ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

レトロ

シトロエン2CVが復活したらこうなる?かつての2CVが自動車を一気に普及させたように、新2CVも「EVを一気に」普及させる存在であってほしい

シトロエン2CVが復活したらこうなる?かつての2CVが自動車を一気に普及させたように、新2CVも「EVを一気に」普及させる存在であってほしい

| 初代シトロエン2CVは1949年に発売され、1990年まで生産されるロングセラーだった | シトロエンが今、2CVをリバイバルさせない理由はないように思える CGデザイナー、デハーン・フリストフ氏 ...

ランボルギーニ・シアンFKP37

ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ | ランボルギーニが今後「レトロモデル」を発表しないことにも「納得」 さて、2022年には4 ...

「現行フェアレディZをベースに、S30風の外観を再現したカスタムカー」登場!日産京都自動車大学校の学生による力作、ほかには「シーマSUV」も

「現行フェアレディZをベースに、S30風の外観を再現したカスタムカー」登場!日産京都自動車大学校の学生による力作、ほかには「シーマSUV」も

| 学校のバックアップにてこういったカスタムカーを作ることができるとはなんとも羨ましい | 単なる「巻き戻し」ではなくオリジナル要素も さて、日産京都自動車大学校が現行フェアレディZ(Z34)をベース ...

ヒュンダイはレトロルックを追求?1986年に発売した最高級車「グランディア」を自ら最新技術を用いつつもレストモッド。ディストピア映画に登場しそう

ヒュンダイはレトロルックを追求?1986年に発売した最高級車「グランディア」を自ら最新技術を用いつつもレストモッド。ディストピア映画に登場しそう

| やっぱりヒュンダイはなかなかやるじゃない | コンセプトカーといえど、現在のヒュンダイ車に採用される技術との関連性もあるようだ ヒュンダイ(ヒョンデ)が自社にて1986年にデビューした(当時の)フ ...

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

| アルファロメオはなぜ今に至るまで「レトロ路線」を採用しないのか | 一部デザイナーは「レトロ」なデザインに頼ることについてプライドが許さないらしい カーデザイナー、ギルヘルム・アラウージョ氏が20 ...

ヒュンダイがレトロフューチャーなEV、アイオニック5を発表

ヒュンダイがレトロフューチャーなEV、アイオニック5を発表!ヒュンダイじゃなかったら買う気になったのにな・・・。

| もともとは50年近く前にジウジアーロがデザインした「ヒュンダイ・ポニー・クーペ・コンセプト」 | さて、ヒュンダイ(ヒョンデ)が先日より予告していた新型車、IONIQ 5(アイオニック5)を公開。 ...

ルノー4がEVとなって復活?

ルノー5(サンク)に続き4(キャトル)も復活?5との車体共有にて、EVとして2025年に発売とのウワサ

| 過去にも同様のウワサが出ており、可能性として「ルノー4の復活」は低くはないだろう | さて、ルノーは先日公式に「5(サンク)を復活させる」と発表したところですが、今回は4(キャトル)復活のウワサ。 ...

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト

BMWはレトロ路線デザインに興味なし!「復刻も、オマージュシリーズの発売もない。レトロ路線は我々の未来を閉ざすことになる」

| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない | さて、一部で流行の「レトロデザイン」を採用した新型車。直近だと新型フェアレディZは初代フェアレディZ(S30Z)風デザインを用いて話 ...

マツダ・ロードスターベースのコンプリートカー、「Hurtan」

え?これがマツダ・ロードスター?スペインの「HURTAN」より、ロードスターRFベースのレトロなスポーツカーが登場予定

| 欧州では「クラシカルなルックスを持つ現代水準のクルマ」の需要がけっこうありそう | スパイフォトとしてはかなり珍しい部類となりますが、スペインのコーチビルダー、「ハータン(ウルタン/HURTAN) ...

2090年の未来をイメージしたランボルギーニ・カウンタックのレンダリング

2090年モデル、サイバーパンクなカウンタックが登場!完全自動運転、ドローン化された「XENOX カウンタック E.V.E」

| リヤフード上の発光エレメントはやはり「12個」ほしかった | さて、その独特な世界観、そしてバグで有名になってしまったオープンワールドアクションRPG、「サイバーパンク2077」。先日はその作中に ...

ただでさえレトロなケータハムが「レトロルック」と称するスーパーセブン”1600”が発売!本国価格は425万円

| おまけにダッシュボードは”世界でもっともクラシック” | 最近はフェラーリやマクラーレン、ポルシェも「レトロな」限定モデルを発表していますが、今回はケータハムもレトロルックな「スーパーセヴン160 ...

テスラ・モデル3の内装がレトロになったッ・・・!EVなのに昔風な内装カスタムを施したチューナーが登場

| ヴィルナーはどんなカスタムも自由自在 | ブルガリアの内装チューナー、ヴィルナー(Viler)がテスラ・モデル3のインテリアをカスタム。面白いのはその仕上げが「レトロ」なことで、EVというクルマの ...

なぜ混ぜたッ!フォルクスワーゲン・ゴルフ各世代を混ぜた奇妙なレンダリング登場。なおゴルフのモデルチェンジは「過去」よりも常に「未来」を見ている

| ゴルフは”過去”に”未来”を見いださない | ときどき的確な予想レンダリングを公開することで知られるKolesa.ruですが、今回はなぜかフォルクスワーゲン・ゴルフのレトロ風レンダリングを公開。す ...

シボレー・カマロ

シボレー・カマロが2023年に販売終了という報道。マスタング、チャレンジャーに比べ「売れない」理由を考える

| なぜならカマロはもう「レトロ」じゃなくなったから | シボレー・カマロが2023年をもって販売終了になる、というウワサ。これについていくつかのメディアがGMに確認を取ったそうですが、GMはこれにつ ...

レトロ路線を明言したポルシェ。50/60/70/80年代風デザインのリバイバル、その根底にある考え方を語る。「人間は信頼できる時代を超越した価値を求める」

ポルシェは先日「今後、911にはレトロな限定モデルを発売」というアナウンスを行いましたが、クリストフォーラス最新号にはもっと踏み込んだ記載があり、ここで紹介してみようと思います。まず、ポルシェによると ...

ポルシェが来年に「レトロな911」を発売し、その仕様の一部はオプションとして選択できるようになる、と発表

| ポルシェがここまでレトロ戦略に本腰を入れるとは | ポルシェは先日発表した「911スピードスター」に、昔風のルックスを与える「ヘリテージ・デザイン・パッケージ」を設定しています。これを選択するとボ ...

シボレー・カマロ

販売下落が止まらないシボレー・カマロ。コンセプトカー同様の新しい顔つきへとフェイスリフトし巻き返しを図る

| もはや「レトロ」とは呼べない顔つきとなり、ネオレトロ路線とは決別か | シボレー・カマロが2020年モデル(フェイスリフト/マイナーチェンジ版)を発表。現行カマロは2015年に登場していますが、登 ...

【動画】BMW「2002」を現代に蘇らせたチューナーが現れた!その名も”ETA02”、価格は900万円

完成度が高いだけに価格も高価 ドイツのチューナー、「エブリタイマー・オートモビル(Everytimer Automobile)」がBMW 1シリーズ(135i)カブリオレをベースに、かの2002風ルッ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5