>ブガッティ

ブガッティ最後のW16エンジン搭載市販車、W16ミストラルの転売が登場。納車は4ヶ月後、価格は新車時の500万ユーロの約1.7倍となる13億8000万円

ブガッティ最後のW16エンジン搭載市販車、W16ミストラルの転売が登場。納車は4ヶ月後、価格は新車時の500万ユーロの約1.7倍となる13億8000万円

| ブガッティの顧客は忠誠心が非常に高く、よって「転売」は非常に珍しい |

よって、この機会を逃すとW16 ミストラルを手に入れることができるチャンスは巡ってこないかも

さて、ドイツの高級車売買サイトにブガッティ W16ミストラルの売り物が登場。

正確に言うならば、売り主が入手した生産枠の転売ということになり、4ヶ月後に納車がなされる、と説明されています。

なお、その販売価格は8,539,900ユーロ(現在の為替レートにて13億8000万円)という驚愕のプライスをつけており、ブガッティがオーナーへと販売する際の新車価格である500万ユーロに比較すると約70%増しという強気の設定です。

ブガッティ W16 ミストラルの何がそんなにスゴいのか

なお、このブガッティW16 ミストラルは2022年8月に発表されており、2024年から納車を開始する予定にて99台が限定販売されていますが、当然のことながら発表時には全ての販売台数が売り切れてしまっており、もちろん購入する権利があったのは「ブガッティからオファーを受けた重要顧客のみ」。

W16 ミストラルはどうやらブガッティとしては「当初から計画していなかった」モデルであるようで、というのもシロンはもともとオープン化を想定した作りをもっておらず、ブガッティ自身もシロン発売当初には「オープンモデルの投入はない」と述べていたため。

ただ、ブガッティがリマック傘下に収まったのち、新しく設立されたブガッティ・リマックCEO、メイト・リマック氏がこのW16ミストラルの投入を決めたと言われており、つまりは「予定外に登場した新バリエーション」だと考えることが可能です。

ブガッティ・リマックCEOが語る「やりたくないこと」2つ。「ブガッティはもはやVWとはなじまなくなった」とも
ブガッティ・リマックCEOが語る「やりたくないこと」2つ。「ブガッティはもはやVWとはなじまなくなった」とも

| ブガッティ、リマックともに究極のパフォーマンスを標榜するブランドではあるが、構成される要素はそれぞれ異なる | いずれも重要なのは「ほかのクルマとは異なる、完全オーダーメイドであること」 さて、昨 ...

続きを見る

しかしながらこのW16 ミストラルは単にメイト・リマック氏個人の嗜好を反映したハイパーカーではなく、というのもブガッティの歴史にしっかりと敬意を捧げており、たとえばシート後方のバットレスの形状については・・・。

1

ブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッティの息子であるジャン・ブガッティがデザインした「タイプ57 ロードスター グランド レイド」をモチーフに(このクルマは1台しか現存しない)。

05 BUGATTI_Jean Bugatti_Grand Raid

ブガッティが製造わずか1台、謎の多いType57ロードスター・グランドレイド・ウジーネを自ら紹介。創業者の愛したブラックとイエローにペイントされ数々のレースで活躍
ブガッティが製造わずか1台、謎の多いType57ロードスター・グランドレイド・ウジーネを自ら紹介。創業者の愛したブラックとイエローにペイントされ数々のレースで活躍

| やはり細部を見てみるとブガッティの工作技術の「桁違い」なレベルがよくわかる | 現代のブガッティが「我々が作っているのは芸術品である」というのもまたうなずける さて、ブガッティはここ最近再ブランデ ...

続きを見る

そして最初に公開された公式フォト(CG)についてもブガッティらしいブルーの他に「イエロー」が公開されていて、このイエローはエットーレ・ブガッティが愛したカラーとしても知られており、その後にデビューした実車にもイエローのアクセントが用いられています。

2

ブガッティ創業者は「ブルー」ではなく「イエローとブラック」のクルマに好んで乗っていた!イエローはブルーの次にブガッティにとって重要な色だった
ブガッティ創業者は「ブルー」ではなく「イエローとブラック」のクルマに好んで乗っていた!イエローはブルーの次にブガッティにとって重要な色だった

| ブガッティのイエローにそんな逸話があったとは全く知らなかった | ブガッティで「イエロー」を選ぶ人は真のブガッティ愛好家かのかもしれない さて、ブガッティのボディカラーといえば「ブルー」を真っ先に ...

続きを見る

加えてこの「ミストラル」という名称については、ブガッティ創業者一族がたびたび訪れていたという南仏のリゾートにちなんでいるとされ、メイト・リマックCEOはこの由来について以下のように語っています。

これほど刺激的で重要なクルマに、どのような名を与えるかは非常に重要な問題でした。シロンの単なる発展型ではなく、ロードスターには自由、エレガンス、スピードを連想させる名称が必要なのです。ローヌ川流域から南仏コート・ダジュールの粋な街々を通り、そこで我々は地中海に吹き抜けるミストラルという強風からインスピレーションを得たのです。

ブガッティW16 ミストラルは「最後のW16エンジンを積んだ」市販車である

そしてもっとも重要なのは、このW16 ミストラルがブガッティにとって「最後のW16エンジンを積んだ、公道走行可能なハイパーカーである」ということ。

シロン後継モデルはV8エンジン搭載ともV16エンジン搭載だとも言われ、しかし確実にハイブリッド化されることになるとされるので、これはW16 ミストラルが「最後のガソリンエンジンオンリーのブガッティ製ハイパーカーである」ということを同時に意味するわけですね。

要は、このW16 ミストラルにつき、ブガッティのDNAが凝縮された記念碑的なハイパーカーであると捉えることも可能であり、となると自ずとその価値の高さがわかろうというものです。

2023-Bugatti-W16-Mistral-00031

その価格6.9億円!ブガッティ最後のW16エンジン搭載車「W16ミストラル」が発表。過去へのオマージュが散りばめられ、今後100年の使用を想定して製造される
その価格6.9億円!ブガッティ最後のW16エンジン搭載車「W16ミストラル」が発表。過去へのオマージュが散りばめられ、今後100年の使用を想定して製造される

| ブガッティW16ミストラルはもちろんすべて完売済み、納車は2024年から | ヘッドライトの「4本」はクワッドターボや4WDをイメージしている さて、新会社「ブガッティ・リマック」設立後はじめての ...

続きを見る

なお、今回売りに出されている生産枠(ビルドスロット)についてはすでに仕様が決まっているものと思われ、購入者は自由にその仕様を変更できないかもしれません。

というのも、「4ヶ月後に納車」ということは、(ブガッティの生産環境から見て)すでに仕様が決まり、生産が開始されている可能性が非常に高いからであり、そして(聞く範囲だと)注文者と納車先は同じでなくてはならないとされるので、まずは現在の売り主が納車を受けた後(登録はしないかもしれない)、購入者へと引き渡されることになりそうです。

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

ブガッティがW16ミストラルの秘密に迫る。「どうやって我々はオープンカーで420km/hを実現したのか。エンジニアリングとエアロダイナミクスを高度に融合させたからだ」
ブガッティがW16ミストラルの秘密に迫る。「どうやって我々はオープンカーで420km/hを実現したのか。エンジニアリングとエアロダイナミクスを高度に融合させたからだ」

| ブガッティが求める性能を実現するためには驚くべき高水準のエンジニアリング、そしてデザインが用いられていた | そしてブガッティであるからには、まずエレガントでなくてはならない ブガッティはガソリン ...

続きを見る

ブガッティがシロン後継ハイパーカーのプレゼンを実施。発表は2024年、新しいスタイリングが与えられ「V16+ハイブリッド」にて1,900馬力を発生する可能性も
ブガッティがシロン後継ハイパーカーのプレゼンを実施。発表は2024年、新しいスタイリングが与えられ「V16+ハイブリッド」にて1,900馬力を発生する可能性も

| やはりブガッティは他のクルマと比較される存在であってはならない | 現時点では確たる情報は何もないが、新体制で開発される最初のブガッティには大いに期待 さて、ブガッティは500台限定のシロンをすべ ...

続きを見る

ブガッティW16ミストラルのシフトレバーには「ジュラシック・パーク」よろしく、踊る象が琥珀の中に閉じ込められていた
ブガッティW16ミストラルのシフトレバーには「ジュラシック・パーク」よろしく、踊る象が琥珀の中に閉じ込められていた

| 踊る象があまりにリアルすぎてちょっと怖い気も | ブガッティはこれで一つの時代を終え、同時に新しい時代を迎える さて、ブガッティは先日「W16エンジンを搭載する最後のモデル」としてW16ミストラル ...

続きを見る

参照:CARBUZZ, Mobile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , , ,