場したのが1964年のCERV II。
これはCERV Iとは異なってル・マン24時間レースへの出場を考慮したもので、6台が製造される予定だったものの、1台が製造された後にGMがモータースポーツ活動から撤退してしまい、それに続く生産がなされずに「1台のみ」がただ存在することに。

その後は個人のコレクターに売却され、2013年にはRMサザビーズ開催のオークションにて、約1億2000万円という高額を記録し落札されています。

「竹ヤリ」がなんとも言えない迫力を醸し出していますね。

Mid-Engine-Corvette-History-41

XP-880アストロII(1968)は快適なツーリングカーだった

そしてゾーラ・アーカス・ダントフはさらに「第三世代」のミドシップコルベットを製作。
デザインはビル・ミッチェル(コルベットのデザイナー)で、この「XP-88- Astro IIはショーカーとして展示されることに。

そしてCERV I/CERV IIと異なるのは、レーシングカーではなく公道走行可能なスポーツカーとして設計されていることで、ラゲッジスペースの設置や快適性も考慮されています。

エンジンは390馬力を発生するV8で、これを車体中央にマウントしていますが、ミドシップとは思えないスマートさを持っていますね。

a9be2e7d294db975674e365193dffb90

XP-882はオイルショックで計画が頓挫した悲運のコンセプトカー

そしてさらにゾーラ・アーカス・ダントフはXP-882を1968年から製造開始。
なお、このプロジェクトを招集したのはジョン・ザッカリー・デロリアン。
言うまでもなく映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にタイムマシンとして登場したデロリアンを後に(独立して)製造販売することになる人物ですね。

そして完成したXP-882は1970年のニューヨーク・オートショーにて展示されて高い評価を獲得し、市販化に向けて動き出したものの、1973年に起きた「第一次石油ショック」の影響でその後プロジェクトは頓挫することに。

chevrolet_corvette_xp-882_concept_car

フルアルミボディの「レイノルズ・アルミニウム・コルベット」も存在

その後登場したのはXP-895で、これはXP-882の発展型。
欧州を意識したデザインに改められていますが、重量が重くなってしまい、GMのサプライヤーであった「レイノルズ」によるアルミ製ボディへと変更されたのが「レイノルズ・アルミニウム・コルベット(1973)」。

レイノルズ・アルミニウム・コルベットは現在GMのヘリテージセンターに所蔵され、XP-895は別の「何か」に換装されたと報じられています。

77

なんとロータリーエンジン搭載のコルベットも製作されていた

さらにミドシップコルベットの歴史は継続し、1973年にはXP-897GTが完成。
このコルベットの特徴はピニンファリーナによるデザインを持っていたこと、そして「2ローター」のロータリーエンジンを持っていたこと、そしてポルシェ初の市販ミドシップカー「914」のシャシーを流用していたこと。

なお、このXP-897GTは後にエンジン型式に因んで「2ローターコルベット」へと改名され、1973年のフランクフルト・モーターショーに登場しています。

最初はシルバーのボディカラーを持っていたものの、後にこのレッドへと改められています(ポンティアック・トランザムもしくは日産Z31フェアレディZのように見える)。

two-rotor-trendsetter-1

なお、ロータリーエンジンというとマツダが開発したものと思われがちですが、実はドイツのフェリクス・ヴァンケルというエンジニアが開発したもので、そのため欧州では「ヴァンケル・エンジン」という呼び方のほうが一般的。
このヴァンケル・エンジンについては、GMのほか、メルセデス・ベンツも実用化に挑戦したものの、「実用化に成功したのがマツダだけ」ということになります。

そして同年(1973)には4ローター・コルベットも

そして同年にはガルウイングドアと4ローター・ロータリーエンジン(420馬力)を持つ「4ローター・コルベット」も登場。

「ミドシップ」「アルミボディ」「ガルウイング」はその後ジョン・ザッカリー・デロリアンが「デロリアンDMC-12」で実現した「ほぼそのまま(デロリアンのボディはステンレス合金)」で、となるとデロリアンはコルベットのミドシップ化プロジェクトの派生だと考えて良いのかもしれません(ジョン・ザッカリー・デロリアンがそこで着想を得てデロリアンを設計した)。

なお、ジョン・ザッカリー・デロリアンはGMを退社して1975年にデロリアン・モーター・カンパニーを設立し、そこで開発を進めて1981年に発売したのがデロリアン、もしくはバック・トゥ・ザ・フューチャーのタイムマシンとして知られる「DMC-12」ですね。

1970年代後半、ついにミドシップコルベットの発売チャンスが到来

その後しばらくは「コルベットのミドシップ」化プロジェクトは途絶え(ジョン・デロリアンが退社したからかも)、しかし1977年にGMはXP-895のパワートレインに新しいボディを架装した「エアロヴェット(Aerovette)」を発表。

実際に4世代目のコルベットして、そして1980年モデルとして市販される予定だったものの、ビル・ミッチェル、ゾーラ・アーカス・ダントフ両名がGMを去ったため、またコスト高を理由にこの計画は実現せず、代わりにフロントエンジンのコルベットが「C4」として発売されることに。

Chevrolet-XP-882-Aerovette-15

1980年代に「コンセプトカー」としてミドシップコルベットが復活

1980年代に入ると技術革新が著しく、アクティブサスペンションや4輪ステアリング、ABS、トラクションコントロール等が登場。
そういった状況の中でGMは「技術の見本市」として1986年に「コルベット・インディ」を発表。

これは純粋なコンセプトカーであったとされ、2.65リッターV8ツインターボから600馬力を発生するなど、現代においても通用しそうなパフォーマンスを持っています。

Corvette Indy Concept

そして1990年に発表されたCERV-IIIはシボレー・コルベット・インディの派生モデルで、より「ロードカー寄り」の装備や機能が与えられています。
エンジンは5.7リッターV8(LT5)で650馬力を発生。

車体はロータスによって開発されたカーボンファイバーで、こちらも「現代基準の」スーパースポーツだと言えそうです。

なお、このCERVは1996年に「IV」が発表されるものの、こちらは「フロントエンジン」へと変換されています。

corvette_cerv_iii_5

こうやって見ると、ミドシップコルベットのコンセプトカーは「ブルー」「シルバー」「レッド」のみということに気づきます。

C8世代のコルベット発表時のイメージカラーは「レッド」のようですが、これは「コルベットのミドシップ化への道のり」へのオマージュなのかもしれませんね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.