ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニは密かにIPO(新規株式公開)の準備を進めていた!金融アナリスト「それは18ヶ月のうちに起きるだろう。時価総額は2兆2億円に迫る」

投稿日:2022/11/10 更新日:

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

| 現時点ではどこの市場に上場するのか明らかではないが、ボクとしてはNYへの上場を希望 |

できれば証券市場においてもフェラーリとの「株価対決」を見せてほしいものだ

さて、先日ポルシェが無事フランクフルト証券取引所へと株式を公開し、10兆円という同取引所史上2番めの大型上場となって話題を振りまいていますが、今回ランボルギーニもIPO(新規株式公開)の準備を進めていたことが明らかに。

現在ランボルギーニはフォルクスワーゲングループに属しているので、もしこれが実現したとなると、フォルクスワーゲンはポルシェの上場に続き、巨額資金を獲得することに成功することになりそうです。

【最新版】ランボルギーニ、ポルシェ・・・。あのブランドはどのグループに所属?自動車ブランドとグループ一覧

| 「独立」を貫いている自動車メーカーも結構多い |この記事のもくじ| 「独立」を貫いている自動車メーカーも結構多い |フォルクスワーゲングループトヨタ自動車ルノー・日産・三菱自動車連合GM(ゼネラル ...

続きを見る

ランボルギーニが上場すればその価値は2億2000億円(150億ユーロ)にも

なお、この「ランボルギーニ上場計画」については、ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマンCEOいわく「ポルシェが具体的に上場の計画を進めるよりも前に動き出していた」といい、同氏によれば「我々は、より具体性を出すために、この上場計画を他の代理店と一緒に取り組んできました。ブランドとしてどんな価値があるのかを示すために、長い間そうしてきたのですが、少し前までは、あまり知られていなかったのもまた事実です」。

さらに「IPOとは、まさに我々がどれだけ堅実であり、将来に向けて何が進行しているかを世間に示すために行うものです。我々はそのための明確なストーリーと戦略を持っています」とも。

ちなみにランボルギーニ(とブガッティ)については、2020年にフォルクスワーゲングループが売却に向けて動いたとの報道があり、しかしその後「資金的な余裕ができて売却の必要がなくなった」としてこのプランを撤回しています。

【動画】ランボルギーニ・ウラカン・テクニカを見てきた!やはりランボルギーニのインテリアにはビビッドな色使いがよく似合う

当時フォルクスワーゲンがランボルギーニとブガッティの売却に動いたのは、これら2つのブランドが(当時)フォルクスワーゲングループの進めるエレクトリック戦略にマッチしなかったこと(両方とも大排気量ガソリンエンジンを守る戦略を打ち出していた)、そしてフォルクスワーゲンが電動化シフトを行うに際して必要な巨額資金を売却によって手にできる可能性が高かったこと(つまり高く売れるのがこの2ブランドであった)が理由だとされていますが、上場計画はこの際に具体化したのかもしれません(ランボルギーニとしては、身売りよりもスピンオフを選びたかった?)

ただ、「撤回」したことからもわかるとおり、フォルクスワーゲンもランボルギーニとブガッティを「不要」だと考えていたわけではなく、電動化資金捻出のために「やむなく」売却を検討していたとも言われていますね。

ランボルギーニ・カウンタック
ランボルギーニ売却話には続きがあった!スイスの持ち株会社が1兆円にて買収を申し出る。影でポルシェ一族暗躍とのウワサ

| まさかランボルギーニの買収がこういった形で具体化するとは |この記事のもくじ| まさかランボルギーニの買収がこういった形で具体化するとは |いったんは落ち着いたランボルギーニの身売り話だがただしフ ...

続きを見る

そしてランボルギーニは「過去最高」の業績へ

そして現在、ランボルギーニは好調の極みにあり、販売台数はもちろん利益も過去最高に達していて、つまりブランドとしての価値が非常に高くなっていると考えることが可能です。

ランボルギーニはコロナ禍においてもアストンマーティンやマクラーレンとは異なって大きく業績を伸ばしており、つまりはフェラーリ同様に「非常に不況に強い」ブランドであることを示したわけですが、この状況においては上場しないほうが不思議だと言えるかもしれません。

ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ
ランボルギーニが1−9月において7,430台を販売し新記録達成!このペースで成長を続ければフェラーリの販売台数をあと2−3年で抜くことになるのかも

| ウルス発売以降のランボルギーニの成長は凄まじい |この記事のもくじ| ウルス発売以降のランボルギーニの成長は凄まじい |一方、フェラーリは希少性を保つために販売台数の伸び率を「制限」しているランボ ...

続きを見る

ブルームバーグのその金融アナリスト、マイケル・ディーン氏によれば、「それは今後18ヶ月の間に起こりうる」と述べ、さらにその価値は150億ユーロ(約2兆2億円)に達するだろう、とも。

もちろんこれはポルシェの「10兆円」には及ばないものの、ランボルギーニの販売台数はポルシェの30分の1以下であり、それを考えるとこの予想はランボルギーニの非常に高いブランド価値を示している、とも考えられます。

ポルシェ
ポルシェがついに上場(IPO)!時価総額は10兆円、VWとほぼ並び、フェラーリの倍近い規模へ。現時点でも「まだ上がる」派と「株価の維持は難しいだろう」派とでまっぷたつ

| ポルシェが売出し価格を上限に設定したこと、そしてそれを維持したことは多くの投資家にとって驚きだったに違いない |この記事のもくじ| ポルシェが売出し価格を上限に設定したこと、そしてそれを維持したこ ...

続きを見る

あわせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

新型ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」は12月1日に発表!公開はアートバーゼルにて行われ、「なぜアートイベントにてお披露目するのか」を考えてみた
新型ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」は11月30日に発表!公開はアートバーゼルにて行われ、「なぜアートイベントにてお披露目するのか」を考えてみた

| ランボルギーニはウラカン・ステラートをまったく新しい乗り物だと定義し、その先駆者だと考えている |この記事のもくじ| ランボルギーニはウラカン・ステラートをまったく新しい乗り物だと定義し、その先駆 ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァ
ランボルギーニCEOがアヴェンタドール後継モデルにつき「2023年3月発表」「すでに3000台の受注がある」とコメント!強烈なブレーキングとハンドリング性能を持つことになりそう

| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして登場することになりそうだ |この記事のもくじ| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして ...

続きを見る

参照:CARBUZZ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5