>マツダ(MAZDA)

マツダが北米にてロードスター(CX-5)に対しリコール届け出。「アンダーカバーが脱落し他のクルマにヒットして事故を招く可能性」

投稿日:2019/07/31 更新日:

| ロードスターは先日の「勝手にシフトダウン」に続いて2件目のリコール |

マツダが北米にて、2016年モデルのロードスター(MX-5)にリコールを届け出。
これはアメリカ合衆国運輸局(NHTSA=National Highway Traffic Safety Administration)への届出内容から明らかになったもので、溶接強度と取り付けの問題にて、「スキッドプレート」と「メタルブラケット」が車両の裏側から脱落する可能性がある、とのこと。

対策パーツはすでに用意され、問題がないことも立証ずみ

この脱落によって車両の走行性能になんらかの影響が生じることはないそうですが、落ちてしまったパーツが他のクルマに接触することで事故を引き起こす可能性がある、ということでのリコールだそう。

なお、車両に影響がない、そして車両の裏面だけに「脱落してもロードスターオーナーはそれに気づかない」可能性も高く、しかしマツダによると「脱落時の金属音でそれとわかる」としています。

現在のところこの問題による事故、そして怪我などはないそうですが、ちょっと変わったリコールではありますね。

対象となるのは2015年5月26日から6月6日にかけて製造されたロードスターで、比率としてはロードスターのわずか1%。
対策としては十分な強度を持つスキッドプレートを無償で取り替えることになりますが、この対策品はすでに生産中の車両に取り付けられていて、問題がないことも実証れているそうです。

あわせて読みたい、マツダのリコール関連投稿

マツダはここ最近、CX-5やマツダ3、マツダ6、そしてロードスターに対してもリコールをいくつか届け出。
その範囲は比較的広く、エンジンやECU、ワイパーなどの電装品、はたまた「ホイール脱落」という重要度の高いもの、そしてルームミラー脱落という軽微なものも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->マツダ(MAZDA)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.