インプレッサ

スバルのキー

【米統計】もっとも速度違反で捕まっている車はスバルWRX!なおTOP10に入るのは「スポーツカーっぽい」車が多くピュアスポーツはゼロ

| どうやらダッジのオーナーにはスピード狂が多いようだ | さて、米保険会社Insurifyの調査によれば、アメリカで販売されているクルマのうち、もっとも速度違反にて警察に捕まっているクルマは「スバル ...

スバルがレガシィ、XV、インプレッサ11万8千台にヘッドライト関係のリコール。ほかプジョー、ボルボも届け出

| スバルは合計3件のリコール届け出、すべてヘッドライト関連 | さて、スバル(3件)、ボルボ(1件)、プジョー(2件)のリコール届け出。順番に見てゆきたいと思いますが、まずはスバルから。内容としてし ...

1989年にわずか400台が限定発売されたスバル・インプレッサSTi 22B。当時の価格は500万円、現在は”走る不動産”ともいうべき4000万円で販売中

| そもそもこのクルマが中古市場に登場すること自体が珍しい | さて、英国にて、希少なスバル・インプレッサSTi 22Bが中古市場に登場していますが、ほぼ新車並みのコンディション、そして295,000 ...

【動画】空冷時代のポルシェにスバルWRX STi Spec Cのエンジンを乗せた男!水冷化も実行し「ポルシェ912 STi」が爆誕する

| ポルシェ911(912)にスバルのエンジンをスワップするのは珍しい | さて、世の中には様々なエンジンスワップ車が存在しますが、今回紹介するのはポルシェ912にスバルの水平対向エンジンを載せてしま ...

コンセプトアーティストがVWゴルフ7、スバル・インプレッサ、R33 GT-Rをバーチャルチューン!この流れだと現実にエアロキットとして発売されそう

| 仮想世界から現実世界への流れは最近のトレンド | さて、様々なクルマのバーチャルカスタムを行うコンセプトアーティスト、Khyzyl Saleem氏。スーパーカーからコンパクトカーまで手掛ける内容は ...

この1年、マツダとスバルの販売状況を比較してみた!マツダのニューモデルだとMAZDA3は成功、MAZDA2は失敗、既存だとCX-8は販売が半分に

| 一方、スバルは異常な強さを見せる | さて、何かと対象的だと言われるマツダとスバル。何が対照的かというと、マツダは競争の厳しいコンパクトカー市場に重きを置き、これまた競争が厳しいSUV市場も重視し ...

スバルがレガシィ、インプレッサにリコール。「シートベルトがロックしない」そしていつまでも続く「エアバッグ」

| そろそろエアバッグのリコールは”出尽くして”もいい頃だが | さて、スバルがレガシィ、インプレッサに対してリコール届け出。インプレッサはシートベルト関連とエアバッグ関連、レガシィもやはりエアバッグ ...

スバルの2019年北米販売は2.9%増。とくにアセントが129%増を記録し、もはや成長は”SUV頼み”。一方でBRZは39.1%のマイナスに

| この状況でスポーツカー開発が許されないのは仕方がない | とにかくアメリカでは「SUVしか売れない」状況のようですが、それ以上に明白なのが「スポーツカーが売れない」。これはいずれのメーカーも例外で ...

スバルが「エンジン停止の可能性」として25万大規模のリコール発表。対象はXV、フォレスター、インプレッサ

| 昨年に実施された「PCV問題」の追加リコール? | スバル(SUBARU)が北米にてクロストレック(XV)、フォレスター、アセント、インプレッサに対してリコールを発表。内容としてはボクサーエンジン ...

スバルが合計67万台ものリコール実施。インプレッサ、XVが対象となり「最悪は走行不能に」

| 一件はイグニッションのショート、もう一件はエンジンパーツの破損 | スバルが北米にて、インプレッサとXVにリコール発表。内容としては2件あり、アメリカの陸運局にあたる機関、NHTSA(Nation ...

ついにプレミア価格はここまで来た?スバル・インプレッサ22B STiバージョンが1400万円で販売中

| 投機目的での取引から高値をつけてきたが、おそらくはこのあたりが当面のピーク | ここ最近はアメリカにおける日本の「ネオクラシック」車の値上がりが著しく、北米に正規輸入されていなかったR32-34世 ...

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

| トヨタにしては珍しい「パーツの品質不良」 | トヨタ、スバルがリコールと改善対策を届け出。スバルは過電流によって「イグニッションコイルが発熱」するというもので、トヨタの場合は「バックドアのダンパー ...

新型SUBARUインプレッサの情報が先行公開、予約も開始。新旧モデルでどこがどう変わったのかを比較してみよう

| 主な変更点はフロントマスク、そして安全装備 | スバル(SUBARU)がマイナーチェンジ版の新型インプレッサの情報を公開し、各ディーラーにて先行予約の受付を開始。現行インプレッサは2016年に登場 ...

【動画】まるで悪魔のようだ。VWビートルにスバルの水平対向エンジン(EJ20)をスワップした”スピードハンターズ”ビートル

| 内外装はもちろん、サスペンションやブレーキまでもアップグレード | フォルクスワーゲン・ビートル(空冷世代)は水平対向4気筒エンジンを搭載していたということもあり、カスタムシーンにおいてはスバルの ...

スバルが全世界で230万台規模のリコールを実施、日本国内でも30万台が対象に。不具合の内容は「ブレーキランプ」「イグニッション」

ブレーキランプ点灯不具合、そしてエンジン始動ができない可能性 ロイターによると、スバルが「ブレーキランプ」「イグニッションシステム」の問題により、全世界で230万台にものぼるリコール実施を検討中(もし ...

スバル「インプレッサ / XV / フォレスター」、マツダ「ロードスター」にリコール。スバルはパワステ関連、マツダはATのシフトプログラム不具合

いずれも事故はゼロ、スバルは「工場操業停止」の原因となった案件 スバル、マツダがそれぞれリコールを発表。スバルは「インプレッサ」「XV」「フォレスター」にて、マツダは「ロードスター」にて国土交通省に届 ...

アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R、スープラ、S2000の相場は1000万円オーバーが常識になりつつある状況について考えてみる

1年前は900万円、最近では1350万円。この先は? アメリカの中古車販売サイト、「Bring A Trailer」にて、80スープラが約1350万円で売買されるという事案が発生。今回の個体はレッド、 ...

こんなコンセプトカーもあった。スバルR1ベース、インプレッサのエンジンを搭載した「プロドライブP2」。発売されれば600万円程度、GT-Rのライバルになり得たクルマ

デザイナーはマクラーレンP1を担当したピーター・スティーブンス プロドライブが2006年に発表したコンセプトカー、「P2」。※コンセプトカーとは言っても完全に動作し走行できるプロドライブ自体はレーシン ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5