ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWのデザイナー「キドニーグリルはこれからも進化、そして多様化するでしょう。M4の巨大グリル?採用したことに後悔などしていません。もちろんです」

投稿日:2023/01/17 更新日:

BMW

| たしかに、BMWはキドニーグリルのおかげでアウディやメルセデス・ベンツに比較して各モデルごとの個性が際立っている |

実際に販売に結びついているところを見ると、BMWの言うとおり、それは「正しい行動」なのだろう

さて、BMWはつい先日、ラスベガスにて開催された家電見本市「CES」にてi ヴィジョン Deeを発表しています。

このクルマはBMWが2025年に発表する革新的なEVシリーズ「ノイエクラッセ」のある種の予告となっていますが、そこで採用されたのが「eインク」なる電気的にボディカラーを変更できる技術、そしてヘッドライトを内蔵した「ワイドなキドニーグリル」。

BMWが「ボディやパーツの色を電気的に変更できる」iヴィジョン・ディーを発表!内外装は新世代へ、そして2025年発売の「ノイエクラッセ」からこれら技術を順次採用
BMWが「ボディやパーツの色を電気的に変更できる」iヴィジョン・ディーを発表!内外装は新世代へ、そして2025年発売の「ノイエクラッセ」からこれら技術を順次採用

| BMWはこれまでのiシリーズを見てもわかるとおり、強い「未来志向」を持つようだ |この記事のもくじ| BMWはこれまでのiシリーズを見てもわかるとおり、強い「未来志向」を持つようだ |今思えば、以 ...

続きを見る

BMWは過去にも「ワイドなキドニーグリル」を採用したことも

こちらがそのi ヴィジョン Deeのフロントグリル。

bmw-i-vision-dee (6)

自由に色が変わるのでボディカラー同色からブラックにも変化させることが可能です。

bmw-i-vision-dee (1)

そしてこの「ライトユニット内蔵キドニーブリル」で思い出すのが1961年に発売された初代ノイエクラッセ、BMW 1500。

これは中央の縦長キドニーグリルのほか、その両脇に横長キドニーグリルを設けた(ダブルキドニーとも言える)初めての例で、横長キドニーの中にヘッドライトを格納していることがさらなる特徴なのですが、「新」ノイエクラッセを予告するi ヴィジョン Deeにおいては、この初代ノイエクラッセのグリルを意識したんじゃないかとも考えています。

2022-08-28 18.46.35

BMWが2025年に発売する3シリーズのEV版に「ノイエクラッセ」プラットフォームを採用すると発表。1960年代にBMWを大きく飛躍させたノイエクラッセとは?
BMWが2025年に発売する3シリーズのEV版に「ノイエクラッセ」プラットフォームを採用すると発表。1960年代にBMWを大きく飛躍させたノイエクラッセとは?

| BMWは少しの間「EVとガソリンとで共通の設計」をもたせ、2025年からはEV専用プラットフォームへと移行するようだ |この記事のもくじ| BMWは少しの間「EVとガソリンとで共通の設計」をもたせ ...

続きを見る

BMWはさらにキドニーグリルを多様化させる

つまりBMWは昔から様々なキドニーグリルにチャレンジしてきた歴史を持ち、そしてこれからもそうであり続けるということになりますが、今回BMWにてデザイン部門を率いるエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏によれば「キドニーグリルは進化し続け、さらなる多様化が計画されている」。

ちなみに進化し続けた結果、大きくなりすぎて批判を浴びてしまったM4/M3のバーチカルキドニーにつき、同氏は「後悔していないか」と尋ねられ、これについては「後悔していませんよ。もちろん変化は我々が意図的に加えるものであり、人々が話題にすることは事前にわかっていました。また、人々の話題にのぼることは、必ずしも悪いことではないことも知っています。悪いのは、人々が話すだけで買わないことです。でも、話してくれるし、買ってくれるのだから、やはり正しいことをした考えて良いでしょう」。

BMW

BMWの巨大グリルは話題作りのための炎上商法だった!「発売されて、議論の対象にならないようであれば我々の負けです。議論によって新しい顧客を呼び込めるのです」
BMWの巨大グリルは話題作りのための炎上商法だった!「発売されて、論争の対象にならないようであれば我々の負けです。議論によって新しい顧客を呼び込めるのです」

| たしかにBMWのいうことは一理ある。知ってもらわなければなにもはじまらない |この記事のもくじ| たしかにBMWのいうことは一理ある。知ってもらわなければなにもはじまらない |炎上だろうがなんだろ ...

続きを見る

実際のところ、BMWは「話題にならなければ我々の負け」とも語っており、意図的に議論を呼ぶようなデザインを用いていることについて言及していますが、その結果(エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏が指摘するように)販売を伸ばしているので、議論を巻き起こすことにより、今までBMWに興味を持たなかった人がBMWに興味を持ち、そしてそのうちのいくばくかは購入に至っているのでしょうね。

BMW
BMWがメルセデス・ベンツを抑えて「高級車分野にて世界販売台数No.1になった」と発表!なおグループ内のロールス・ロイス、バイク部門も史上最高記録

| 一方、ミニだけはその販売を落してしまう |この記事のもくじ| 一方、ミニだけはその販売を落してしまう |さらにハイパフォーマンスカー「M」はさらに販売台数を伸ばして記録更新BMWブランドでは唯一ミ ...

続きを見る

そして今後「どう」キドニーグリルが進化するのかはわからないものの、同氏はかつて、「一般的なモデルには一般的なキドニーグリルを、そして尖ったモデルには思い切ったキドニーグリルを」と述べており、キドニーグリルはモデル間の差別化を拡大する要素として活用できることにも言及しており、これによって(そのモデルの)キャラクターを際立たせることが可能になるのだと思われます。

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

これはBMW各モデルに固有のファンをつけることにも役立つものと思われ(金太郎飴を脱し、それぞれのモデルを”積極的に”選ぶ動機を与えることができる)、モデル間での差別化、そして個性に乏しいと言われるアウディやメルセデス・ベンツに対するBMWのアドバンテージたりうるのかもしれません。

合わせて読みたい、BMW関連投稿

BMWのデザイナー「今後我々は極限のシンプルさを目指し、時間の淘汰を受けないデザインを目指す。10年経っても古く見えない、そのようなデザインだ」
BMWのデザイナー「今後我々は極限のシンプルさを目指し、時間の淘汰を受けないデザインを目指す。10年経っても古く見えない、そのようなデザインだ」

| たしかにBMWの言うことは一理ある。今後BMWがそれをどうやって実現するのかを見届けたい |この記事のもくじ| たしかにBMWの言うことは一理ある。今後BMWがそれをどうやって実現するのかを見届け ...

続きを見る

BMWのCEOとデザイナー「もはや巨大ディスプレイは時代遅れ。10年以内に消滅する。我々は2025年発売のノイエクラッセにてそれらに引導を渡すだろう」
BMWのCEOとデザイナー「もはや巨大ディスプレイは時代遅れ。10年以内に消滅する。我々は2025年発売のノイエクラッセにてそれらに引導を渡すだろう」

| たしかにヘッドアップディスプレイのほうがコストが安く、シンプルで居心地の良いインテリアを実現でき、消費者にとっても嬉しいだろう |この記事のもくじ| たしかにヘッドアップディスプレイのほうがコスト ...

続きを見る

BMWのキドニーグリルは2023年で100周年。それはどう始まり、どう変化し、そしてこれからどこへ向かうのか。10の歴史的モデルとともに解説
BMWのキドニーグリルは2023年で100周年。それはどう始まり、どう変化し、そしてこれからどこへ向かうのか。10の歴史的モデルとともに解説

| BMWのキドニーグリルは見た目以上にその「意味」が大きく変化していた |この記事のもくじ| BMWのキドニーグリルは見た目以上にその「意味」が大きく変化していた |キドニーグリル、それはBMWのD ...

続きを見る

参照:BMWBLOG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5