>ポルシェ(Porsche)

ピーターセン自動車博物館にて「ルーフ(RUF)」のみの展示が開始!究極の性能が与えられたポルシェ911が一同に会する

投稿日:2021/05/17 更新日:

ピーターセン自動車博物館にて「ルーフ(RUF)」のみの展示が開始

| ピーターセン博物館に8台のルーフが集う |

ルーフは今もポルシェ911をベースとしたコンプリートカーを作り続けている

ロサンゼルスのピーターセン自動車博物館がルーフに特化した展示「Pfaffenhausen Speed Shop - The RUF Gallery」を開始したと発表。

今回は8台のルーフが展示され、その内容は1990年式の「RUF CTR イエローバード」、2012年式の「RUF CTR3 クラブスポーツ」、2007年式の「RUF Turbo R カブリオレ」、2016年式の「RUF ターボ R Ltd」、2016年式の「RUF アルティメイト」、1994年式の「RUF RCT EVO ナローボディ」、1994年式の「RUF RCT EVO ワイドボディ」、2015年式の「RUF RT12R」。

ルーフはポルシェのチューナーではなく「自動車メーカー」

そもそも「RUF(ルーフ)オートモービル」はチューナーとして捉えられることが多いものの、1939年にアロイス・ルーフによって設立された「れっきとした自動車メーカー」。

完成車のポルシェ911をベースにチューンすることもありますが、基本的にはポルシェより”まっさら”のボディやエンジンの供給を受け、自社ならではのノウハウを盛り込んで「超高性能車」を作る会社です(よって、ルーフが製造した車は、形がポルシェであってもポルシェではなく、ルーフという車種であって、車検証もルーフとなる)。

Petersen-RUF-Exhibit-10

なお、ルーフにとっては、ポルシェをベースにするということが目的ではなく、「ルーフの考える性能を実現できるポテンシャルを持つコンポーネントを保有していた」のが単にポルシェであり、そのためにルーフはポルシェを選んだと言いかえることもできそうです。

Petersen-RUF-Exhibit-2

ルーフといえばCTR(カレラ・ターボ・ルーフ)

RUFを有名にしたのは1987年に発表した「初代CTR」。※今回はイエローの1990年モデルが展示されている

当時世界最速であったフェラーリF40の時速323キロ(実測)を超える時速340キロを叩き出したうえ、その後も改良型が時速342キロと記録をさらに更新し、最高速だけではなくニュルブルクリンクのラップタイム最速記録を塗り替えるなど運動性能の高さも証明したクルマです。

そして、その記録を実現するためには(当時の911に設けられていた)雨樋すらも削り取り、徹底したフラッシュサーフェスを実現したことでも知られます。

Petersen-RUF-Exhibit-8

当時数々の記録を達成した個体が明るいイエローにペイントされていたことから、メディアを中心に「イエローバード」と呼ばれるようになっていますが、「CTR」とは「カレラ・ターボ・ルーフ」の略で、エンジンは水平対向3.4リッター(ボアを拡大している)。

名称の通りツインターボで武装し出力は公称値で469馬力となっていますが、ルーフの提示する数字は「最低保証値」なので、いかなる悪条件でも「出せる」数字です。

Petersen-RUF-Exhibit-4

ルーフは「自社設計」が可能な技術も

そして近年になりルーフの名を改めて轟かせたのが「CTR3」。

Petersen-RUF-Exhibit-3

これは997世代のポルシェ911をベースとして「ミドシップ化」した車輌で、車体後半を作り変え、全長を11インチ(28センチ)も延長したクルマ。

ルーフCTRの「車体後半」は新型フォードGTのプラットフォームを製造したマルティマティック社との共同作業によるもので、完全にオリジナルの設計を持っています。

Petersen-RUF-Exhibit-6

エンジン本体はポルシェの3.8リッター・フラットシックスをルーフがチューンしたもので、ツインターボによって加給され766馬力を発生し、もちろんこれはリアアクスルの前に搭載されることに。

トランスミッションは6速マニュアルのほか7速デュアルクラッチが用意され、駆動輪は後輪のみ、トップスピードは380キロというずば抜けた性能を持つクルマです。

Petersen-RUF-Exhibit-11

そしてルーフはさらに自社設計範囲を拡大し、車体そのものを完全に新設計した、しかしレトロな「新」CTR(2019年)も登場しています。

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

90年代の狂気!とんでもないリアウイングを持つルーフCTR2スポーツが競売に登場。現役時代の表彰台獲得率は76%

この記事のもくじ1 | しかも合法に行動を走行できるらしい |1.1 「CTR」はルーフの代表シリーズ1.2 ルーフCTR2スポーツの室内はスパルタン1.3 こんな記事も読まれています | しかも合法 ...

続きを見る

なんとルーフCTR 2017の動画レビューが登場。710馬力、重量1200キロ、最高速度は時速360キロ

RUFが今年発表した「RUF CTR 2017」。 おなじみ英国のYoutuber、Shmee150氏が実車をレポートしています。 これは1987年にルーフが発表した「CTR(上の画像では左側)」への ...

続きを見る

ルーフRCT(ポルシェ911のカスタムカー)
なんと964世代のポルシェ911をベースにした「ルーフRCT Evo」が新車で購入できる!多彩なオプション、ボディカラーも選択できて4430万円

この記事のもくじ1 | この価格はどう考えても安すぎる |1.1 ルーフは過激なクルマを作ることで知られる2 ルーフは今でも964世代の911をベースとした「新車」を販売していた2.1 技術は進歩して ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5