ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国GACが世界で最もCd値が低い市販車、そしてセダンなのにガルウイングドア採用の「ハイパーGT」発表!現地では600万円くらいで販売されるようだ

投稿日:

中国GACが世界で最もCd値が低い市販車、そしてセダンなのにガルウイングドア採用の「ハイパーGT」発表!現地では600万円くらいで販売されるようだ

| さらには高度な運転支援システムを備え、コストパフォーマンスはかなり高いものと思われる |

やはり中国車のコストパフォーマンスの高さは侮れない

さて、中国GAC(ホンダ等との合弁で知られる)が広州モーターショーにてニューモデル「アイオン・ハイパーGT(Aion Hyper GT)」を発表し現地で大きな話題となっているもよう。

その名の通り「グランドツアラー」ではあるものの4枚のドアを備え、なおかつ前席にディヘドラルドアを備えることが特徴です。※GACではこれを「スカイドア」と呼んでおり、「二面体シンクロヘリックス作動技術」にて動作すると紹介されている

4

なお、このアイオン・ハイパーGTはEV専用の新型アーキテクチャを採用しており、数々のソリューションを導入することで「世界で最も風圧抵抗の少ない市販車」を実現したとのこと。

ちなみにGACは「ハイパー」シリーズとしては「ハイパーSSR」をすでに公開しており、このハイパーGTは”ハイパー”シリーズ第二弾となっています。

トヨタやホンダと提携する中国自動車メーカー、GACが0-100km/h加速1.9秒のハイパーカー「アイオン・ハイパーSS-R」を発表!2630万円~にて本当に発売するようだ
参考トヨタやホンダと提携する中国自動車メーカー、GACが0-100km/h加速1.9秒のハイパーカー「アイオン・ハイパーSS-R」を発表!2630万円~にて本当に発売するようだ

| 本当に生産できるのかは疑問であり、そして生産できたとしても売れるとは思えない |この記事のもくじ| 本当に生産できるのかは疑問であり、そして生産できたとしても売れるとは思えない |もはやハイパーカ ...

続きを見る

そのCd値はなんと0.19

そしてこのCd値を実現するに際し、GACは「ティアドロップ」からヒントを得たボディシェイプを実現するように注力したといい、その結果Cd値はなんと0.19。

24

なお、メルセデス・ベンツ中でもっとも空気抵抗が低いとされるEQSで0.20、テスラ・モデルSで0.208、ルシード・エアーで0.21なので、この0.19というのはかなり低い値ということに。

8

メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+とメルセデスAMG EQE 53 4MATIC+を見てきた!従来のメルセデスとは全く異なり、「威圧感」よりも「スマート」な印象
メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+とメルセデスAMG EQE 53 4MATIC+を見てきた!従来のメルセデスとは全く異なり、「威圧感」よりも「スマート」な印象

| ひと目見て「これは今までのメルセデス・ベンツとはまったく違う」と直感的に理解できる |この記事のもくじ| ひと目見て「これは今までのメルセデス・ベンツとはまったく違う」と直感的に理解できる |北米 ...

続きを見る

参考までに、過去のクルマだとフォルクスワーゲンXL1の0.189、そしてこれから発売するクルマだとライトイヤー0の0.175というものが存在することには注意を要しますが、「現時点で」世界で最もエアロダイナミクスに優れたクルマであることは間違いないかと思われます。

7

まさか本当に発売するとは・・・!「太陽光だけで1日あたり70km走行分」充電できる夢のEV、ライトイヤー・ゼロが3550万円で登場
まさか本当に発売するとは・・・!「太陽光だけで1日あたり70km走行分」充電できる夢のEV、ライトイヤー・ゼロが3550万円で登場

| その性能は確かに魅力的ではあるが、あまりに価格が高くモトが取れない |この記事のもくじ| その性能は確かに魅力的ではあるが、あまりに価格が高くモトが取れない |ただし、それでも欧州には”環境のため ...

続きを見る

低いCd値の割にそのスタイルは「異形」ではない

なお、このCd値にもかかわらず、いい意味でその外観は「普通」であり、つまりはスパッツを(リアホイールハウスに)装着したり異形のシェイプを持っていないということですが、むしろなかなかにカッコいいと考えていいかもしれません。

6

ホイールベースは長く、前後オーバーハングは短く、そしてホイールサイズは19インチとまずまず大きく、スタイリッシュ。

5

フロントはEVらしく「クローズド」そしてグリルレスを採用しており、バンパー下のエアインテークが一定速度にて開く「ウィンドブレードグリル」を採用しているといい、アクティブ・エアロダイナミクスは車体後部にも組み込まれ、リアウイングは(一旦持ち上がって左右に開くという)ポルシェ・パナメーラ風の構造を持ち、時速80km以上で自動的に展開するというロジックを持っています。

3

さらにフロントに備わる「エレクトロード・ヘッドライト」は、テスラ風ではあるものの、「モデル3」をさらに美しく洗練させたような形状を持ち、”パルスLED”グラフィックが与えられることに。

なお、テールランプはアキュラを思わせる細長い形状の「レッドクリスタルテールライト」。

そのほかのアイオン・ハイパーGTの特徴としては、カメラ、レーダー、LiDAR、赤外線技術など、多数のセンサーを搭載しており高度なADASパッケージを持つことで、将来的には完全自動運転にも対応するのかもしれません(詳細はアナウンスされていない)。

2

同じくパワートレーンについても詳細が述べられていないものの、新しいEV専用アーキテクチャ「AEP3.0」をベースに、シングルもしくはデュアル電気モーターを搭載したモデルが用意される見込みだと報じられており、GACによるとリアに搭載されるシングルモーターは最高出力340馬力、最大トルク434Nmを発生し、0-100km/hを4秒台で加速させることが可能であり、バッテリーパックの容量は不明ではあるものの、最大で480kWの超高速充電に対応し、バッテリースワップ技術も搭載するとされています。

1

アイオン ハイパーGTの運動性能や航続距離、価格、発売時期などの詳細は、近い将来明らかになると思われますが、その価格は(ウワサが真実であれば)600万円程度に収まる可能性があるといい、実際にこの価格で発売されたとなると、けっこう競争力があると考えて良さそうですね。

合わせて読みたい、GAC関連投稿

レクサスLM、アルファードへの対抗?中国にて、トヨタの合弁相手であるGACがレクサス顔負けの巨大グリルを持つ「M8」発表
レクサスLM、アルファードへの対抗?中国にて、トヨタの合弁相手であるGACがレクサス顔負けの巨大グリルを持つ「M8」発表

| 中国の自動車メーカーは合弁によって吸収した技術を使用したクルマにて攻勢をかけ、合弁相手をも苦しめる |この記事のもくじ| 中国の自動車メーカーは合弁によって吸収した技術を使用したクルマにて攻勢をか ...

続きを見る

GAC(広州汽車)が「フロント全面がぜんぶグリル」な超高級ミニバンを発表!その名はスペース、文字通り室内空間を最大化
GAC(広州汽車)が「フロント全面がぜんぶグリル」な超高級ミニバンを発表!その名はスペース、文字通り室内空間を最大化

| 中国では走るラブホテルとして高級ミニバンの人気が高いようだ |この記事のもくじ| 中国では走るラブホテルとして高級ミニバンの人気が高いようだ |中国でミニバンが人気となると、おそらくは欧米の自動車 ...

続きを見る

中国GACがイタリア・ミラノにデザイン拠点を開設!「デザインは顧客の重要な決定要因」とし、オシャレな「バルケッタ・コンセプト」を発表
中国GACがイタリア・ミラノにデザイン拠点を開設!「デザインは顧客の重要な決定要因」とし、オシャレな「バルケッタ・コンセプト」を発表

| 電動化時代になるとデザインの自由度が増す一方、パワートレインのバリエーションが減り、間違いなくデザインはもっと重要になる |この記事のもくじ| 電動化時代になるとデザインの自由度が増す一方、パワー ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5