ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

マイク・タイソンが所有していたフェラーリF50が競売に登場!5年前は2.6億円、現在は7.4億円の落札予想

投稿日:

マイク・タイソンが所有していたフェラーリF50が競売に登場!5年前は2.6億円、現在は7.4億円の落札予想

| フェラーリF50もF40同様、ここ数年で大きく価格を上げている |

そして今後もその価値を下げることはないだろう

さて、ボクシングのヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンがかつて所有していたフェラーリF50が競売に登場予定。

これは8月19日〜20日にかけてグッディング・アンド・カンパニーが主催するペブルビーチ・オークションにおいて出品がなされますが、450万ドルから550万ドル(約7億4000万円!)で落札されると予想されています。

ちなみに同じ個体が2017年にもオークションに登場種しており、その際の予想落札価格は最高で2億6000万円(それでもフェラーリF50史上では2番めだと言われた)だとされていたので、わずか5年で約3倍近くに値上がりしたということになりますね。

Ferrari-F50-Auction-12

マイク・タイソン氏のフェラーリF50が競売に。「F50史上二番目」の高額落札という予想

| やはり乗っていた人が有名だとそのクルマにも付加価値が | マイク・タイソン氏が所有していたフェラーリF50がアメリカのオークションに登場。F50自体は349台が製造されたとのことですが、アメリカに ...

続きを見る

このフェラーリF50は米国向けに製造された55台のうちの一台

このフェラーリF50のシャシーナンバーは104220、完成したのは1996年2月13日だといい、ボディカラーは最も「フェラーリらしい」ロッソコルサ。

米国市場向けとして当時55台しか製造されなかったそうですが、もちろんそのうちの1台ということになります。

Ferrari-F50-Auction-5

マイク・タイソン氏がこのフェラーリF50を購入したのは新車ではなく中古だそうで、ブローカ0であるナディール・アミルヴァンド氏経由にてこのクルマを手に入れており、その後2001年にはエキゾチックカーディーラーを通じインフォスペース社の共同責任者であるケビン・カーカス氏の手へ。

Ferrari-F50-Auction-1

そこから複数のオーナーの手を経た後に今年65月に現オーナーが入手し、その後にはフェラーリの正規ディーラー、フェラーリ・オフ・フォートローダーデールへとメンテナンスを依頼してクラッチとタイヤを新品に、そしてフロントサスペンション、エアコン等大規模な整備を行っている、とのこと。

Ferrari-F50-Auction-2

同時に(使用されるパーツ類が真正品であることを示す)フェラーリ・クラシケの認定も受けており、非常に高いいコレクション価値を誇ります。

Ferrari-F50-Auction-3

フロントフェンダー横のスクーデリア・フェラーリ”シールドエンブレム”は塗装ではなく七宝焼き。

Ferrari-F50-Auction-11

リアグリルの跳ね馬(プランシングホース)は現代のものよりも平面に近いようですね。

Ferrari-F50-Auction-10

このフェラーリF50のインテリア、付属品も「申し分ない」

そしてこのフェラーリF50については隅々に至るまで手が入り、インテリアにおいてもそれは同じ。

この半年間で75,000ドルにも及ぶメンテナンスが施されており、付属品としてはデタッチャブルハードトップ、工具、スペアの電球、タイヤ空気入れキット、革製ハンドブックケース、オーナーズマニュアル、保証書、(新車販売時の)オリジナルのウィンドウステッカー、カーカバー、緊急用ソフトトップ(ハードトップの脱着は工場でないとできない)、工場プレゼンテーションブック、バッグ類が付属するといい、現在の走行距離は6,193マイル(9,966km)にとどまります。

Ferrari-F50-Auction-14

合わせて読みたい、フェラーリF50関連投稿

フェラーリF50はフェラーリ50周年の折、2005年に発売された限定スーパーカーであり、その限定台数は375台。

エンツォ・フェラーリの息子であるピエロ・フェラーリがカイアh津を主導し「公道を走るF1」というコンセプトのもとに設計されています。

Ferrari-F50-Auction-13

実際にF1用エンジン(Tipo 040)をカーボンモノコックフレームにダイレクトマウントするなどF1マシン同様の構造を持っていて、簡素化された構造や内装と相まって、4.7リッターV12エンジンを積みながらもドライ時では車体重量1230kgに収まります。

エンジン出力は520馬力、トランスミッションは6速MT、駆動輪はもちろん後輪のみ。

Ferrari-F50-Auction-17

フェラーリF50付属のラゲッジセットが競売に登場!F50のコンセプトは「公道を走るF1」だがエレガンスも忘れない。もちろんスケドーニ製
フェラーリF50付属のラゲッジセットが競売に登場!F50のコンセプトは「公道を走るF1」だがエレガンスも忘れない。もちろんスケドーニ製

| 現在は100万円を超えてぐんぐん価格上昇中 |この記事のもくじ| 現在は100万円を超えてぐんぐん価格上昇中 |実際に使用することはないだろうが、コレクションとしては価値があるただしフェラーリらし ...

続きを見る

わずか8台のみしか存在しないという右ハンドルのフェラーリF50が競売に!左ハンドルとして生を受けた後、ピニンファリーナによって右ハンドルに改装されたようだ
わずか8台のみしか存在しないという右ハンドルのフェラーリF50が競売に!左ハンドルとして生を受けた後、ピニンファリーナによって右ハンドルに改装されたようだ

| おそらく右ハンドル化には相当なコストがかかったに違いない |この記事のもくじ| おそらく右ハンドル化には相当なコストがかかったに違いない |改造を担当したのがピニンファリーナであれば、その価値を下 ...

続きを見る

フェラーリF50の細部はこうなっていた!意外と無かったレビュー動画が公開に。なおルーフはファクトリーでないと脱着できない
フェラーリF50の細部はこうなっていた!意外と無かったレビュー動画が公開に。なおルーフはファクトリーでないと脱着できない

| まんまレーシングカーなのに意外と豪華な部分がある、それがフェラーリ |この記事のもくじ| まんまレーシングカーなのに意外と豪華な部分がある、それがフェラーリ |こんなクルマはやっぱりフェラーリ意外 ...

続きを見る

参照:Gooding&Co

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5