ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ・アキュラ関連のネタ、ニュースです。

ホンダがGMとの共同開発となるEV、「プロローグ」を発表。なぜプロローグという名なのか、なぜミッドサイズSUVを選択したのか、ホンダの戦略を考える

ホンダがGMとの共同開発となるEV、「プロローグ」を発表。なぜプロローグという名なのか、なぜミッドサイズSUVを選択したのか、ホンダの戦略を考える

2023/9/29    , , , ,

| このプロローグは「ホンダが考えて考えて考え抜いた末の」戦略が反映されている | スペックやデザイン、実用性については申し分ない さて、ホンダが北米にて展開を行うBEV「プロローグ」を正式発表。この ...

映画「トップガン」では当初カワサキではなくホンダのバイクが登場する予定だった。ホンダ自らが語る「信念に基づき、トップガンにバイクを提供しなかった理由」とは

映画「トップガン」では当初カワサキではなくホンダのバイクが登場する予定だった。ホンダ自らが語る「信念に基づき、トップガンにバイクを提供しなかった理由」とは

| ホンダはたしかに「失った」ものも大きかったが、信念を貫くことで得たものもそれ以上にあるはずだ | それにしてもホンダの安全に対する意識の高さには驚かされる さて、映画「トップガン」はハリウッド映画 ...

ホンダがジャパンモビリティショーでの出展概要を公開。目玉は「スペシャリティ スポーツ コンセプト」、ひとまずは「サステナ・シー コンセプト」などの画像を公開

ホンダがジャパンモビリティショーでの出展概要を公開。目玉は「スペシャリティ スポーツ コンセプト」、ひとまずは「サステナ・シー コンセプト」などの画像を公開

| ホンダ スペシャリティ スポーツ コンセプトの情報はショー開催まで「おあずけ」となりそうだ | 「スペシャリティ スポーツ コンセプト」はプレリュードの再来という説もあるが さて、ホンダが「JAP ...

ホンダがル・マン24時間レースに参戦?日本のHRCと米ホンダ・パフォーマンス・デベロップメントとが手を組んで「HRC US」を設立、活動をグローバル化

ホンダがル・マン24時間レースに参戦?日本のHRCと米ホンダ・パフォーマンス・デベロップメントとが手を組んで「HRC US」を設立、活動をグローバル化

| ホンダは様々な資産を持ちながらもそれを統合して活かせる方法を持っていなかった | 今後、HRC USにあらゆるホンダのモータースポーツに関するノウハウが集中することになりそうだ さて、ホンダが新た ...

ホンダ

ホンダが「環境に優しい運転をするドライバーには、暗号資産で報酬を支払う」特許を出願していたことが明らかに。その狙いはいったいどこに?

2023/9/22    , ,

| ホンダとしては、トータルでの二酸化炭素排出量を減らしたい | 実用化には様々な懸念や課題があるが、ホンダ車購入のモチベーションとしても機能しそうだ さて、ホンダが「より環境に優しい運転をした顧客に ...

ホンダがモトコンポの後継モデル「モトコンパクト」発表。ハンドル等を折りたたんでブリーフケース状に変形し家庭でも充電可、お値段約15万円

ホンダがモトコンポの後継モデル「モトコンパクト」発表。ハンドル等を折りたたんでブリーフケース状に変形し家庭でも充電可、お値段約15万円

| 日本での販売については言及されていないが、乗るあてがなくとも欲しくなってしまう | 本当にこのクオリティが再現されていれば「非常に高いコストパフォーマンス」を持つと断言できる さて、ホンダがモトコ ...

EV

ホンダが北米にてテスラの充電規格「NACS」に対応すると発表。2025年の市販車からスーパーチャージャーを利用でき、それまでのEVはアダプターを用いることで充電可能に

2023/9/8    , , , ,

| ここまで来れば、残るいくつかのメジャーメーカーもテスラのNACS規格に対応せざるを得ないだろう | この流れがテスラにどれくらいの利益を与えるかが気にかかる さて、ホンダが「北米で販売する電気自動 ...

トヨタ

2023年8月の国産車登録ランキングはトヨタ圧勝。前年比だとクラウン20倍、ヴェルファイア16倍、レクサスNXも20倍となり10位中8台がトヨタ、20位中でも14台がトヨタ

| もはやトヨタ/レクサスの勢いを止めることはもう不可能だろう | 加えて、トヨタの生産や販売を阻害する要素も見当たらない さて、日本自動車販売境界連合会による2023年8月の国産車登録状況が公開。ま ...

ポルシェ918スパイダーと「1,000馬力の」ホンダ・インテグラ・タイプRが加速を競う。なんとインテグラ・タイプRは4WD化されており918スパイダーに勝利する【動画】

ポルシェ918スパイダーと「1,000馬力の」ホンダ・インテグラ・タイプRが加速を競う。なんとインテグラ・タイプRは4WD化されており918スパイダーに勝利する【動画】

| やはりドラッグレースにおける後半の伸びを決するのは「軽量性」 | 両者とも一歩も譲らず好勝負を見せる さて、ポルシェ918スパイダーとホンダ・インテグラ・タイプR(DC5)のドラッグレースという「 ...

ホンダが「プレリュード」の商標を出願。プレリュードに2台続けて乗ったボクとしてはその復活に大いに期待したい

ホンダが「プレリュード」の商標を出願。プレリュードに2台続けて乗ったボクとしてはその復活に大いに期待したい

| ホンダはすでにナゾの「スペシャルティ」を発売するとアナウンスしており、これがプレリュードではないかとボクは考える | そして新世代のプレリュードは「ピュアエレクトリック」となるだろう さて、ホンダ ...

次期ホンダNSX?「アキュラ・エレクトリック・ビジョン・デザイン・スタディ」のティーザー画像が公開、IMSA用レーシングカー「ARX-06」に似たライトも

次期ホンダNSX?「アキュラ・エレクトリック・ビジョン・デザイン・スタディ」のティーザー画像が公開、IMSA用レーシングカー「ARX-06」に似たライトも

| 現時点ではホンダからの詳細情報が提供されていないが、NSXに「つながる」何かを持っているのは間違いなさそう | そして次期NSXは二代目に続き、またもや北米ホンダ主導で開発されるのかも さて、アキ ...

トヨタ・クラウン

2023年7月の国産ブランド販売ランキングではトヨタ/レクサスが56%のシェアを獲得。クラウン前年比15倍、プリウス4倍など新世代のデザインが支持される

| それでもさすがにトヨタのキモ入り「ツートンカラー」は敬遠されがちのようだ | おそらくトヨタの新世代デザインは他社製品を駆逐してしまうだろう さて、日本自動車販売協会連合会による2023年7月の国 ...

ホンダ上層部「いずれタイプRも電動化されるでしょう。ただしその条件は唯一つ、ドライビング・プレジャーという重要な要件において現行モデルを超えることです」

ホンダ上層部「いずれタイプRも電動化されるでしょう。ただしその条件は唯一つ、ドライビング・プレジャーという重要な要件において現行モデルを超えることです」

| ホンダは時代の変化にあわせて様々なタイプRの可能性を追求しており、内燃機関にこだわっているわけではない | ホンダは「電動化時代には、電動化時代なりの楽しみ方がある」と考えている さて、先日「創立 ...

ホンダS2000

ホンダS2000後継モデルがEVとして「ホンダ創業75周年」の今年後半に発表?加えて「初の電動タイプR」となる可能性も

| S2000復活の話はこれまでにも幾度となくあがっているが、ホンダの置かれている現状がそれをなかなか許さない | 今回ばかりは「実現性」が高く、どのように他社のEVと差別化を行うのかに期待したい さ ...

ホンダが「シビック・タイプR-GT」を発表。NSX-GTの後継としてGT500を戦い「勝利にこだわり、初年度からチャンピオン獲得を目指す」

ホンダが「シビック・タイプR-GT」を発表。NSX-GTの後継としてGT500を戦い「勝利にこだわり、初年度からチャンピオン獲得を目指す」

| 昨年のスーパーGTはGT300、GT500とも日産がチャンピオンシップを獲得、ホンダは日産の牙城を崩さねばならない | なお、シビック・タイプRはNSX-GT同様に「後輪駆動」 ホンダ・レーシング ...

ホンダ公式、「タイプR」「ビート」「プレリュード」などの車名、ホンダエンブレムを刻印できるブライダルリングが登場。ロゴは12種から選べるセミオーダー仕様

伴侶に愛を誓うと同時にホンダにも愛を誓うカップルに。ホンダ公式、「タイプR」などの車名、ホンダエンブレムを刻印できるブライダルリングが登場

| 「シビック・タイプR」「インテグラ・タイプR」のほか、「ビート」「プレリュード」などのマニアックな車名も | ホンダ、車名のロゴは12種から選べるセミオーダー仕様 さて、「スバルとヒノキ桶」「スズ ...

トヨタ

2023年6月の国産車登録台数ランキングが公開。クラウンは前年比10倍、プリウスは6.7倍に伸び、そのほかにもトヨタ/レクサスの新型車が軒並み好調

| もっとも販売が伸びたブランドだとレクサス(2.4倍)、次いでトヨタ(1.6倍) | ここ数ヶ月でマイクロチップの供給不足が一気に解決されているようだ さて、日本自動車販売協会連合会による2023年 ...

今年のパイクスピーク用NSXは「タイプS アクティブエアロ スタディ」!これまでに見たことがない矢のようなフォルムを持ち、可変エアロで山頂に挑む

今年のパイクスピーク用NSXは「タイプS アクティブエアロ スタディ」!これまでに見たことがない矢のようなフォルムを持ち、可変エアロで山頂に挑む

| アキュラ「NSX タイプS アクティブエアロ スタディ」はこれまでの中で、圧倒的にエクストリームなマシン | アキュラがパイクスピーク・ヒルクライム・インターナショナルへと挑むのは13回目 さて、 ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5