ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニがオーナー向けの「ランボルギーニ・マガジン」にこっそりニューモデルの画像を掲載していた・・・?ウラカンの新バリエーション説が有力

投稿日:

ランボルギーニがオーナー向けの「ランボルギーニ・マガジン」にこっそりニューモデルの画像を掲載していた・・・?ウラカンの新バリエーション説が有力

| 一説にはウラカン向けのオプションだとも言われているが |

とにかく、ランボルギーニが2022年にウラカンのバリエーションを2つ追加することは明確になっている

さて、ランボルギーニが「こっそり」ニューモデルのティーザー画像を公開。

これはオーナー向けに配布される「ランボルギーニマガジン」の1ページを使用して告知されたもので、「衝撃的なデザインと無限のパーソナリゼーションとが究極のドライビングエクスペリエンスと結びつき、人馬一体感を拡張する。ライフスタイルと最新テクノロジーとの融合による最高のドライビングプレジャーに備えよ」というキャプションが付けられています。

そして画像ではウラカンのテールパイプと思われる画像が掲載され、しかしその形状は通常の「丸」ではなく「六角形」となっています。

ランボルギーニ・マガジン
ランボルギーニオーナー向けの情報誌「ランボルギーニ・マガジン」最新号が届く!ランボルギーニ流の「雰囲気イケメンづくり講座」が面白い

| その内容は多岐にわたり、ランボルギーニの過去・現在のモデル、世界中のトラベルやグルメ情報、そして著名人の特集など |この記事のもくじ| その内容は多岐にわたり、ランボルギーニの過去・現在のモデル、 ...

続きを見る

これはウラカンのニューモデル?

今回公開されている画像については様々な理解があり、まずは「新しいオプションが追加される」説。

これについてはなんらかの裏付けを行えるエビデンスがあるわけではないようですが、ウラカン(前期型)でもエアロパッケージ含むオプションが追加されており、「ライフスタイル」「テクノロジー」といったところから見て、これらに特化した様々なオプションが登場するんじゃないかという話が出ているわけですね。

なお、現在のウラカンEVO/EVO RWDは、前CEOであるステファノ・ドメニカリ氏が企画したものであり、しかしフェイスリフトを行うのも無理があって(ウラカンEVO/EVO RWDは登場してからさほど時間が経っておらず、そしてフェイスリフトしたとしても、1-2年で販売が終了する)、そのため現ステファン・ヴィンケルマンCEOは「自身の色を出すために」現行モデルを(ユーザーによって)アップデートできる選択肢を提供するのかもしれません。

ちなみに下は「ノーマル」のテールパイプ。

3K4A3014

そしてもうひとつは「ウラカンのニューモデル」。

こちらのほうがいささか現実的でもあり、というのも「ステラート」「テクニカ」という2つのモデルが登場する可能性が高いと言われるため。

そして「ステラート」が車高を上げることで”普段乗りしやすい”ウラカンであるならば、この「ライフスタイル」というところはしっくりくるのかもしれません。

反面、重心が上がることでドライビングプレジャーが多少なりとも損なわれる可能性があり、となるとランボルギーニが指摘する「ドライビングプレジャー」とはやや異なるところも。

【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される
【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される

| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは思わなかったが、現実に市場投入されることになりそうだ |この記事のもくじ| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは ...

続きを見る

情報を整理すると「ウラカン・テクニカ」?

となるとこの画像のテールパイプを持つウラカンは「テクニカ」なんじゃないかとも考えられ、これは「ウラカンSTOと、ウラカンEVO RWDの中間」あたりに位置するモデルだとも言われており、より「ステファン・ヴィンケルマン色の濃い」仕様を持つとも見られています(アヴェンタドールLP780-4ウルティメのように、ランボルギーニ、そしてこの場合はV10モデルのエッセンスを詰め込んだモデルとなるのかも)。

ちなみにこの「6角形のテールパイプ」はシアンFKP37/シアン・ロードスターにも採用されるものですが、今回ランボルギーニ・マガジンに掲載されたもののほうが、よりシャープにも見えますね。

L1400398

こちらもCHECK

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニが「ウラカン・テクニカ」の商標を出願!ガヤルド時代の「テクニカ」は軽量ハイパフォーマンスなフラッグシップモデルだったが、ウラカンではどんなモデルに?

| さらにはアヴェンタドール同様、ウラカンでも伝統の「LP」ネームが復活なるか |この記事のもくじ| さらにはアヴェンタドール同様、ウラカンでも伝統の「LP」ネームが復活なるか |おそらくはなんらかの ...

続きを見る

このウラカン・テクニカと思われるモデルは4月に発表されるんじゃないかと予想されていますが、その後にウラカン・ステラートが「ウラカンの最終限定モデル」として追加されるという説も。

実際のところ、ランボルギーニは「2022年にウラカンのバリエーションを2つ投入する」とコメントしているので、なんらかのニューモデルが追加されることは間違いなさそうですね。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ
ランボルギーニ・ウラカンのさらなる追加モデルは「JVストラダーレ」?ウラカンSTOのちょっとマイルド版になるというウワサ

| ランボルギーニは相変わらず「攻撃の手を緩めない」 |この記事のもくじ| ランボルギーニは相変わらず「攻撃の手を緩めない」 |新CEOは自身のやり方でモデル展開をリブートする?ウラカンJVストラダー ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版(ステラート?)は限定、かつ「もっとも高価なウラカンになる」とのウワサ
ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版(ステラート?)は限定、かつ「もっとも高価なウラカンになる」とのウワサ

| 実際に目にすると、「スーパーカー x オフローダーというインパクトに圧倒されそうだ |この記事のもくじ| 実際に目にすると、「スーパーカー x オフローダーというインパクトに圧倒されそうだ |ラン ...

続きを見る

ランボルギーニ
ランボルギーニCEOが「2022年はウラカンに派生モデル2つ」「ウルスに2種のフェイスリフトモデル」発売と明言!なおウラカンとウルスPHEVは2024年、ウラカン後継にはV10非搭載の可能製

| ウラカン派生モデルは「オフロード版」「地味なSTO」と言われるが、ウルスのフェイスリフトには隠し玉の可能性も |この記事のもくじ| ウラカン派生モデルは「オフロード版」「地味なSTO」と言われるが ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5