ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ/レクサス車関連のネタ、ニュースです。

トヨタが第二世代C-HRを示唆する「C-HRプロローグ」公開!ハンマーヘッドを持ちボディカラーは3トーン、後部ドアのオープナーは意外なところに隠れているようだ

トヨタが第二世代C-HRを示唆する「C-HRプロローグ」公開!ハンマーヘッドを持ちボディカラーは3トーン、後部ドアのオープナーは意外なところに隠れているようだ

| いくつかのディティールは”現実的”となりそうだが、現在のトヨタのデザイントレンドを鑑みるに、ほぼこのデザインで市販されるだろう | これまでトヨタはあまり「顔つきを統一」してこなかった自動車メーカ ...

マツダ

2022年11月の国内車種別登録ランキング!日産ノートが2位に浮上、CX-60やエクストレイルなど新型SUVの販売が伸びる。一方でスポーツカーはランキング下位に

| やはり全体的な傾向としてはSUVの強さが目立つ | ニューモデル好調という傾向の中、新型クラウンはいまひとつ強みを発揮できていない さて、2022年11月の国内自動車メーカー/車種別登録台数が発表 ...

レクサスがEV用「フェイクMT」について公式に言及!設定変更で様々な車種のフィーリングを楽しむことができエンストも発生、「ガソリンの匂い以外は全部再現した」【動画】

レクサスがEV用「フェイクMT」について公式に言及!設定変更で様々な車種のフィーリングを楽しむことができエンストも発生、「ガソリンの匂い以外は全部再現した」【動画】

| EVとMTというのは(理論的に)完全に無意味ではあるが、トヨタがそこにコストを投じることができる会社になったことは喜びたい | 一方、ホンダはフェイクMTについて「ピュアではない」と否定的 さて、 ...

トヨタ

やはりトヨタとホンダはこのEV化の波に乗れてない。テスラ購入者のうち、最も多いのは「トヨタから」、2番めは「ホンダから」の乗り換えとなり、両者は顧客を失い続けている

| トヨタはスポーツカーに注力して話題作りに成功したが、実際の販売においてはEVを揃えていないことが大きなマイナスに | やはり年に一度と言われるこの波には「乗っかる」べきだった さて、日本の自動車メ ...

トヨタbZ4Xにまた災難!北欧メディアのテストでは「公称航続距離の50%以下」しか走らずトヨタが調査開始。なおテスラは70%、VWとメルセデスは67%

トヨタbZ4Xにまた災難!北欧メディアのテストでは「公称航続距離の50%以下」しか走らずトヨタが調査を開始。なおテスラは70%、VWとメルセデスは67%

| このままではますますトヨタが「EVに対して消極的」になってしまいそうだ | このままトヨタが存在感を発揮できないのか、それとも巻き返しを図ることができるのかには注目したい さて、トヨタが満を持して ...

スゴいなこの情熱と技術!実車同様、内装やシートベルトまでダンボールで作られたクラウンがトヨタ公式Youtubeチャンネルに登場【動画】

スゴいなこの情熱と技術!実車同様、内装やシートベルトまでダンボールで作られたクラウンがトヨタ公式Youtubeチャンネルに登場【動画】

| このボディパネルの見事な造形は筆舌に尽くしがたい | さらには各部の動作、精度にも目を見張らんばかり さて、トヨタが「ダンボールにて作ったトヨタ・クラウン」をその工程とともにYoutube上へと公 ...

レクサスLFA後継モデルはこうなる?カーデザイナーがエレクトリファイド・スポーツのイメージを反映させた予想レンダリングを公開

レクサスLFA後継モデルはこうなる?カーデザイナーがエレクトリファイド・スポーツのイメージを反映させた予想レンダリングを公開

| 具体的なLFA後継モデルの話は出てこないが、少しだけでもレクサスがそれについて語るようになったのは進歩と言える | 現段階ではそのパワートレーンや駆動方式についてもナゾのまま さて、レクサスは「エ ...

もしも新型「GRプリウス」が登場したらこうなる?トヨタは新型プリウスで走りを強調し、HVに再度注目を集めようとしているだけに「実際に起こりうる」かも

もしも新型「GRプリウス」が登場したらこうなる?トヨタは新型プリウスで走りを強調し、HVに再度注目を集めようとしているだけに「実際に起こりうる」かも

| もちろん走りはスポーツカーに匹敵しないとは思うが、新しいハイブリッドカーのあり方を示すことはできるんじゃないかと思う | そしてなにより、新型プリウスほどの素材を放っておくのはもったいない さて、 ...

トヨタが市販化前提の「bZ コンパクトSUV コンセプト」発表!偶然だとは思うけどやっぱりフェラーリと似てしまったな。そのほかにも見覚えがある他社のデザインも散見される

トヨタが市販化前提の「bZ コンパクトSUV コンセプト」発表!偶然だとは思うけどやっぱりフェラーリと似てしまったな。そのほかにも見覚えがある他社のデザインも散見される

| トレンドを組み合わせて「それなりに良い製品」を作るのがトヨタではあるが、それ以上に行けないのもトヨタ | それによって経営リスクを回避しており、多くの車種を投入できるというところには意味がある さ ...

新型トヨタ・プリウス発表!プリウスらしさを継続しつつも新機軸満載、テーマは「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」。たしかにそのデザインはなかなかにカッコいい

新型トヨタ・プリウス発表!デザイン路線の大幅変更は「従来の顧客を切り捨てたかった」から?25周年という節目を迎え、プリウスのネガティブイメージをリセットか

| トヨタにしては相当に思い切った、そしてクリーンで未来的なデザインで登場 | トヨタは従来の客層を切り捨てたかった? さて、トヨタが新型プリウスを発表。テーマは「Hybrid Reborn(生まれ変 ...

レクサスが「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」仕様のRXを公開!内装はアディダスとのトリプルコラボで「まんまワカンダ」、限定ウェアも登場

レクサスが「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」仕様のRXを公開!内装はアディダスとのトリプルコラボで「まんまワカンダ」、限定ウェアも登場

| これまでに見た「映画のプロモーション用」特別仕様車の中ではもっともその世界観をよく表現している | その内外装はあまりにもワカンダだった 11月11日より映画「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエ ...

けっこう違和感ないな!マツダRX-7(FD3S)に80スープラの顔面をスワップしたカスタムカーが登場、各方面で称賛を浴びる

けっこう違和感ないな!マツダRX-7(FD3S)に80スープラの顔面をスワップしたカスタムカーが登場、各方面で称賛を浴びる

| できればここにRB26DETTを押し込んで「究極の90年代ドリーム」を実現して欲しい | 奇抜なように見え、フロントフェンダー上のアウトレットなどよく計算されている さて、ここ最近マツダRX-7の ...

なかなかに格好よさそうな新型トヨタ・プリウス。bzブランドからピュアエレクトリック版も登場するんじゃないかと予想

なかなかに格好よさそうな新型トヨタ・プリウス。一気に若返りを図りイメージ刷新、bzブランドからはピュアエレクトリック版も登場するんじゃないかと予想

| ただしいずれのプラットフォームを使用するにしてもコストは高く、価格競争力を維持することは難しいかもしれない | トヨタは新型プリウスにて「価格を超える価値」を提供できるかどうかが最大の課題 さて、 ...

トヨタ・クラウン

トヨタは儲からない会社になったのか・・・?販売台数1/8のテスラに利益総額を逆転され、1台あたり利益でもテスラは132万円、トヨタは16万円と大きく差をつけられる

2022/11/9    , , , ,

| トヨタはかつてテスラと提携していたが、「テスラから学ぶものはない」として提携を解消している | 当時、トヨタはまだテスラの考え方を理解できなかったのだろう さて、トヨタが第三四半期の決算を発表し、 ...

トヨタ・クラウン

2022年10月の国内メーカー登録台数が公開。クラウンは先代比2倍で好スタート、好調だったアウトランダーがランキング外へ。メーカー別だとホンダ以外すべて前年比プラス

| ホンダの急激な失速、そしてトヨタの回復、三菱アウトランダーの突如の圏外など、今月のランキングには謎が多い | ダイハツ、そしてマツダが大きく伸びる。まだまだSUVの販売は強い さて、2022年10 ...

JGTCスープラ「ストリート」?80スープラのバーチャルレストモッドが格好よすぎ。実際に手掛けるショップが出現したら人気が出そう

JGTCスープラ「ストリート」?80スープラのバーチャルレストモッドが格好よすぎ。実際に手掛けるショップが出現したら人気が出そう

| 今のところ、ネオクラシックカーのレストモッドは市場に存在していないようだ | 一方、アメ車やポルシェではレストモッドの人気が上昇中 さて、レンダリングアーティスト、Karanavidi氏が「JGT ...

GR86がニュルを走る!そのタイムは8分27秒27、上位には食い込めないもののタイムと楽しさは比例するわけではなく、自然吸気、そしてこの馬力を考慮するとむしろアッパレ【動画】

GR86がニュルを走る!そのタイムは8分27秒27、上位には食い込めないもののタイムと楽しさは比例するわけではなく、自然吸気、そしてこの馬力を考慮するとむしろアッパレ【動画】

| しかも先代比でタイムは大幅に向上、クルマとしての資質は大きく向上しているようだ | なによりGR86はいちばんニュルブルクリンクを楽しく走ることができるたぐいのクルマかもしれない さて、GR68と ...

トヨタがGRカローラにGRヤリスWRカー風のカスタムを施した「GRカローラ・ラリー・コンセプト」、そして150万円でゼロヨン10秒を目指した「スープラ10セカンド」を発表

トヨタがGRカローラにGRヤリスWRカー風のカスタムを施した「GRカローラ・ラリー・コンセプト」、そして150万円でゼロヨン10秒を目指した「スープラ10セカンド」を発表

| 相変わらずトヨタは過激な「公式」チューンドカーを送り出してくる | GRカローラのアフターマーケット市場にも大きな影響を与えそう さて、「モータースポーツを通じていいクルマづくりを」をモットーとす ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5