>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】HKSが新型スープラのチューニングパーツ開発開始!マフラー、サスペンション等の開発状況を公開

投稿日:2019/05/30 更新日:

| まだまだ他のチューナーからカスタムパーツが大量に登場しそう |

HKSが新型スープラのチューニングパーツを開発中、という動画を公開。
HKSは1973年創業の老舗チューニングカンパニーで、ターボやサスペンション、エキゾーストシステム、電子パーツの販売で知られます。

その対象は幅広く、日産、トヨタ、三菱等多くのメーカーを手がけ、競技においてもドラッグレース、サーキット、ドリフトなど様々なジャンルにてチャレンジを行っていますね。

さらにバブル期には、R32 GT-Rのコンプリートカー「ZERO-R」を製造し、ブルネイの富豪に販売したことも話題に。

トヨタ、織戸学選手の協力のもと鋭意開発中

そんなHKSですが、技術力は日本のチューナーの中ではずば抜けていると言ってよく、海外においてもその名を轟かせています。

動画を見ると、「Gazoo Racing」のナンバープレートカバーを装着しているので、おそらくはトヨタから車両の提供を受けていると思われますが、トヨタとの関係性の強さも伺えますね。

開発中のチューニングパーツとしては、まず「マフラー」。
見たところチタン製のようで、「プロトタイプ」とキャプションがあるものの、HKSらしい大口径です。

h8

そしてハイパーマックス車高調整式サスペンション。

h7

開発には織戸学選手も参加しているようですね。

h5

新型スープラは「改造ウエルカム」

なお、新型スープラには「予めカスタムできる余地を残してある」ことが最近のメディア向けプレゼンテーションにて語られていますが、「フロントメンバー追加」「クーリング向上」「エアフロー改善」「オイルクーラー追加」「ミッションクーラー追加」などが容易に可能となっている模様。

これらを最初から行っていないのは「ノーマル状態だとそれらは必要がない」からだとし、ノーマル以上を求めるユーザー、チューナーやレースに出場するプライベーターたちのためにこういった「カスタム可能性を残している」と紹介されています。

現在、スープラのカスタムパーツとしては「GR PARTS」からエアロキット等が発売されていますが、今後も様々なチューナーやショップから機能パーツ、エアロパーツが発売されると思われ、さらにはBMW Z4用のパーツも流用できそうなことを考えると、相当に「弄る楽しみ」が広がりそうなクルマだと言えそう。

やはりそのクルマの人気が出るかどうかは「イジれるかどうか」が重要な要素だとも考えていて、その点トヨタは「よくわかっている」のかも。
だからこそ、D1用の車両開発や、今回のHKSに対しても車両提供を行っているのかもしれませんね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.