ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ・プロサングエの受注が正式に停止されたようだ!購入を希望するならば今すぐディーラーに行って「受注再開時の生産枠」を確保するしかない

投稿日:

フェラーリ・プロサングエ

| ここから注文すれば、どれだけ早くても納車には2年以上 |

おそらく最初のプロサングエ生産開始までもまだまだ時間があるはずだ

さて、フェラーリは9月中旬にブランド初のSUV「プロサングエ」を発表したところですが、その翌日にはコマーシャル&マーケティングマネージャー、そして「誰に限定モデルを売るべきか」を判断する権利を持つ男、エンリコ・ガリエッラが氏が「受注殺到につき、注文受付を一時的に終了する可能性がある」と語ったのは記憶に新しいところです。

発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性
発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性

| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |この記事のもくじ| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |わかっていたことでは ...

続きを見る

どうやらフェラーリは本当にプロサングエの受注を停止したもよう

そして今回、そのエンリコ・ガリエッラ氏がオーストラリアのカーメディアに対して「プロサングエの受注を停止した」とコメントし、どうやら今回正式に受注が締め切られたもよう(ただ、日本ではどうなのかわからない。枠を持っているディーラーもあると思う)。

加えて同氏は「注文を受けなくなったのは秘密ではありません。まだプロサングエを1台も納車していないのに、これだけ興味を持ってもらえたことを誇りに思います。今回の受注停止は、フェラーリのポジショニングとモデルの整合性を考えての決断です」とコメント。

631b55bb9ba7b26ce62de2e7

ちなみにフェラーリはプロサングエを(フェラーリの)全生産台数の20%までしか作らないと宣言しており、現在のフェラーリの総生産台数は1万台ちょっとなので、プロサングエの生産台数は年間で2,000台を超えるくらいに絞られるのだと思われます。

その理由は述べられていないものの、おそらくはSUV(プロサングエ)の台数が増えることによってフェラーリのブランドイメージが希薄化することを懸念しているんじゃないかと考えていて、そのためプロサングエは「少ない台数でも利益を取れるよう」V12エンジンを搭載し、そして販売対象をVIPのみに絞ったのかもしれません。

フェラーリ(テーラーメイド)
フェラーリは2025年までに販売台数を35%増加させ1.5万台/年を目指すようだ!プロサングエを発売したとしても総数を増やす予定はなく、つまりその生産台数は少なそう

| 多くのスポーツカーメーカーはSUV発売によって生産台数が「倍」になっているが |この記事のもくじ| 多くのスポーツカーメーカーはSUV発売によって生産台数が「倍」になっているが |合わせてフェラー ...

続きを見る

納車待ちの列の「最後」だとフェラーリ・プロサングエを受け取るのは2年後に

そしてこのプロサングエについて、受注停止直前にオーダーを入れた人だと納車までに二年はかかるとされており、今後プロサングエのオーダー受付が再開されたとしても、そこから注文を入れると「さらにそこから納車待ち」が発生することになるわけですね。

なお、フェラーリは(限定車含め)全てのモデルを同時に工場内で生産するわけではなく、特定モデルを生産し、それが終わったらまた次のモデル、という感じで生産するモデルを次々と新しいモデルへとシフトする方式を採用しています(ただし複数モデルの生産を並行して行う。しかし現在何車種まで同時生産できるのかはわからない)。

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう

これはモデルごとに生産設備や工作機械が異なるためで、工場のキャパシティ的に多くの車種を同時生産するだけの余裕がないためですが、現在生産を行っているのは2021年5月に発表された812コンペティツォーネ(フェラーリの工場周辺を走る車両から判断して)。

フェラーリ初?見る角度によって色味が変わるカラーシフト塗装採用の812コンペティツォーネが目撃。オプション価格はやっぱり1000万円以上か・・・【動画】
フェラーリ初?見る角度によって色味が変わるカラーシフト塗装採用の812コンペティツォーネが目撃。オプション価格はやっぱり1000万円以上か・・・【動画】

| フェラーリはこれまでボディカラーに関しては比較的保守的な印象があったが |この記事のもくじ| フェラーリはこれまでボディカラーに関しては比較的保守的な印象があったが |年々、顧客がフェラーリに求め ...

続きを見る

同じV12エンジンそしてフロントエンジンということを考慮するに、プロサングエの生産は812コンペティツォーネとそのオープンモデルである812コンペティツォーネAの全台数を作り終えてからということになるのだと推測していますが、いずれにせよプロサングエの生産開始までにはまだまだ時間があると考えていいのかもしれませんね。

参考までに、ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテ、ウルスSについては受注開始前にすでに「予定生産台数の枠が全て埋まった」、そしてアヴェンタドール後継モデルについてもすでに予定生産台数を売り切ったという話もあり、現在のスーパーカーは「発表されてからではもう手に入れることができない」というほど人気化しているということもわかります。

ランボルギーニ・エッセンツァ
ランボルギーニCEOがアヴェンタドール後継モデルにつき「2023年3月発表」「すでに3000台の受注がある」とコメント!強烈なブレーキングとハンドリング性能を持つことになりそう

| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして登場することになりそうだ |この記事のもくじ| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして ...

続きを見る

合わせて読みたい、フェラーリ・プロサングエ関連投稿

フェラーリ
フェラーリが「全モデルが完売」「来年も強い成長が可能」とコメントし利益予想を上方修正。296GTBの納車が進み、プロサングエが「予想を遥かに超える受注」

| フェラーリはさらに今後後年間で14車種の発表を控えている |この記事のもくじ| フェラーリはさらに今後後年間で14車種の発表を控えている |おそらくオプション装着率の向上で利益はさらに拡大すると考 ...

続きを見る

フェラーリ・プロサングエの実車レビュー動画が公開!フェラーリらしい、そしてフェラーリにはこれまでなかった装備も。アノ部分はこうなっていた
フェラーリ・プロサングエの実車レビュー動画が公開!フェラーリらしい、そしてフェラーリにはこれまでなかった装備も。アノ部分はこうなっていた

| フェラーリは文字通りSUVのハードルをひとつ(もしくはそれ以上)上げたと言っていい |この記事のもくじ| フェラーリは文字通りSUVのハードルをひとつ(もしくはそれ以上)上げたと言っていい |他の ...

続きを見る

フェラーリ・プロサングエは超高級SUV市場をどう変えるのか?ベンテイガ、ウルス、DBX、カリナンはあわせて前年比46%成長し、プロサングエの参入によって市場はさらに拡大の可能性
フェラーリ・プロサングエは超高級SUV市場をどう変えるのか?ベンテイガ、ウルス、DBX、カリナンはあわせて前年比46%成長し、プロサングエの参入によって市場はさらに拡大の可能性

| フェラーリ・プロサングエのインパクトはあらゆる方面にて市場の予想を超えていた |この記事のもくじ| フェラーリ・プロサングエのインパクトはあらゆる方面にて市場の予想を超えていた |超高級SUVセグ ...

続きを見る

参照:Drive

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5