ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

マツダの欧州法人「新型ロードスターは現行同様のコンセプト、ピュアさをキープ」「ロードスターは日本の本社が宝物のように扱っており、欧州からは口出しできない」

投稿日:

マツダの欧州法人「新型ロードスターは現行同様のコンセプト、ピュアさをキープ」「ロードスターは日本の本社が宝物のように扱っており、欧州からは口出しできない」

| ロードスターはその開発経緯からして「ビジネス」よりも「情熱」が重視されている |

しかしながら新型ロードスターは今後10年を生き延び粘らなず、そこが開発におけるネックとなっている

さて、マツダは先日、そのラージ商品群第一弾となるCX-60を発表したところですが、「日本での価格がどれくらいになるのか」に戦々恐々としているところです(欧州で発表された価格は700万円オーバー)。

さらにはCX-70、CX-80、CX-90と続くことになりますが、SUVに注力する一方、もちろんマツダはフルモデルチェンジ版となる新型ロードスター(NE?)の開発も行っており、マツダヨーロッパの商品開発・技術責任者、ヨアヒム・クンツ氏によると「ロードスター(MX-5)は私我々のブランドの象徴であり、常に特別な位置にあります」とのこと。

次期マツダ・ロードスターはどんなクルマに?

加えて同氏は新型ロードスターについて「現行モデルのサイズやコンセプトを維持し、もちろんガソリンエンジンを搭載します。いつかはエレクトリック化がなされるのはまちがいありませんが、それでもこのピュアなコンセプトを維持し続けたいと考えています」と続けています。

ただ、ちょっと面白いのは、ロードスターについて「日本のマツダ本社が宝物のように扱っており」ほかのマツダ車のように、欧州のマツダ法人がいろいろと口出しできない状況にあること。

これもまた「ロードスターが特別なポジションにある」こと、そして商業的な考え方よりも、ロードスターはマツダとしての純粋さを維持するための象徴であり、そこに雑念が入ること許すまじというマツダ本社、そしてロードスター開発陣の熱意も感じることができます。

L1180614

これらのコメントを総合するに、新型ロードスターは現行同様、軽量コンパクト、ガソリンエンジン、マニュアル・トランスミッション、そしてなによりも人馬一体感を重視してくることは間違いなく、非常に期待できるクルマとなるのかもしれません。

願わくば(触媒の巨大化によって難しくなるかもしれませんが)さらなる軽量化、そして現在開発を進めているスーパースポーツからなんらかのフィードバックがあればうれしいのですが、「現実的」にはFRプラットフォームを採用するラージ商品群から受ける恩恵のほうが大きいものと考えられ、「スカイアクティブ-Xガソリンエンジンとマイルドハイブリッドシステムの組み合わせ」はその最たる例だとも考えられます。

マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・
マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・

| どう考えてもこのクルマで利益を出せるとは考えにくく、夢のままで潰える可能性も |この記事のもくじ| どう考えてもこのクルマで利益を出せるとは考えにくく、夢のままで潰える可能性も |ボクとしてはトヨ ...

続きを見る

ロードスターのライフサイクルが「長い」ことも一つのネックに

なお、ヨアヒム・クンツ氏は「ロードスターのライフサイクルが10年」ということにも触れており、つまりこれはほかのモデルよりも長いということになりますが、新型ロードスターを発売するに際しては「これからの10年」を考える必要があるわけですね。

現在、欧州ではロードスターのエンジンを「1.6リッターと2リッター」を選択できるといい、しかし2リッターエンジンについては「マツダのCO2総排出量引き下げのため」数量が制限されていて(もしかするともう選べないかも)、さらに厳しい規制の施行が待っている状況において、「ガソリンエンジンオンリー」というパワートレインを搭載することは難しく、さらにはフェイスリフトのタイミングなどで電動化割合をアップさせたりピュアエレクトリックモデルを投入することも考えねばならず(もしくは欧州市場を捨てるか)、それが次期ロードスターの設計を難しくしているのかもしれません。

そしてそれはほかの自動車メーカーにとっても共通する事情でもあり、よって「電動化への橋渡し」となる過渡期的モデルが多数登場しているのでしょうね。

L1240048

合わせて読みたい、マツダ・ロードスター関連投稿

マツダ・ロードスター
フルモデルチェンジ版マツダ・ロードスターは2024年登場、e-SKYACTIV X(ハイブリッド)、インテリアは高級に。やはり大きく重く、高価なプレミアムカーになってしまうのか・・・

| こればかりは時代の流れなので仕方ない |この記事のもくじ| こればかりは時代の流れなので仕方ない |どうやってもシンプルなスポーツカーを作れなくない時代になってしまったただし重量が重く、価格も高く ...

続きを見る

「人生に悔いはない」。初代マツダ・ロードスターの内外装をデザインした田中俊治氏が75歳で亡くなる。マツダを辞した後はカワサキでZ1000などを手掛ける
「人生に悔いはない」。初代マツダ・ロードスターの内外装をデザインした田中俊治氏が75歳で亡くなる。マツダを辞した後はカワサキでZ1000などを手掛ける

| 初代マツダ・ロードスターはアメリカで企画され、アメリカと日本のデザイナーがその形を磨き上げた |この記事のもくじ| 初代マツダ・ロードスターはアメリカで企画され、アメリカと日本のデザイナーがその形 ...

続きを見る

これもマツダ・ロードスター?スペインの小規模メーカー、ウルタンが「マツダとの協力体制にて」クラシカルなカスタムカーを製造
え?これもマツダ・ロードスター?スペインの小規模メーカー、ウルタンが「マツダとの協力体制にて」クラシカルなカスタムカーを製造し30台を限定販売

| ソフトトップ版、そして「RF」版両方を選択可能 |この記事のもくじ| ソフトトップ版、そして「RF」版両方を選択可能 |グランド・アルバイシン・ビスポークはこんなクルマグランド・アルバイシン・ビス ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マツダ(MAZDA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5