>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

| ボディサイズもCクラスとそんなに変わらない | メルセデス・ベンツ日本が「Aクラス・セダン」を発表。Aクラスは「FF」をベースとしたプラットフォームを使用していますが、メルセデス・ベンツがAクラスにセダンを投入するのは今回が「初(CLAは”クーペ”風セダンという扱い)。なお、「Aクラス」と聞くとけっこう小さいように思えるものの、実際のボディサイズは全長4549ミリ、全幅1796ミリ、全幅1451ミリ、となかなかに立派。ちなみに現行Cクラスのボディサイズは4696/1810/1445ミリ、先代Cクラスは ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

世界最速の「防弾車両」、アウディRS7”改”登場。防弾装備に加え煙幕発生、ソニックキャノン、催涙ガスなど「反撃可能」な装備を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/hで逃げることも可能

| さすがに「ボンドカー」なみの装備を持った防弾仕様車は見たことがない | APRがアウディRS7スポーツバックを「アーマード・ビークル」へとカスタム。APRはいわゆる「本気の走り系」チューナーですが、こういった「防弾仕様」へのカスタムは非常に珍しいと思います。それでも今回のような改装を行うということは、それだけ世の中が「物騒」になっている、ということなのでしょうね。なお、北米、南米では銃器を使用した凶悪犯罪が急増しており、「防弾防爆仕様」の需要が非常に高くなっているとも報じられています。これを受けてかメ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

クルマの中で温泉に入れる?「ホンダ・オンセン・コンセプト」はこういったクルマだ

| さすがにこのコンセプトカーは「未来に行き過ぎた」かもしれない | 韓国のCGデザイナー、Hanbeom Lee氏が考えた「ホンダ・温泉コンセプト(Honda Onsen Concept)」。完全自動運転をイメージしており、なんとクルマの中で温泉に浸かるという斬新なコンセプトカーです。構造としては、車内にお湯を満たしたカプセルを設置し、その中に乗員が入るというもの。よくアメリカで「車体後部にプールを設置したリムジン」が観光用に走っていたりしますが、これだと「お湯がこぼれるので」密閉式カプセルを採用したよ ...

ReadMore

■近況について ■ニュース

今週末は神戸に集おうぞ。「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」が三宮にて開催、ウブロティスタは要注目

| ウブロの新作腕時計を一気に見ることができるチャンス | さて、毎年恒例の「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」ですが、今年は規模を拡大して三宮のカフェ「THE PLACE」にて開催されることに。正直これまでは参加したことがなかったものの、今年は都合がつきそうなので参加を検討しているところ。なお、同日は大阪でオーデマピゲのイベントもあり、かなり忙しい一日となりそうです。

ReadMore

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■ニュース

「ポルシェ911不買の誓い」を破ってしまいそうだ!新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)

| ポルシェ911カレラSもついに2000万円を超えるようになったか | さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んで ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターとマクラーレン720Sスパイダーの加速対決!フラッグシップオープンモデル同士の対決の行方は?

| 想像していたよりもアヴェンタドールSロードスターはずっと速かった | CARWOWが「マクラーレン720Sスパイダー」そして「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」、つまりオープンスーパースポーツ同士の加速対決動画を公開。両者とも、それぞれのブランドにおいて「カタログモデル(限定ではない)では最強最速のオープンモデル」ということになりますね。

ReadMore

税金

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェ ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■ニュース

今年もこの季節が来た!ランボルギーニ・ウラカンの自動車税は年間88,000円、アヴェンタドールだと111,000円だ!

| 自動車税はクルマを持っているだけで「乗らなくても」払わなくてはならない | この時期になるとちょっと憂鬱なのが自動車税。我が家には複数のクルマやバイクがあるため、税金だけでちょっとした出費となりま ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンの維持4年にかかった費用は合計344万円!年あたり86万円、ただしガソリン代は抜きで

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

>ポルシェ・ケイマン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ポルシェが英国で「ケイマンR」のCO2排出量を偽装し大きな問題に→なぜそこまでこだわるの?

| まだまだ続く、ポルシェの偽装問題 | ポルシェがイギリス市場において「ケイマンR」の排ガス規制を欺いたとされ、現在問題に。 報道によると、ポルシェは排ガス検査において、本来1速を使用するところを「 ...

>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

自動車税の季節到来。消費税、重量税、取得税を合わせるとランボルギーニ・ウラカンに3年で360万円も税金がかかっていた!

| ランボルギーニ・ウラカンの自動車税は88,000円 | さて、今年もやってきた自動車税の季節。 我が家には車が数台、バイクも数台あるのでこの時期は非常に頭が痛いのですが、払わないわけにもゆかないの ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

オーストラリアの「高級車税」33%が撤廃の可能性。現在3000万円の車を買うと税金は709万円

オーストラリアには悪名高い「高級車税」がある オーストラリアには「高級車銭」なるものがありますが、これが近いうちに撤廃される可能性がある、とのこと。 これは欧州とのあらたな貿易協定によって廃止される見 ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フランスがスーパーカーの購入に課税検討。なお豪州では33%課税、中国では最大90%課税

|意外と世界中では高級品に課税する国は多い| フランスがスーパーカー、ヨット、貴金属など「高級品」「贅沢品」に税金を課すことを検討中、との報道。 現時点では検討段階で、かつ税率も不明ではあるものの、意 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連

中国でもウラカン・ペルフォルマンテ公開。ウルスが発売されると中国はランボルギーニにとって「世界No.1」市場に?

上海においてもランボルギーニは「ウラカン・ペルフォルマンテ」を公開。 中国はランボルギーニにとっても米国、日本に次ぐ規模の大きな市場ですが、「排気量」に起因して税金が高くなり、価格も高くなってしまう( ...

>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費

ランボルギーニ・ウラカンの維持/カスタム費用2年目。1年めよりも安い822,500円

さて、いつの間にやらランボルギーニ・ウラカン納車から二年が経過。 昨年も「年間維持費」をまとめて公開しましたが、今回も「この一年にかかった費用」を公開したいと思います。 なおカスタムは最初に一年にまと ...

■駄文(日々考えること)

政府「女性が働きたい社会を」女性「働きたくない」→このギャップを埋める方法を考えてみた

2017/2/5    , , , ,

GMOメディアが10代女子(女子中高生)に対して行ったアンケートにおいて、「子供が生まれたら働きたくない」という希望が約40%、という結果に。 これは現在官民一体で進めている「女性が働きたい社会」「女 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連

中国の税制はどれほど?日本だと3000万円のランボルギーニ・ウラカンは税金だけで5460万円に価格上昇

中国では輸入車にかかる関税が高額で、これは一部引き下げの方向で動いているものの、中国の自動車メーカーは競争力確保のためにこの措置を継続するように中国政府に働きかけており、おそらくはしばらくこの税制は継 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.