ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【動画】なぜ?ホンダが北米市場専用「HR-V(日本ではヴェゼル)」に全く新しい特別な顔つきを採用。欧州向けとも異なり独自の嗜好へアピールか

投稿日:

【動画】なぜ?ホンダが北米市場専用「HR-V(日本ではヴェゼル)」に全く新しい特別な顔つきを採用。欧州向けとも異なり独自の嗜好へアピールか

| 市場によって対応を分ける自動車メーカー、そうでない自動車メーカーとの差が大きく分かれ始める |

ホンダは昔から「その市場にマッチしたデザインを行う」ことで人気を博してきたメーカーだったが

さて、ホンダがアメリカにて、2代めとなる新型HR-Vを発表。

「HR-V」そのものは欧州市場でも発表されており、この欧州版HR-Vは日本だとヴェゼルを名乗っていますが、北米版HR-Vは「欧州版HR-Vとも、日本版ヴェゼルとも待った異なる」外観を持っています。

なお、違うのは前後バンパーやグリル、ヘッドライトくらいかと思ってよく見てみたものの、そもそものボディ形状や、後部ドアのリリースハンドル位置も異なり、よって北米版HR-Vは欧州版HR-V、日本版ヴェゼルとは根本的に「別のクルマ」ということになりそうですね。

ホンダが新型ヴェゼルを発表!トヨタの「濃い口」デザインに対してあまりに「薄味」
ホンダが新型ヴェゼルを発表!トヨタの「濃い口」デザインに対してあまりに「薄味」、このままで大丈夫かホンダ!?なおネット上では「CX-ハリアー」と呼ばれる

| ヤリスに対してフィットは大敗を喫しているが、新型ヴェゼルはC-HRを打ち負かすことができるか |この記事のもくじ| ヤリスに対してフィットは大敗を喫しているが、新型ヴェゼルはC-HRを打ち負かすこ ...

続きを見る

北米版HR-Vはこんなクルマ

そこでこの北米版ホンダHR-Vですが、日本のヴェゼルとは似ても似つかないばかりか、ほかのホンダ車、そしてアキュラ車とも共通性がほぼなく、全く独自の顔を持つと考えて良さそう。

02-2023-Honda-HR-V

ちなみにホンダは、最近北米で人気の「マッチョな顔つき」にシフトしたいとも考えていて、つまりこれはフォードF-150やトヨタ・タンドラのようなタフな顔ということになりますが、実際に「パスポート」をタフ仕様に仕上げたグレードも投入しています(スバルの投入した”ウィルダネス”の影響もあると言われる)。

「スバル・エフェクト」がホンダにも!?ホンダがパスポートのマイチェンにてワイルドな「トレイルスポーツ」を設定し、スバルのようだと話題に
「スバル・エフェクト」がホンダにも!?ホンダがパスポートのマイチェンにてワイルドな「トレイルスポーツ」を設定し、スバルのようだと話題に

| ホンダはこれまで都会的でクリーンなデザインを売り物にしてきたが |この記事のもくじ| ホンダはこれまで都会的でクリーンなデザインを売り物にしてきたが |やはり現代において「低刺激な」デザインでは売 ...

続きを見る

なお、現在のホンダは(日本だとフィットやヴェゼルに代表される)クリーンなデザインへと移行しつつあるものの、北米では「押しが強くないと」売りにくいという側面もあり、実際にアクの強い顔を(北米市場で)採用することも検討中だといわれたことも。

CR-V、フィットがRAV4/ヤリスに惨敗のホンダ。無味無臭な都会派デザインを捨て「マッチョになる」ことを検討中

| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |この記事のもくじ| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |世の中は「アクの強いクルマ」を好む方向へ?金太郎 ...

続きを見る

ちなみにこちらは日本仕様のヴェゼル。

こちらに比較すると、北米版HR-Vのフロントグリルが突き出ていることがわかり、かなり異質にも見えますね。

1

こちらは北米版HR-V。

ホンダによると、11代目シビックと同じプラットフォームを採用し、ホイールベースは先代比で5センチ長い、とされています。

04-2023-Honda-HR-V

こちらはホンダ・ヴェゼル。

21

北米版HR-Vのリアはこう。

01-2023-Honda-HR-V

こちらはヴェゼル。

こうやって見るとHR-Vは前後フェンダーの力強さを強調し、いくぶん丸いデザインが与えられ、かつ荷室スペースを重視したであろうリアセクションを持つことがわかります。

3

やはり北米市場には専用デザインが必要?

ホンダのアメリカ法人にて販売担当副社長を務めるマイケル・キステメイカー氏によれば「新型HR-Vによって、若いバイヤー、初めてホンダへと流入するバイヤー、そして多文化なバックボーンを持つ顧客に対してアピールを行うことができ、我々の(このセグメントにおける)プレゼンスがより強力なものとなることを期待している」とのこと。

もしかするとホンダのアメリカ法人としては「もっとアグレッシブなルックスを採用したかった」ものの、ホンダ本社(日本)との調整がつかなかった可能性もあり、しかし今後はさらに「北米色」と強める可能性もありそう(なんとなく、やりきれていない感が感じられるので)。

現在のところ北米市場のみがやや特殊な嗜好をもっており、実際にマツダも”ワイルドな”CX-50を北米専用として投入したり、CX-60/CX-70/CX-80/CX-90といったラージ商品群においても「北米市場専用モデルとその他市場用」とを分けており、各自動車メーカーにとって、北米市場で存在感をあらわそうとすると、やはり専用モデルが必要になるのかもしれません。

新型ホンダHR-Vのプロモーション動画はこちら

あわせて読みたい、ホンダ関連投稿

ホンダがヴェゼルとCR-Vの中間に位置するコンパクトSUV、「BR-V」をフルモデルチェンジ!フロントには最近のホンダが好む「直立グリル」
ホンダがヴェゼルとCR-Vの中間に位置するコンパクトSUV、「BR-V」をフルモデルチェンジ!フロントには最近のホンダが好む「直立グリル」

| 駆動方式はFFのみ、開発コストを切り詰めることで低価格を実現 |この記事のもくじ| 駆動方式はFFのみ、開発コストを切り詰めることで低価格を実現 |最近のホンダの特徴でもある「直立グリル」を採用二 ...

続きを見る

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売
ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

| ホンダは中国にてガソリンエンジン版ヴェゼルを「ヴェゼル」のほか「XR-V」の名称でも販売中 |この記事のもくじ| ホンダは中国にてガソリンエンジン版ヴェゼルを「ヴェゼル」のほか「XR-V」の名称で ...

続きを見る

【動画】ホンダのあまりに前衛的すぎる中国専用「e:N SUV」はこんなクルマ!相変わらずホンダはコストがかかろうとも「現地受け」するモデルに注力するようだ
【動画】ホンダのあまりに前衛的すぎる中国専用「e:N SUV」はこんなクルマ!相変わらずホンダはコストがかかろうとも「現地受け」するモデルに注力するようだ

| ホンダはローカライズを重視する会社だが、それがホンダを儲からなくしている |この記事のもくじ| ホンダはローカライズを重視する会社だが、それがホンダを儲からなくしている |このまま発売されるとは思 ...

続きを見る

参照:Honda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5