ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

自宅の地下で17年をかけて作られた「世界で最も有名なランボルギーニ・カウンタックのレプリカ」が競売に登場!製作者は完成と同時に売却し「ただ単に作りたかった」だけのようだ

投稿日:2022/03/04 更新日:

自宅の地下で17年をかけて作られた「世界で最も有名なランボルギーニ・カウンタックのレプリカ」が競売に登場!製作者は完成と同時に売却し「ただ単に作りたかった」だけのようだ

| ここまで精巧に作られたランボルギーニ・カウンタックのレプリカは他に存在しないだろう |

それにしてもほぼ走らずに売却するとはもったいない

さて、17年という歳月をかけてランボルギーニ・カウンタックのレプリカを製造したという話が(2008年に)話題となりましたが、今回そのカウンタックがebayに売りに出されてさらに話題を呼ぶことに。

このカウンタックのレプリカを製造したのはケン・イムホフさんという人物で、彼は映画「キャノンボール」を観たあとに自分でカウンタックのレプリカを作ることを決意しており、自宅の地下室で「ゼロベースから」このカウンタックを作り上げています。

一部パーツには本物のカウンタックのパーツを使用

なお、ケン・イムホフさんは「安っぽい」レプリカを製作する気は毛頭なく、よって既存のクルマをベースにすることを拒否し、カウンタックと同じディメンションを再現するためにフレームを自作しています。

Lamborghini-Countach-Replica-14

サスペンションは観た感じだとマルチリンク、そしてラジエターもけっこういい位置に搭載していますね。

Lamborghini-Countach-Replica-13

フレームは「自作」となるものの、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどはほか車種からの流用だといい、しかしそれぞれけっこう良いパーツを使用しているようにも見えます。

ちなみにエンジンはV8(鍛造ピストン、新しいロッド、カム、プッシュロッド、ポート研磨されたヘッドから成る377キュービックインチ・ストローカーキットが取り付けられている。エキゾーストパイプは自作っぽい)、トランスミッションはZF製5速マニュアル、サスペンションはC4世代のコルベットから。

Lamborghini-Countach-Replica-12

ちなみにボディはこんな感じで「木型」を作ってからパネルを形成するという、当時のコーチビルダーのような手法を採用しています。

countach10

そして完成したランボルギーニ・カウンタックがこちら

そうやって完成したのがこのカウンタックですが、テールランプ、パーキングランプ、フロントガラス、エンブレムなどには「本物の」パーツを使用しているということもあり、見た目は完全に本物のカウンタック。

Lamborghini-Countach-Replica-2

ホイールやフェンダーも完璧に再現。

Lamborghini-Countach-Replica-1

シザースドアもパーフェクト。

なお、サイドウインドウの下側は「完全に」窓が下りていて、この部分は本物のカウンタックよりも使い勝手が良いのかもしれません(本物のカウンタックの窓はちょっとしか下りない)。

Lamborghini-Countach-Replica-5

ただしリアだとエキゾーストパイプの位置や・・・。

Lamborghini-Countach-Replica-9

サスペンション、デフなどに違和感が残るものの、まずここまでチェックする人はいないかも。

Lamborghini-Countach-Replica-7

一方、インテリアは非常に簡素であり、メーターフードこそ「カウンタックらしさ」が感じられるものの、そのほかは「色気なし」といったところですね。

なお、このカウンタック「レプリカ」の重量は1224kgだそうですが、これは本物のカウンタックとほぼ同じ(ちょっと重い)。

一方、出力は514馬力を発生するために「いずれの世代のカウンタックよりも」パワフルだということになり、実際に走らせると相当に楽しいクルマなのかもしれません。

走行距離はわずか112キロのみで、現在のところ入札が殺到して10万ドルにも達していますが、オークション終了までにはまだまだ価格が上がるものと思われます。

Lamborghini-Countach-Replica-11

このカウンタック・レプリカには有名なエピソードも

なお、このカウンタックLP5000Sレプリカにつき、その完成度の他にも有名なエピソードがあり、それは「地下室で作られたが、地下室から出すことができなかった」というもの。

つまりその地下室には、外に通じる(クルマが出入りできるサイズの)通路がなく、よってこのカウンタックを屋外へ出すために地面を掘り、そこから地下室の壁に穴を開け、そこから引っ張り出すという「救出劇」が演じられています。

ちなみにこのケン・イムホフさんは、17年と65000ドルを投じて製作したカウンタックのレプリカを「すぐに」売ってしまっており、レプリカを作った目的そのものが”どこまで自分の力で本物に近づけるのか”というチャレンジだったのかもしれません。

countach6

地下からカウンタックのレプリカを引っ張り出す動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタックのレプリカ関連投稿

リアウイングが逆!クルマに愛情がない人が商売目的でレプリカを作るとこうなるというランボルギーニ・カウンタック
リアウイングが逆!クルマに愛情がない人が商売目的でレプリカを作るとこうなるというランボルギーニ・カウンタック

| それ以外の部分は、実際のところ意外とよくできているようだ |この記事のもくじ| それ以外の部分は、実際のところ意外とよくできているようだ |今でも商業目的のレプリカ製作はけっこう多いようだそのほか ...

続きを見る

【動画】史上最高レベルのランボルギーニ・カウンタック「レプリカ」!車体はヒュンダイ、エンジンはレクサス、足回りはR32スカイラインから

| 製作したのはタイの俳優、ビーム氏 |この記事のもくじ| 製作したのはタイの俳優、ビーム氏 |そのスタイルは未来派レンダリングをイメージ?カウンタック・レプリカのインテリアはこうなっているビーム氏は ...

続きを見る

自宅地下にて、ランボルギーニ・カウンタックのレプリカを17年かけて「手作り」した男の物語

| 「キャノンボール」に登場したカウンタックに魅せられ、17年かけて”自作”カウンタックを製造 |この記事のもくじ| 「キャノンボール」に登場したカウンタックに魅せられ、17年かけて”自作”カウンタッ ...

続きを見る

参照:Ron Susser, Wonder World

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5