ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ルノー/アルピーヌ

アルピーヌが32台のみ限定、A110R「フェルナンド・アロンソ」発表!アロンソが開発に参加した足回りを持ち、なんとアロンソのサイン入りレプリカヘルメットも付属

投稿日:

アルピーヌが32台のみ限定、A110R「フェルナンド・アロンソ」発表!アロンソが開発に参加した足回りを持ち、なんとアロンソのサイン入りレプリカヘルメットも付属

| なんと過激なアルピーヌA110Rに「さらに」過激なA110Rの少量限定モデルが用意されていた |

ただしすでにアロンソはアルピーヌからの離脱を発表済み

さて、先日「A110 R」なる超過激モデルを発表したアルピーヌですが、今回は32台のみの限定モデル、「A110 R フェルナンド・アロンソ」を発表して驚かせることに。

なお、当のフェルナンド・アロンソは2ヶ月前に「2022年でアルピーヌF1チームを去り、アストンマーティンF1チームへと移籍する」と発表したばかりで、この移籍が今回発表されたA110 R フェルナンド・アロンソの価値を高めることになるのか、その逆なのかはちょっと気になるところです。

そしてこのA110 R フェルナンド・アロンソには、アロンソの意見を取り入れたという新開発のサスペンションが装着されており、それを考慮すると、アロンソの移籍がアルピーヌにとって「寝耳に水」であったこともわかりますね。

ラディカルの「R」はダテじゃない!あまりにスパルタン過ぎるアルピーヌA110 Rが発表。カーボンホイール採用、さらにリアウインドウも撤去してカーボンパネルに
ラディカルの「R」はダテじゃない!あまりにスパルタン過ぎるアルピーヌA110 Rが発表。カーボンホイール採用、さらにリアウインドウも撤去してカーボンパネルに

| おそらくはポルシェ「RS」モデルを強く意識、しかしその上をゆく過激さも |この記事のもくじ| おそらくはポルシェ「RS」モデルを強く意識、しかしその上をゆく過激さも |やはりフランスの自動車メーカ ...

続きを見る

アルピーヌA110 R フェルナンド・アロンソはこんな仕様を持っている

そこでこのアルピーヌA110 R フェルナンド・アロンソを見てみたいと思いますが、基本的にはアルピーヌA110 Rと同じ仕様を踏襲し、しかしいくつかの点において変更も。

ボディカラーはアルピーヌF1マシンと同じレーシング・マット・ブルーで、これ自体は先日発表されたA110 Rでも選択できるものですが、フロントフードが部分的にブルーへとペイントされ、アロンソをあらわす「A」のグラフィックが入ります。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

そしてリアにも「A」、さらにフェイス部分がブラックに。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

ブレーキキャリパーはアロンソを象徴するカラーの一つでもある「オレンジ」。

ホイールにはグレーのラインが(エッジ部に)入ります。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

内外装に装着される、本来「フレンチトリコロール」のバッジは「ブルー、オレンジ、イエロー」に。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

アルミ製ウイングはアルミ地金色からブラックアルマイトへ。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

なお、この「アルピーヌA110 R フェルナンド・アロンソ」機能面における最大の特徴は「専用に開発された車高調整式サスペンション」。

車高調整式サスペンションは「標準の」A110 Rでも採用されますが、このフェルナンド・アロンソバージョンでは、アロンソがテストに参加して開発した「5%の剛性アップが施された」特別仕様なのだそう。

パワートレインに変更はないそうですが、ただでさえスパルタンなアルピーヌA110 Rがさらにハードになっているということで、「どんな乗り味なのか」気になってしまいますね。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

アルピーヌA110 R フェルナンド・アロンソのインテリアはこうなっている

そしてこちらはアルピーヌA110 R フェルナンド・アロンソのインテリア。

エクステリア同様、基本的にはA110 Rをベースにしており、しかしやっぱり細部が「アロンソ仕様」となっていて、たとえばステアリング・ホイールのセンターマークは「オレンジ」に。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

ドアインナーハンドルもオレンジ、そしてバッジのカラーも変更されています。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

メーターパネルには「A110 R Fernando Alonso」の文字。

ちなみにバイザーにはアロンソの哲学でもある「here is more than one path to the top of the mountain(山の頂上へ向かう道はひとつではない)」がレーザーにて刻印されている、とのこと。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

ヘッドレストにもアロンソマーク。

なお、センターコンソールにはアロンソがF1にて優勝した年(優勝回数は限定車と同じ32)とサーキットが刻印されたプレートが装着されている、とのこと。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

アルピーヌはこのA110 R フェルナンド・アロンソを完全なるコレクターズアイテムとして位置づけているようで、なんとアロンソのサイン入りレーシングヘルメット(レプリカ)が付属する、とのこと。

金額は公表されていませんが、たとえいくらであったとしても、限定台数の32台は「一瞬で」完売してしまいそうですね。

AUTO - GENESIS OF THE ALPINE A110R

合わせて読みたい、アルピーヌ関連投稿

これまでの限定モデルの中ではピカイチ!アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」が150台のみ販売開始。1975年のA110ベルリネット・ラリーカーへのオマージュ
これまでの限定モデルの中ではピカイチ!アルピーヌA110「ツール・ド・コルス75」が150台のみ販売開始。1975年のA110ベルリネット・ラリーカーへのオマージュ

| ここまだ大胆な色使いそしてグラフィックを持つ市販車も珍しい |この記事のもくじ| ここまだ大胆な色使いそしてグラフィックを持つ市販車も珍しい |ホワイトのホイール、オレンジのブレーキキャリパーがイ ...

続きを見る

ベル&ロスがアルピーヌとの最新コラボ腕時計「BR 03-92 A522」を発売!世界限定999本、価格は55万円。ベル&ロスは女性受けが良くないが、それでもボクは大好きだ
ベル&ロスがアルピーヌとの最新コラボ腕時計「BR 03-92 A522」を発売!世界限定999本、価格は55万円。ベル&ロスは女性受けが良くないが、それでもボクは大好きだ

| チームの人気をそのまま表しているのか、ルノー・スポールとのコラボ時代に比べるとアルピーヌモデルは人気がない |この記事のもくじ| チームの人気をそのまま表しているのか、ルノー・スポールとのコラボ時 ...

続きを見る

ルノーとアルピーヌがパリMSで6車種を公開予定!ルノーは「4」「カングー」のエレクトリック版、アルピーヌは「新たなステージ」を示唆するニューモデル
ルノーとアルピーヌがパリMSで6車種を公開予定!ルノーは「4」「カングー」のエレクトリック版、アルピーヌは「新たなステージ」を示唆するニューモデル

| ルノー「5(サンク)」市販モデルの発表も期待したい |この記事のもくじ| ルノー「5(サンク)」市販モデルの発表も期待したい |ルノー「4」「5」のリバイバルは大きな話題を呼びそうだルノーは「4( ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ルノー/アルピーヌ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5