ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ・アキュラ関連のネタ、ニュースです。

新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい

新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい

| 現代のシビック・タイプRは「最大公約数」をカバーするクルマではなくてはならない | かつてのシビック・タイプRとは価格もポジショニングも全く異なる さて、いつもクオリティの高いレンダリングを公開す ...

初代ホンダNSXを原型なきほどにカスタムした車両が販売中!エアロはヴェイルサイド、テールランプはフェラーリから、そしてメーターはS2000から

初代ホンダNSXを原型なきほどにカスタムした車両が販売中!エアロはヴェイルサイド、テールランプはフェラーリから、そしてメーターはS2000から

| どうやらこのNSXは販売に苦戦し値下げを行ったようだ | ホンダNSXそのものは人気だが、ここまで弄られていると手を出すのに戸惑ってしまう さて、初代ホンダNSXは現在継続してその価値を上げ続けて ...

ホンダS2000CRが12万5000ドル(1810万円)で落札!米中古車売買サイトでは歴代二番目の高額落札、ここ数年のS2000の高騰ぶりは凄まじい

ホンダS2000CRが12万5000ドル(1810万円)で落札!米中古車売買サイトでは歴代二番目の高額落札、ここ数年のS2000の高騰ぶりは凄まじい

2022/10/1    , , , , ,

| ちょっと前まではこれよりもコンディションが優れるS2000CRが半分の価格で入手できたが | この勢いだと今後まだまだ価格が上昇しそう さて、2008年モデルのホンダS2000が米中古車売買サイト ...

アキュラ副社長が「3代目NSXはピュアエレクトリックで、直線が速いだけのクルマではない」と復活を示唆。ただしモロモロの事情を考慮すると、新型NSXはアメリカ企画とはならなさそう

アキュラ副社長が「3代目NSXはピュアエレクトリックで、直線が速いだけのクルマではない」と復活を示唆。ただしモロモロの事情を考慮すると、新型NSXはアメリカ企画とはならなさそう

| おそらくホンダはこれまで「世界中の各法人」に与えていた権限を本社に集約させているようだ | この流れからすると、新型NSXがあるとすれば日本企画となるのかも さて、ホンダは「NSX Type S」 ...

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

| ホンダは現行シビック・タイプR(FL5)にてより多くのユーザーに門戸を開いたと考えている | その流れから「ワゴン」という選択肢があってもいいんじゃないかと思う さて、いつも美しい「もしも」系レン ...

ホンダが電動バイクの拡大計画を発表!2030年までに年間350万台を販売し構成比率を15%に。なお、2輪はホンダの稼ぎ頭であり、全体の半分の利益を2輪で稼いでいた

ホンダが電動バイクの拡大計画を発表!2030年までに年間350万台を販売し構成比率を15%に。なお、2輪はホンダの稼ぎ頭であり、全体の半分の利益を2輪で稼いでいた

2022/9/15    ,

| 確かに取り組まねばならない事業ではあるが、価格が高くなりすぎること、中国メーカーに対抗できないであろうことから「茨の道」だと考える | とにかく売れるか売れないかはその「価格」次第 さて、意外と少 ...

トヨタ・ミライ

2022年8月の国内販売ランキング公開!トヨタはTOP10にわずか5台しか送り込めず、日産リーフは1位のヤリスを狙う。なおアウトランダーは前年比25倍の破竹の進撃

| トヨタはサプライチェーン不足によって想定外の苦戦を強いられているようだ | トヨタ、レクサス、ダイハツ以外は揃って前年比の販売をクリア さて、2022年8月の国内自動車販売台数が公開。全メーカーの ...

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたようだ | 正直、ここまで高い完成度を誇るとは想像もしていなかった さて、新型ホンダ・シビック・タイプRに試乗(残 ...

新型シビック・タイプR(FL5)を見てきた!(後編)インテリアの質感が著しく向上、さらにどこからどうみてもタイプRであることを主張

新型シビック・タイプR(FL5)を見てきた!(後編)インテリアの質感が著しく向上、さらにどこからどうみてもタイプRであることを主張

| 新型シビック・タイプRのインテリアは高級に、シンプルに、そして使いやすく | おまけに相当な開放感と余裕が感じられ、普段遣いでも不満に思うことはないだろう さて、新型シビック・タイプR(FL5)を ...

新型ホンダ・シビック・タイプRを見てきた!シンプルになりダミーダクトが無くなったぶん、本物だけが持つオーラと凄みを手に入れたようだ

新型ホンダ・シビック・タイプRを見てきた!シンプルになりダミーダクトが無くなったぶん、本物だけが持つオーラと凄みを手に入れたようだ

| ここ最近見たニューモデルの中ではいちばん光って見えるかもしれない | 公式フォトではその魅力が伝わりにくいのがちょっと残念 さて、発表されたばかりのホンダ・シビック・タイプRを見てきたので、ここで ...

初代ホンダNSX「ワイドボディ」バーチャルカスタム登場!高い品質で内外装をカスタムしたNSXを専門的に手がければ一つの大きなビジネスになりそうな予感

初代ホンダNSX「ワイドボディ」バーチャルカスタム登場!高い品質で内外装をカスタムしたNSXを専門的に手がければ一つの大きなビジネスになりそうな予感

| 初代ホンダNSX」が「憧れだった」人々のいくばくかは、現在相当なお金持ちになっている可能性もある | その憧れを現代のクオリティとともに届けるビジネスも悪くない さて、日本車を中心に様々なバーチャ ...

シビック・タイプR

新型シビック・タイプRついに発売!先代比で10馬力アップ、40kg増、価格は+24万円。ただし細部に至るまでリファインされ、この価格なら絶対に「買い」だ

| 新型シビック・タイプRの開発コンセプトは「Fastest」、「Addicted Feel」、「Secure Feel」 | ちなみに室内にはフェイクサウンドが流されるようだ さて、先日発表がなされ ...

ホンダがLGとの合弁にて北米にバッテリー工場建設と発表。このバッテリーは北米で生産されるEVのみに搭載され、ホンダはあくまでも「現地調達」にこだわるようだ

ホンダがLGとの合弁にて北米にバッテリー工場建設と発表。このバッテリーは北米で生産されるEVのみに搭載され、ホンダはあくまでも「現地調達」にこだわるようだ

| この工場のバッテリー生産能力は非常に高いが、ホンダがそれを「使い切れるのか」はちょっと不安 | ホンダはここから急速にEVの生産販売を加速させる計画を持っているが さて、ホンダはソニーとの合弁、G ...

シビック・タイプR(FK8)なみに派手!ホンダとカシオとのコラボによる腕時計「ホンダ・レーシング・レッド・エディション」登場!レッド部分は赤バッジと同じ塗料

シビック・タイプR(FK8)なみに派手!ホンダとカシオとのコラボによる腕時計「ホンダ・レーシング・レッド・エディション」登場!レッド部分は赤バッジと同じ塗料

| この派手さはエディフィスならでは | ベルト(ストラップ)にはタイプRの内装にも使用されるアルカンターラ さて、カシオの腕時計ブランド、エディフィスがホンダ・レーシング(HRC)とコラボレーション ...

ホンダ

ホンダが「脱中国」?コロナや世界的な緊張感の高まりから(40%を占める)中国依存度を引き下げ、サプライチェーンを見直すとの報道

| なんだかんだ言って、コロナやロシアのウクライナ侵攻は企業の体質を強化することになりそうだ | やはり「神の見えざる手」は存在し、物事は落ち着くべきところへと落ち着いてゆく さて、ホンダが「中国依存 ...

クルマにも没入感!アキュラが未来のブランドのあり方を示唆するプレシジョンEVコンセプト公開。イメージは「イタリアの高級パワーボート」

クルマにも没入感!アキュラが未来のブランドのあり方を示唆するプレシジョンEVコンセプト公開。イメージは「イタリアの高級パワーボート」

| これも未来のクルマのひとつのあり方だとは思うが、どうも興味をそそられない | このコンセプトを求める顧客はそう多くはないだろう さて、アキュラが「ブランドの未来を予見する」アキュラ・プレシジョンE ...

アキュラがル・マン用レーシングカー「ARX-06」公開!ほかチームのようにV8ではなくV6を搭載し許容回転数10,000rpm、出力は680馬力

アキュラがル・マン用レーシングカー「ARX-06」公開!ほかチームのようにV8ではなくV6を搭載し許容回転数10,000rpm、出力は680馬力

| アキュラARX-06のデザインは市販車を強くイメージ | シャシー開発パートナーはオレカ(ORECA) さて、アキュラがル・マン24時間レースとIMSAを走るレーシングカー、「ARX-06」を発表 ...

新型ホンダZR-Vの先行展示を見てきた!内外装の質感はこれまでのホンダ車に比べて非常に高く、ある意味では「ホンダ車離れ」しているようだ【動画】

新型ホンダZR-Vの先行展示を見てきた!内外装の質感はこれまでのホンダ車に比べて非常に高く、ある意味では「ホンダ車離れ」しているようだ

2022/8/13    , , , ,

| 新型ホンダZR-Vは予想よりもかなり「高級」に見える | このデザインを最大限に活かすにはダーク系メタリックカラーを選んだほうがいいのかも さて、新型ホンダZR-Vを見てきたので紹介してみたいと思 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5