ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

「もし世界中がピンクのタイカンで埋め尽くされたら」。ポルシェが公式にて奇妙な一連のアートを公開

投稿日:2021/12/05 更新日:

「もし世界中がピンクのタイカンで埋め尽くされたら」。ポルシェが公式にて奇妙な一連のアートを公開

| これはCGではなく、実際にピンクのタイカンを使用し欧州各地でロケを行ったようだ |

日本ではまだこの「フローズンベリーメタリック」のポルシェを見たことはないが

さて、ポルシェが「世の中がピンクのポルシェ・タイカンで溢れたら」という画像を公開。

これはポルシェが公式として、写真家であるトメク・マコルスキー氏とのコラボレーションによってつくりあげた作品であり、1台の(フローズンベリーメタリックにペイントされた)タイカンをあちこちのロケーションにて撮影し、それを合成したものだと紹介されています。

なお、このフローズンベリーメタリックは、中国にてタイカンのベースモデル発表時に用意されたボディカラーであり、ピンクが非常に好まれる中国市場へのメッセージだとも考えています(中国では、ポルシェのみならず多くのスポーツカーや高級車において女性の購入比率が高く、かつ男女ともにピンクを好む傾向にある)。

ポルシェが中国にてベースグレードの「タイカン」発表!中国に合わせたのか”まさかの”ピンクを身にまとう

| 中国は自動車全般にとっても、EVにとっても巨大市場 |この記事のもくじ| 中国は自動車全般にとっても、EVにとっても巨大市場 |ポルシェはサルーンについて「中国重視」タイカンのバッテリーサイズは2 ...

続きを見る

porsche-taycan4

はじめはレゴプロジェクトから

なお、このトメク・マコルスキー氏はレゴとポルシェとのコラボレーション作品発表時の写真撮影を担当したことがあるといい、その後にポルシェと「なにか新しいことはできないか」と話をしていたところ、この企画が持ち上がったのだそう。

porsche-taycan

この撮影は上述の通り1台のタイカンを用いたもので、よって角度や位置を替えて何度も撮影を行い、それを合成するという手法を採用していますが、おそらくは想像するよりも遥かに手間のかかった作品だと思われ、実際にトメク・マコルスキー氏も「同じ車を同じフレームで何度も撮影する必要があります。つまり、目に入るすべての車にそれぞれの写真が必要であり、その後、別の写真を撮るために位置を変えなければなりません。そしてまた別の写真。そして、タイカンの目を引く外装に合うような、絵になる背景を探しました。その後、写真を合成し、最小限の調整でレタッチを行い、ようやく上の写真のようなギャラリーが完成するのです」とコメントしています。

porsche-taycan-photography-by-tomek-makolski

ちなみに撮影場所の多くはモナコだそうで、これについて同氏は「いくつかの撮影場所を確保していましたが、旅の途中で調べていくつかの場所を見つけたのです。最初はモナコに行く予定もなかったのですが、昔のアシスタントがちょうどモナコでの仕事を終えたばかりで、どうしてもこのプロジェクトに参加したかったのです。最終的には、モナコの街並みから海岸まで、とてもいい写真が撮れました。そして、そこからマルセイユに行くことにしました。それまで一度も行ったことがなかったのですが、美しい現代建築と古い建物が混ざり合っていて、とても素晴らしかったです。光の加減が素晴らしく、撮影中でも、タイカンはとても注目されていたのが印象的です」と述べています。

3

そしてタイカンにとってはドイツ、オーストリア、フランス、モナコを経由して、シュトゥットガルトのポルシェ本社に戻るまでの1,900マイルの冒険となったようですね。

porsche-taycan-2

ピンクの判断はメーカーによって分かれる

なお、こういった「ピンク」については積極的に取り組むメーカーもあればそうでないメーカーもあり、そしてポルシェは今回の例を見るまでもなく「積極的なほう」。

ただし同じグループのアウディやフォルクスワーゲンはピンクをラインナップするケースはないように思われ、スーパーカーメーカーだとランボルギーニはピンクっぽい色を用意するもののマクラーレンやフェラーリはそうではなく、フェラーリに至っては「ピンクはオーダーカラーであっても注文不可」だと言われています。

41

なんでも自由にボディカラーを注文できるフェラーリ。それでも1色だけ「選べない」色は?

フェラーリ・オーストラリアのボスがメディアに語ったところによると、フェラーリにはオーダーできないカラーが一つだけある、とのこと。 それは「ピンク」で、理由としては「フェラーリの価値観にそぐわない」から ...

続きを見る

ポルシェは上述のとおりピンクには積極的ではあるものの、ちょっと前には「やりすぎてしまい」大きな批判を浴びたこともあるようですね。

4

エントリーグレードのポルシェ・タイカン発表
ポルシェの女性客比率は中国50%、アメリカ25%、本国ドイツはわずか13%。そこで独ポルシェが「女性の嗜好を考慮してピンクを選べるようにした」と発表するも女性軽視として炎上することに

| さすがにこれはポルシェとしては軽率なプロモーションだったかもしれない |この記事のもくじ| さすがにこれはポルシェとしては軽率なプロモーションだったかもしれない |なお、「ピンク」は中国では男女問 ...

続きを見る

1

合わせて読みたい、関連投稿

マセラティがピンクっぽいパープルのギブリ「ラブ オーデイシャス」を8台のみ発売
マセラティがピンクっぽいパープルのギブリ「ラブ オーデイシャス」を8台のみ発売!中国っぽいと思ったらやっぱり中国限定だった

| 中国の「520情人節」である5月20日にあわせて、現地ファッションブランド、CANOTWAIT_とのコラボレーションにて発売される |この記事のもくじ| 中国の「520情人節」である5月20日にあ ...

続きを見る

制限時間2時間で作品を作り優劣を競う「アートバトル」!カナダラウンドでは「ポルシェ・タイカンをキャンバスに作品を描く」課題が出され白黒のタイカンをキャンバスに技術を競う
制限時間2時間で作品を作り優劣を競う「アートバトル」!カナダラウンドでは「ポルシェ・タイカンをキャンバスに作品を描く」課題が出され白黒のタイカンをキャンバスに技術を競う

| 2時間でこれだけの作品を描くことができるとはさすがに「アートバトル」参加者だけのことはある |この記事のもくじ| 2時間でこれだけの作品を描くことができるとはさすがに「アートバトル」参加者だけのこ ...

続きを見る

え?これがポルシェ公式?ポルシェが中国進出20周年を記念し、あまりにもシュールなアート作品を作る
え?これがポルシェ公式?ポルシェが中国進出20周年を記念し、あまりにもシュールなアート作品を作る

| もう中国のポルシェ法人が何をしても驚かない |この記事のもくじ| もう中国のポルシェ法人が何をしても驚かない |このシュールなポルシェ911は現地の博物館などで展示されるようだしかし中国ポルシェの ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5