F1

1996年の「マクラーレンF1 GTR」と同じカラーリングを再現した「P1 GTR-18」公開!カラーコードまでが当時と全く同一

| 製作したのはマクラーレン・スペシャリスト”ランザンテ” | イギリスのレーシングファクトリー、ランザンテ。マクラーレンとの関連性が深く、サーキット走行専用モデルであるP1 GTRを公道走行可能な仕 ...

ロータスがエリーゼに「過去のF1をモチーフにした」4種類の限定モデルを追加。内外装にはこれまでのロータスに見られない手法が採用に

| エリーゼなのに「見た目と快適性」のために重量が増加 | ロータスが過去のモータースポーツのヘリテージをエリーゼの内外装に反映させた「エリーゼ・クラシック・ヘリテージ」シリーズを発表。バリエーション ...

もしもセナが事故死した当時、現役だったマクラーレンF1をベースにセナへのトリビュートカーを作っていたら?

| きっとっこうなっていた・・・かどうかはわからない | 以前に「トヨタ・ハチロク×スバル・ブラット」というニコイチなレンダリングを作成し、しかも「それっぽい」広告まで作成し、実際に存在するクルマのよ ...

遂に納車開始?マクラーレンディーラーがスピードテールの画像を公開。そのルックスはまるで未確認飛行物体

| 空力のために多くを犠牲にし、全長は5.2メートルと超ロング | マクラーレンの正規ディーラー、マクラーレン・ブリュッセルが自身のFacebookページに、スピードテールの画像を投稿。マクラーレン・ ...

ポルシェが米オーディオ関連会社に出資。今後EV向けに「水平対向エンジン」を模したフェイクサウンドを作ると発表

| ポルシェもやはりフェイクサウンドを作るのか・・・ | ポルシェがEV向けのフェイクサウンドを開発するためにシリコンバレー拠点のオーディオ関連会社「DSPコンセプト」の株式を16億円分取得したと発表 ...

F1ドライバーがオーダーした「カスタム仕様のロレックス・デイトナ」!オリジナルパーツを組み込んだ表裏スケルトン仕様

| 今まで見たデイトナカスタムの中では最高の出来 | さて、スイスの腕時計カスタム工房、アルティザン・ドゥ・ジュネーブ(Artisans de Genève)の送り出すカスタムロレックス。これまでにも ...

アストンマーティンがレーシングポイントF1オーナーの出資を受け入れ、事実上買収されることに!今後レッドブルとの関係や「ラゴンダ」ブランドの展開に影響か

| もっとも大きな影響はレッドブルとの提携関係 | アストンマーティンにつき、少し前に「レーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロール氏に買収される」というウワサが流れましたが、 ...

【動画】ニコ・ロズベルグがフェラーリ・モンツァSP1でサーキットを走る!フェラーリ本社や工場の様子も公開

| ニコ・ロズベルグほど人生を楽しんでいる「元」F1ドライバーはいないかもしれない | 元F1チャンプ、ニコ・ロズベルグがフェラーリ本社を訪れ、モンツァSP1含むフェラーリ数台に試乗。今回その様子を動 ...

【動画】CGじゃなく実物!1932年型フォード+F1+ホンダS2000をミックスして「もしも系レンダリング」を実際に作った猛者登場

| レトロと未来、そしてサイバーパンク | これまでにも完全にイカれたカスタムカーを紹介してきたHoonigan Autoforceですが、今回はこれまでにないほどブっ飛んだクルマが登場。簡単に言うと ...

香港で見かけたものを画像にて(9)。ルイス・ハミルトン御用達らしいヴィーガンレストラン、そして食べたものや興味を惹かれたもの

| 香港は英国の影響が強いだけにヴィーガンも多い | まずはヴィーガンレストラン、「MANA!」。ヴィーガンの間ではかなり有名だとされ、終日多くの人で賑わいます。なお、F1ドライバーのルイス・ハミルト ...

新型ポルシェ911”初”の限定モデル登場。F1で8回、ル・マンでは6回の優勝を獲得したジャッキー・イクスがモチーフの「911カレラ4Sベルジャン・レジェンド・エディション」

| ルマン6回の優勝のうち、4回はポルシェにて。私生活でもポルシェを愛することで知られる | ポルシェが911カレラに「911カレラ4Sベルジャン・レジェンド・エディション」を設定。おそらく992世代 ...

未来のフェラーリは「Aピラー」がなくなる?センターピラーにて車体上部を左右二分割する特許が出願に

| 一瞬「え?」と思ったが、内容を確認すると”発明級”の革新的な内容だ | フェラーリが「センターピラー」に関する特許を出願。これは米国特許庁に届け出られたもので、F1のハロ(Halo)同様にフロント ...

衝撃!マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのリリースする新型ハイパーカー”T.50”は「アルピーヌA110がベンチマーク」

| アルピーヌA110が優れたクルマであることは十分理解しているが | あの伝説のクルマ「マクラーレンF1」のデザイナー、そして現在その後継とも言える「IGM T.50」を開発中のゴードン・マレー氏。 ...

【動画】マクラーレンF1の知られざる秘密7つ!ル・マン優勝車「F1 GTR 上野クリニック(59号車)」、日本人初のル・マン優勝ドライバーはこうして誕生した

| 事実は小説よりも奇なり | マクラーレンF1といえばスーパーカー界のレジェンドでもありますが、今回「マクラーレンF1の知られざる7つの秘密」という動画が公開に。この中ではいくつかの個体にまつわる数 ...

本当に扇風機ついていた!車体後部に40cmのファンを装着したハイパーカー、ゴードン・マレー”T.50”の姿と機能が公開

| ロードカーで”ファン”を採用するのはおそらく世界で最初 | マクラーレンF1の設計者、イアン・ゴードン・マレー氏の立ち上げた「ゴードン・マレー・オートモーティブ」。以前より「誰もマクラーレンF1の ...

マクラーレンが「セナ」をさらに「セナの偉業を称える」仕様へとカスタムした”セナXP”を3台のみ発売。価格は標準モデルの1.5倍

| 当然ながらもう買い手は決まっていると思われる | マクラーレンがセナのスペシャルモデル、「セナXP(限定3台)」発表。もともとセナは故「アイルトン・セナ」へのトリビュートモデルではありますが、この ...

シューマッハが5度目のタイトルを決めた”F2002”が競売にてF1マシン史上2番めの7.3億にて落札。なおトップもシューマッハのドライブした”F2001”

| もう一度、その姿を見せてほしいものだ | 2002年にミハエル・シューマッハがドライブし、数々の勝利を築いたF1マシン、フェラーリF2002が6,643,750ドルにて落札。これはアブダビにてRM ...

上場がアダに!アストンマーティンをF1チームオーナーが買収との報道。なお現在同チームからはその息子がドライバーとして出走中

| アストンマーティンの株価が1/3以下に下がり、株式の買い集め=会社自体の購入が検討されるレベルに | Autocarによると、60歳になるビジネスマンのローレンス・ストロール氏なる人物がアストンマ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5