ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが決算発表の場で「サイバートラックはじめ、将来のモデルには革新的な製造上の変化がもたらされる」。利益の伸長には大きく期待したい

投稿日:2022/07/30 更新日:

テスラ・モデルY

| ベルリンとオースティンの新工場には新しい生産設備を導入 |

これによってロボットは70%減少、生産コストは大きく削減

さて、テスラは先日第2四半期の決算内容を公開し、「売上高と利益は前年比で増加」「しかし販売台数は第1四半期ベースで減少し、四半期ごとの連続成長記録が途絶えた」ことについて言及していますが、その場においてはいくつか興味深い発言が見られたといい、そのひとつは「生産効率の改善」。

テスラは以前から生産効率について他のどの自動車メーカーよりも注力しており、それは「受注した台数を確実に生産し、消費者に届ける」ことを第一義としているためです。

テスラ・モデルY
テスラが2022年第二四半期の決算を発表!販売台数は第一四半期の31万台から25万台へ減少するも前年比売上高は42%増、利益は98%増と成長を記録

| 前年同期比で成長なるもその成長ペースはやや鈍化 |この記事のもくじ| 前年同期比で成長なるもその成長ペースはやや鈍化 |鈍化の原因はやはり上海のロックダウンによる生産減少いったいなぜ成長が鈍化した ...

続きを見る

テスラはなんだかんだで色々と考えている

実際のところ、テスラ社CEOであるイーロン・マスク氏によれば、「生産効率を高め、生産を最大化するためにできることはすべて行っている」。

テスラは現在4車種(モデルS、モデルX、モデルY、モデル3)しか持たず、ボディカラーや内装色、ホイールといった物理的なオプションも「最小限」です。

さらにいえば、その他の機能オプションについてもあらかじめ対応するハードやソフトを内蔵しておき、ユーザーがその機能を「有効にするための」お金を払えば機能をアクティベートするといった手法を採用していて、こういったところを見ても「効率重視」であることがわかります。

加えて生産工程においても(ギガファクトリー内の)ロボット化比率が非常に高いとされ、直近でも超大型プレス機である「ギガプレス」を導入したことが報じられています。

テスラは今後大型鋳物の生産が可能に

そして今回テスラはベルリンとオースチンの新工場に実施されている新たな製造技術について言及しており、それは「超大型の鋳造物の製造が可能になった」こと。

テスラによれば、これによってボディ溶接ロボットを70%削減できたといい、つまり今までは「小さいパーツを溶接して組みた立てていた」ボディ構造を、「一体型の鋳造物で整形できるようになった」ということなのだと思われます。

これによって車体はより軽く、よりコストが下がり、NVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)も小さく抑えることが可能となり、イーロン・マスクCEOいわく「あらゆるレベルで改善した」。

このほかにもテスラはたゆまぬ改良を続けており、バッテリーについても新型の「4680」が導入されつつあるところですが、こういった例を見ても、同じモデルであっても初期の車両と(もしかすると1年前の個体と比較しても)現在の車両とでは全く別のクルマといっていいほど進化を遂げているのかも。

多くの自動車メーカーでは「年度ごと」「フェイスリフト(マイナーチェンジ)」といった形で改良が行われてゆくものの、テスラの場合は「年度や期限の縛りはなく」頻繁に改良されるということになり、今後もこの傾向が続くことになりそうですね(よって、フェイスリフトはもちろん、フルモデルチェンジという概念はテスラにないのかも)。

テスラ・モデル3

サイバートラックの製造工程も大きく改善

加えてテスラはサイバートラックについても大きな製造上の改善があるといい、これについては「まだ話すことはできない」としながらも、既存製品含めて「全く新しいレベルのシンプルさと製造の改善がある」とのこと。

なお、サイバートラックの製造コストは同レベルのほか自動車メーカーの電動ピックアップトラックに比較して「数分の一」に収まると(当初から)言われていて、この納車が始まればテスラの利益が飛躍的に伸びるだろうとも考えています。

さらにイーロン・マスクCEOは「サイバートラックは「史上最高の製品になる」とも述べており、2023年に始まるという納車にはとにかく期待したいところですね。

ちなみに今回「新製品」についてもサイバートラック同様に生産コストの引き下げが行われると言及されていますが、こちらについては以前話題に上った「2万5000ドルの」エントリーEVを指しているのかもしれません。

テスラ・サイバートラック
テスラ・サイバートラックの製造コストはフォードの1/7だと指摘した一般人が登場。イーロン・マスク「その見積もりは正確だ」

| しかもその一般人は「発表されていない」サイバートラックの特殊な構造すら見抜いていた |この記事のもくじ| しかもその一般人は「発表されていない」サイバートラックの特殊な構造すら見抜いていた |テス ...

続きを見る

テスラの第二四半期決算発表会の様子はこちら

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラの「今年はサイバートラックも新車もない」発言に失望売り殺到、株価が12%下がる。ボクの資産は一晩でフェラーリ296GTB一台分が消し飛んだようだ・・・
テスラの「今年はサイバートラックも新車もない」発言に失望売り殺到、株価が12%下がる。ボクの資産は一晩でフェラーリ296GTB一台分が消し飛んだようだ・・・

| それでもボクは「テスラの株は下がったときが買い」だと考えているこの記事のもくじ| それでもボクは「テスラの株は下がったときが買い」だと考えているただし今年の前半はテスラにとってかなり苦しい戦いにな ...

続きを見る

テスラ・モデルS
テスラが欧州市場において「どのアメリカンブランドよりも」売れたメーカーになり、さらにはマツダを抜く。モデル3は電気自動車で唯一販売ランキングTOP20にランクイン

| ライバルが増える中、テスラがこのペースを維持できるかどうかに注目が集まる |この記事のもくじ| ライバルが増える中、テスラがこのペースを維持できるかどうかに注目が集まる |テスラは2022年も「ベ ...

続きを見る

参照:InsideEVs

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5