ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

航続距離

ポルシェがマカンEVのスペックを公開!トップレンジでは「603馬力、1,000Nm」を発生し、ちょっとしたスーパーカーなみの性能となるもよう

ポルシェがマカンEVのスペックを公開!トップレンジでは「603馬力、1,000Nm」を発生し、ちょっとしたスーパーカーなみの性能となるもよう

| エレクトリック化によってこれまでのクルマの常識が大きく変わることになりそうだ | これまでの「パッケージングと運動性能」の相関性に関する概念が崩れ去るのは間違いない さて、ポルシェは2021年5月 ...

ポルシェが「2023年のタイカンの航続距離を大幅UP」と発表!物理面は変更せずソフトによってのみ効率を向上させ、2020−2022年モデルのオーナーもアップデートにてメリットを享受可能

ポルシェが「2023年のタイカンの航続距離を大幅UP」と発表!物理面は変更せずソフトによってのみ効率を向上させ、2020−2022年モデルのオーナーもアップデートにてメリットを享受可能

| それでもポルシェ・タイカンの航続距離はライバルに対して優位に立っているとは言えないようだ | 今後のアップデートにてどこまで伸ばせるかに期待したい さて、ポルシェが2023年モデルのタイカンシリー ...

ポルシェ・タイカン

ポルシェはEVの航続距離を伸ばすために「ボディを振動」させるようだ!ただしまだまだ「乗員に音や振動を伝えないように」するなど課題が残るもよう

| やはりポルシェはあの手この手で状況を打破する改善策を考えてくる | さらにはアクティブエアロについても課題が残される さて、現在各自動車メーカーが「EVのCd値をいかに下げるか」について様々な研究 ...

BMWがi4、iXにつき「勝手に燃える」としてリコール!製造元はサムスン、製造時に電極を破損させ異物が混入したことでショートを起こすようだ

BMW「我々のEVの航続距離は、1,000kmに到達することはあっても、それを超えることはないだろう」。過剰な航続距離競争に参加せず、実用性を目指すもよう

| 殆どの顧客は、不必要な走行距離のために高額な車両代金を支払うことを拒否するだろう | バッテリー価格がダイレクトに車両価格に反映される現在の状況では、むやみに航続距離を伸ばすのは得策ではない さて ...

これが電動化時代の新しいチューナーのあり方?ブラバスが「空力改善によって7%航続距離を伸ばした」

これが電動化時代の新しいチューナーのあり方?ブラバスが「空力改善によって7%航続距離を伸ばした」

| これまでのようにダウンフォースを増加させるというやり方はEV時代には通用しない | 今後、各チューナーとも「白紙」から出直す必要がありそうだ さて、メルセデス・ベンツのチューニングにて名高いブラバ ...

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ「Cd値が0.1変わればEVの航続距離は2.5%変わる。ただしお客様はSUVを愛しており、SUVでなんとかCd値を下げるにはクーペスタイルにするしかない」

| EVへのシフトは「効率」「空力」面で自動車業界を大きく変革させることになりそうだ | さらにガソリンエンジンやトランスミッションというレイアウト状の制約がなくなり、車体の形状そのものも変わってゆく ...

同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

【動画】同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

| たった1インチの違いでもけっこうな電費の差があるようだ | トータルでの航続距離にあてはめると、満充電状態からの航続距離で36キロもの差が出るようだ さて、テスラオーナーにしてユーチューバー、「テ ...

ポルシェ・タイカンの2022年モデル発表!航続距離が伸びて自動駐車にも対応、そして何より「80年代のビビッドカラー」が選択できるように

ポルシェ・タイカンの2022年モデル発表!航続距離が伸びて自動駐車にも対応、そして何よりルビーストーンなど「80年代のビビッドカラー」が選択できるように

| まさかタイカンで「ルビーストーンレッド」が選べるようになるとは | 航続可能距離含む改良は「ハード」より「ソフト」のほうが大きく貢献しているようだ さて、ポルシェが「モデルイヤー2022」のタイカ ...

ホンダeの価格は350万円!VW ID.3やリーフとそう変わらない価格なるも航続可能距離は2/3。割高感が否めない中でどう戦う?

| それでもホンダeは一定の人にアピールできるとボクは考える | ホンダがフランクフルト・モーターショーにて、初の量産EVとなる「ホンダe」を正式発表。加えて、その価格が29,470ユーロ(邦貨換算で ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5