>ポルシェ(Porsche)

ポルシェはなぜ長年「標準色」として提供してきたレッドとイエローを有償オプション化したのか?スピードイエローのポルシェに二台乗ったボクとしては非常に残念である

ポルシェはなぜ長年「標準色」として提供してきたレッドとイエローを有償オプション化したのか?スピードイエローのポルシェに二台乗ったボクとしては非常に残念である

| すでにパナメーラとマカンEVではその兆候が見えていたが、まさかスポーツモデルの991からもレッドとイエローが(標準色から)消えるとは |

今回ポルシェが導入した変更によって路上を走るポルシェのボディカラーに大きく変化が生じるものと思われる

さて、先日ポルシェはハイブリッドシステムを搭載した新型911カレラGTS、そして911カレラを発表していますが、そのパフォーマンスの向上以上に衝撃的であったのが「ボディカラーの選択肢の変更」です。

どういうことかというと、ポルシェはスポーツカーラインアップに対し、長年ホワイト(グレッシャーホワイトやキャララホワイトなど)、ブラック、レッド(ガーズレッド)、イエロー(スピードイエローやレーシングイエローなど)を標準ボディカラー(無償オプション)として提供してきたものの、新型911カレラでは標準ボディカラーが「ブラック」と「ホワイト」の二色のみへと削られてしまい、ガーズレッドが296,000円のオプションへ、さらに鮮やかなイエローが姿を消してしまって代わりにニュアンスカラーっぽいカルタヘナイエローメタリック(やはり296,000円)が追加されることに。

参考までに、スピードイエローを選ぼうとなると1,567,000円を支払って「ペイント トゥ サンプル(PTS)」を選ぶ必要があり、新型ポルシェ911においては「鮮やかなボディカラーを選びにくくなった」という印象を抱いています。

新型ポルシェ911の価格とコンフィグレーターが公開、カレラGTSだと車両価格2254万円に対しフルオプションだと総額3398万円まで上昇することが明らかに
新型ポルシェ911の価格とコンフィグレーターが公開、カレラGTSだと車両価格2254万円に対しフルオプションだと総額3398万円まで上昇することが明らかに

| しかしこのオプション金額もフェラーリに比較すると「可愛いもの」である | 意外とポルシェのオプション価格は(車両価格に比較して)値上がりしていない さて、ポルシェジャパンが早速新型(992.2)9 ...

続きを見る

かつてスポーツカーといえば「レッドをはじめとする鮮やかなカラー」という印象であったが

なお、かつてはスポーツカーというとレッドをはじめとする鮮やかなボディカラーを身にまとうという印象があり、事実としてポルシェも「そうであった(真っ赤なポルシェ)」と認識しています。

実際のところ、ポルシェは1990年代後半から鮮やかなカラーをラインアップし、986ボクスターが登場し911が水冷化された後、20年以上にわたって「イエローとレッド」を標準ボディカラーとして揃えていたわけですね。

ぼく自身も「ポルシェというと明るいボディカラー」というイメージを持っていて、5台乗ったうちの2台にはスピードイエローを選んでいるのですが、それだけに新型911でのボディカラーラインアップの変化には驚きを隠せない状態です。

ポルシェ

なお、ポルシェは新型パナメーラにてボディカラーを大きくリニューアルし、それまでの「スタンダード」「メタリック」「スペシャル」「カスタム」といった構成から、色味の性格によって新しく作成された分類「コントラスト」「シェード」「ドリームズ」「レジェンズ」といった4つの構成、そしてこれに加えて「ペイント トゥ サンプル(130色くらいある)」「ペイント トゥ サンプル プラス(完全なオーダーメイド色)」といった組み合わせへと変化しています。

53473484308_9f8349d931_o

新型ポルシェ・パナメーラのカーコンフィグレーターは「親切」に。オプション構成も変更され、色々と見やすく選びやすくなったようだ
新型ポルシェ・パナメーラのカーコンフィグレーターは「親切」に。オプション構成も変更され、色々と見やすく選びやすくなったようだ

| インテリアでは「レザーフリー」が登場、オプション選択画面では「おすすめ」表示も | おそらく今後のポルシェでは同様のコンフィグレーター構成になるものと思われる さて、新型ポルシェ・パナメーラのカー ...

続きを見る

この理由については定かではなく、しかしポルシェは「スポーツカー生産開始75周年」を機として急激に「カラー」を押し出すコンテンツを拡充しており、よって社内(とくにデザインチーム)にてなんらかの変化があったのかもしれません。

ポルシェはその75年の歩みについて「夢」「カラー」を重視。「夢を現実に変える人は、世界をより豊かで、大胆で、色彩豊かな場所にするのです」
ポルシェはその75年の歩みについて「夢」「カラー」を重視。「夢を現実に変える人は、世界をより豊かで、大胆で、色彩豊かな場所にするのです」

| そう言われると、次にポルシェを買うときにはカラフルなボディカラーを選びたくなる | ポルシェが多様なカラーを設定するのは「クルマを売るためではなく、感情を生み出すため」 さて、ポルシェはここ最近「 ...

続きを見る

たしかにちょっと前から「クレヨン」などのアンニュイなカラーが人気化しており、そしてコロナウイルスのパンデミック以降、アパレル含めて「派手なカラー」が敬遠される風潮が(特にロシアとウクライナとの戦争が身近に感じられる欧州では)強くなったとは聞きますが、パナメーラやマカン(EV)といったモデルだと”落ち着いた、あるいはシックでゴージャスな”ボディカラーが採用されるのはそのモデルのキャラクター的に理解できるものの、正直なところ911のようなスポーツモデルにまでこの影響が及んだことについては未だ馴染めず、このあたりはポルシェが公式にてなんらかのコンテンツを公開するまではぼくの理解が追いつかないだろうとも考えています。

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェが電動自転車(eバイク)のフラッグシップを第2世代にモデルチェンジ。フレームカラーは車体と共通の「ルビースターネオ」「シャークブルー」等がラインアップ
ポルシェが電動自転車(eバイク)のフラッグシップを第2世代にモデルチェンジ。フレームカラーは車体と共通の「ルビースターネオ」「シャークブルー」等がラインアップ

Image:Porsche | ポルシェは将来的に「自動車ビジネスのみでは会社が成立しなくなる」と考えている | 電動マイクロモビリティには大きな期待がかけられている さて、少し前に電動キックボード含 ...

続きを見る

ポルシェ・マカン
ポルシェは年間12色もの「新色」をボディカラーに採用!ただし考案から採用までは耐候テストに2年以上、そしてインスピレーションは「家具業界から」

| ボディカラーを考える仕事は楽しそうだが、楽ではなさそうだ | 採用される「3年後」を見越してボディカラーを開発せねばならない この10年ほど自動車の人気ボディカラーというと「ホワイト、ブラック、シ ...

続きを見る

新型ポルシェ・タイカンのカーコンフィグレーター公開。カスタムカラーは116色、オプションを全部装着すると4500万円くらいに価格になるようだ【動画】
新型ポルシェ・タイカンのカーコンフィグレーター公開。カスタムカラーは116色、オプションを全部装着すると4500万円くらいに価格になるようだ【動画】

| プレミアムブランドの提供するオプションは年々多様化、そして高価格化している | ポルシェはもともとオプション金額が非常に効果なことで知られてはいたが さて、ポルシェは先日新型タイカンシリーズを公開 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,