>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

来年でBMW M社は50周年!2022年に販売されるMモデル、Mスポーツパッケージ装着車には1年限りのスペシャルエンブレムが選択可能に。一部車種ではヘリテージカラーの設定も

来年でBMW M社は50周年!2022年に販売されるMモデル、Mスポーツパッケージ装着車には1年限りのスペシャルエンブレムが選択可能に。一部車種ではヘリテージカラーの設定も

| 2022年はBMW、そしてBMW Mにとって忙しい年になりそうだ |

BMWの100周年記念のときみたいに「え?」となったりすることはなさそうだ

さて、BMW M社は2022年5月24日に創立50周年を迎るそうですが、これを記念しBMW M社は「2022年に発売されるMモデルとMスポーツ・パッケージに装着される特別なエンブレム、そしてヘリテージカラー」を発表。

この特別仕様エンブレムは、BMWモータースポーツのクラシックなロゴからインスピレーションを得たといい、1972年のMブランド設立以来、Mブランド独特の「白地に青、紺、赤」の半円を用い、従来のBMWロゴ(プロペラマーク)を小さくしたもの。

このエンブレムは、ボンネット、トランク、ホイールハブなどに装着することができ、画像を見る限りだと大きく印象が変わるようですね。

参考までに、ベントレーが2018年に100周年を迎えた際、その1年間のみ「スペシャルエンブレム」を採用していますが、今回の「特別プロペラマーク」も同様に、そうとうな特別感があると考えています(このエンブレムだけをパーツとして取り寄せ、装着する人も多そうだ)。

ベントレーを今買うのはちょっと待った。2019年生産モデルはすべてに「100周年記念」仕様がプラスされる

| ベントレーの2019年モデルは特別仕様 | ベントレーは2019年で「100周年」を迎えますが、現在様々なプロモーションを行っており、先日もベントレー創業者が乗っていたクルマのエッセンスを取り入れ ...

続きを見る

BMW-M-Anniversary-Emblem-And-Colours-3

「Mカラー」の由来はわかってない

なお、この「レッド、ブルー、パープル」で構成されるMカラーですが、公式にはその由来がわかっていないといい、一応公式見解としては「ブルーはBMW、レッドはモータースポーツ、そしてパープルはその両者の比類なき融合を表しています」とコメントされているものの、BMW自身もそのルーツを突き止めることができないもよう。

BMW-M-Anniversary-Emblem-And-Colours-2

有力な説としては、当時(1972年)のモータースポーツ活動におけるスポンサーをカストロールからテキサコ(TEXACO)へと変更しようと考え、テキサコにアピールするためにテキサコのコーポレートカラーであるレッドを取り入れたというもの。

BMW-M-Anniversary-Emblem-And-Colours-5

これは多くの資料によって裏付けられているものの、ウォルフガング・ゼーハウス(当時のBMWのインテリアデザイナー)とともにMストライプ/ロゴの考案に関わったマンフレッド・レンネン(BMWのエクステリアデザイナー)はTEXACO説を否定し、一方でヨッヘン・ネアバッシュ(BMWモータースポーツ社の共同責任者で初期Mメンバー)はTEXACO説を認めているようです。

BMW-M-Anniversary-Emblem-And-Colours-7

加えて、ヨッヘン・ネアバッシュによると、レッド以外のカラーについては「(当時主流だった)白黒写真においても、しっかりコントラストが表現される」カラーを選んだとのことで、色々な解釈と記憶そして記憶があるみたいですね。

il_fullxfull.1740070132_1qm3

BMW Mストライプの由来
今まで謎だったBMW "Mストライプ"の起源についてBMW自身がついに語る!なお「M」文字はジウジアーロのデザインだった

| 歴史が長いと、その会社の中の人であってもわからないことが多くなってくる | さて、自動車メーカー、そして自動車ブランドは様々な特徴的なロゴやエンブレムを使用していますが、その中でも由来が「正確に」 ...

続きを見る

選択可能になったカラーは50色

そして今回、エンブレムの他にも発表されたのが「ヘリテージカラー」。

BMWいわく、「象徴的で歴史的に重要な」50種類のBMW Mペイント・フィニッシュが2022年の一部のモデルで選択可能となり、たとえばダカール・イエロー、ファイア・オレンジ、デイトナ・バイオレット、マカオ・ブルー、イモラ・レッド、フローズン・マリーナベイ・ブルーなど、BMW Mにおける歴史にて、さまざまな時代を彩ったボディカラーが復活することに。

BMW-M-Anniversary-Emblem-And-Colours-1

BMW Mは2022年に向けて様々な準備中

なお、2022年はBMW Mにとって記録的な年となりそうで、M4 CSLやM2、そしてM専売モデルとなるフラッグシップSUV「XM」の発表が控えているほか、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ(イタリア)、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(英国)、ペブルビーチ(米国)、ニュルブルクリンク24時間レースでもアニバーサリーイベントを開催する、とのこと。※2023年にIMSA、もしかするとル・マンを走ることになるLMDhレーシングカーのお披露目もありそうだ

BMW-M-Anniversary-Emblem-And-Colours-6

今度のBMWの新型車のキドニーグリルは光る・・・!BMWが「M」専売モデルの予告としてコンセプトXMのティーザー画像を公開
今度のBMWの新型車のキドニーグリルは光る・・・!BMWが「M」専売モデルの予告としてコンセプトXMのティーザー画像を公開

| BMWはとことんキドニーグリルを活用する意向を持っているようだ | たしかにここまで特徴的なグリルを持つ自動車メーカーは少ないだろう さて、BMWのハイパフォーマンスカー部門「M」は初の専売となる ...

続きを見る

ちなみにBMWが(2016年に)100周年を迎えた際には「ヴィジョン・ネクスト100コンセプト」が発表されていますが、これは大半の人にとって(よくない意味での)予想外。

どういうことかというと、100周年という節目を記念し、世間はM1後継となるスーパーカーの発表を期待していたのに、当時「エコでサステイナブル」に注力していたBMWはその期待を裏切って「エレクトリック、そして自動運転」という、自動車愛好家にとってはもっとも興味をそそられないコンセプトカーを発表したわけですね。

これによって当時BMWは大きくその評判を落としてしまったという経緯がありますが、現在は2016年と事情が異なって「エレクトリック」が意味するのはエコだけではなくハイパワーそしてハイパフォーマンスということもあり、そして今回は「M」部門だけに、50周年の折には、人々の期待を超えるクルマを多数用意してくれることになりそうです。

BMWが変なの出した。変形機能を持つ100周年記念「ヴィジョン・ネクスト100コンセプト」

100周年を迎えるBMWが奇怪なコンセプトカー「Vision Next 100コンセプト」を発表。 現行モデルと共通性があるような無いようなスタイリングです。

続きを見る

合わせて読みたい、BMW関連投稿

BMW M3/M4はポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ純正カラーにもペイントできる
BMW M3/M4はポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ純正カラーにもペイントできる!BMWが自社にてカスタムペイントを施したM3/M4を公開

| 正直、他社のボディカラーを採用するのは賛否両論あると思う | さて、BMWは先日(日本でも)新型M3/M4を発表したところですが、今回はそのパーソナリゼーションプログラム「インディビデュアル」にて ...

続きを見る

これでル・マンやデイトナを走るのかBMW!BMWがレーシングカーまでに巨大キドニーグリルを装備したスケッチを公開
これでル・マンやデイトナを走るのかBMW!BMWがレーシングカーまでに巨大キドニーグリルを装備したスケッチを公開

| ここ最近のBMWのキドニーグリルに対する執着ぶりを考慮すると、まず間違いなくこのグリルを装着することになりそうだ | 批判覚悟で自身の信念を貫く姿は見習いたい さて、BMWはLMDhプロトタイプ・ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,